Happy KARATE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

関西と関東

関西出身だ。
が、家庭ではずっと標準語で育てられたせいか標準語も普通に話す。
特にこちら(関東)にいて仕事で話す際はずっと標準語で通している。
感情表現するときや、親密に話すときは関西のことばのほうが話しやすいわけだが、仕事では他人との間に一線引きたいという意識が働くのか、標準語になってしまう。
ま、家の中がそんな環境だったせいか、たまに見かける「常に関西の優位を主張しないと気が済まない、関西至上主義」みたいなものは自分の中には存在しないと自分では思っている。
よく飯は関西のがうまいと言ってる関西人をみかけるが、私が知る限り、むしろ選択肢や店の数が多い分、関東にいるほうが旨いものにありつける可能性は高い。
「お笑いはやっぱり関西。関東のお笑いは全然なっていない」という関西人の主張もよく耳にする。これには若干同意だが、日常生活でやたらとこのような発言をする関西人を見かけたら、まず、間違いなくその人は、関西では「お前、寒い」と言われてた人たちだ。
うーん、もうちょい力抜いてもいいと思うんだが。関西人。

なんでいきなりこんな偉そうなことを書いているのか。今日たまたま友人とお好み焼きを食べに行く機会があったから。そういうところにいくと「やっぱり本場だからうるさいんでしょ?」とかよく言われる。実際今日も言われた訳だが、おいしく食べられればなんでもいい。
地域によって文化の違いがあるのは当然で、私も関東で初めてうどんを食べたとき、そのスープのどす黒さにびっくりしたものだが、いちいち優劣をつけたがる関西人気質ってどうなのかなと思ったりする。

スポンサーサイト
  1. 2005/01/09(日) 22:41:13|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<Firefox+Thunderbird1.0導入 | ホーム | 長崎ちゃんぽん>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moog.blog3.fc2.com/tb.php/70-4f087f75
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。