Happy KARATE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ホワイトボード馬鹿とファシリテーション

なんていうか、いますよね。
「ついついホワイトボードを使っちゃうんですよ」
「ホワイトボードで説明するのが好き」
っていう人。まあ大概、「僕は仕事ができる」って文脈で話するんですが。この手の人種。

僕はあんまりホワイトボードはつかわずに、メモ帳とかをモニタに出してみんなと共有しながら書くのが好きです。
ま、それを後で議事メモとしてメールで送付したりもします。
なんといってもホワイトボードの嫌いなところは、それを見てるとみんな議論してる気になっちゃうところ。
ホワイトボードはブレストとかにはいいと思うんですけどね。
書いてるうちにぐちゃぐちゃになるし、結論とか思いとか、ぐちゃぐちゃのホワイトボードだと人によって受け止めが
違うってことがよくある気がするんですよね。
冒頭であげた、「俺ってホワイトボード大好き」とかいう人がホワイトボードの前に立つと、たいてい独りよがりな
図形とかプロセス図とかできて会議がボロボロになったりするパターンが多いです。
あとホワイトボードは記録として残しにくい。
確かに紙に出力する機能があるものはおおいし、それをPDFにしたりもできますけど、検索は絶対できない。

いや、何が言いたいかっていうと、いまの上司が典型的なホワイトボード馬鹿なわけですよ。
会議の進行はその人がやって、ホワイトボードに結論書いて、PDFをみんなに流す。
別にそれ自体はその人のスタイルだからいいと思うんですけどね。ただ、自分は後でわからないので会議のポイントは
PCでとったりします。これって好き好きだと思うんだけどね。
そしたら、今日、ホワイトボード馬鹿がきて、こういうわけですよ。

「PCでメモをとったら傍観者になる可能性があるから、次からmoogがホワイトボードにかいてファシリテーションの
勉強をして欲しいんだ」

何がむかつくかって、新入社員並の扱いを受けてること、会議の司会進行くらい今まで何度もやってるし、
ホワイトボードを使うのはあんまり好きじゃない。
あとは、「ホワイトボードに要点を書くことができる=ファシリテーションスキルがある」という陳腐な誤解。
ファシリテーションとホワイトボードは全く関係ありません。これだからホワイトボード馬鹿は。。。
このホワイトボード馬鹿上司、会議中、他人が発言するのは「それはまちがってる」とか平気でいう。
それってファシリテーションスキルがあるって言えるのか? 積極的にみんなの意見を、中立な立場で引き出すのが
ファシリテーターの役割だと思うんだけど、ホワイトボードの前にドヤ顔で立って会議を進行することがファシリテーシ
だと思っているのがなんだかみっともない。

「はあ」と力なく聞いてると今度は議事録批判。
「メモをとるのは大事だけど、みんなで共有してない」
「あとで誤解が発生しやすい」
まあごもっともだけど、だから回覧して、補足、修正して議論を深められると言うのもある。
メールで回付すれば記録も残る。
まあそんなことをやんわりと言ってみたのだが、結局最終的には
「ホワイトボードはいいよー」
と恍惚の表情。でさらに
「じゃあ、次からはホワイトボードにうまく要点をかけるようにmoog君も勉強だね。よろしく」

あのさー、ホワイトボードに要点書くくらい、会議の途中で内容を整理しながら議事メモ書いてる時点で
大したスキルじゃないんだって。わかれよ。で、もう10年以上も社会人やってて、お前の仕事のやり方押し付けられたくないっていうの。
お前はいつもホワイトボードのPDFだから、
「あれ、合意事項はなんだっけ?」
ってみんなに聞きまわって、何度も同じ議題で会議設定してるんだよ。馬鹿!
スポンサーサイト
  1. 2010/05/21(金) 21:51:51|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<にーびち さびたん | ホーム | 「生きがい」とか「自分へのご褒美」とか言ってる奴らへ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moog.blog3.fc2.com/tb.php/530-02154b7f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。