Happy KARATE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ジャカルタ・ナイト2

ロビーに降りるとデニーが手招きしている。
夜10時。少し遅い気もするが明日は土曜日だし問題ないか。フライトは確か夜中だったし。
エントランスで待っていた日産リヴィナに乗り込む。
ハンドルを握るのは昼、僕を誘った年長の男、バヌー。
助手席に知らない若者。
「ああ、紹介するよ。彼はウィサ。友達なんだよ」
デニーの友達ということはデニーと同い年くらいか。
「デニーってさ、そういや幾つだっけ?」
「25歳だよ」
25歳。そんな若かったのか。外国人の年齢は本当に分からない。
バヌーは40代半ばだと思っていたが、案外僕と同じ30代なのかもしれない。
バヌーがアクセルを踏み、僕ら男4人は夜の街を突き進む。

「でさー、クラブっていうけど、結局なんなの?」
車内。やっぱりなんとなくもやもやしている僕は聞いてしまう。
「日本でクラブっていうとどんな感じなの?」
とウィサ。
「うーん、種類によっていろいろかな。若い人が踊るだけのところもあれば
女の人が隣に座ってお酒をつくってくれるところとか」
「タイのゴーゴーみたいなのはないの?」
「うーん、あるかもしれないけどメジャーじゃない」
「ふーん、でもこれからいくところはそれら全部のmixtureだと思えばいいよ」
mixtureね。まったく検討がつかない。
そもそも日本ですらここ10年近くナイトクラブと呼ばれるようなところに行っていない。

15分ほど走るとクラブ「CROWN」の駐車場に着いた。
「さあ、はじまるぜ」とウィサ。
「カバンは車内に置いて行った方がいい。あとドラッグの売人が近づいてきても
絶対に相手しちゃだめだよ」とデニー。
バヌーは車のキーをじゃらじゃら弄びながら黙々とエントランスに向かっている。
僕は財布と携帯をズボンの前ポケットに押し込んで後をついていく。

エントランスで5万ルピーを支払って扉の向こうへ。
タバコの煙、人いきれ、バンドの音圧が一気に顔に押し寄せる。
中はかなり広い空間で、中央にステージ、それを取り囲むように数十の丸テーブルと腰掛け、端にはバーカウンターがある。
チケットはワンドリンク込みらしく、ウィサが4人分のビールをもって来る。
とりあえず乾杯して、周りをゆっくり観察してみる。
テーブルに座っている人もいるが、「Reserved」の札が立っていて誰もいないテーブルも多い。
客はほとんどローカルの人だろうか、外人は見当たらない。
女性の格好は日本のクラブで見かけるのとそう変わらない。というかギャル風の
女の子も多い。年齢層は結構若めだ。ま、僕はどうせここでは外人だし30超えてたところで
分かりゃしないだろう。こっちの人には。

「さてと。テーブルなんだけどオープンするかい?」
デニーが尋ねてくる。しばらくする内にどんどん混んできたし確かにテーブルで
ゆっくり飲りたい。
「だけど、ほとんどのテーブル、Reservedになってるよ?」
「ああ、だからさ、あれボトルを下ろすとテーブルオープンしてくれるんだ」
「なるほど」
「俺とウィサとmoogで30万づつ出さないか?」
とデニー。もちろんせっかく来たのだから30万ルピーなら出そう。
なぜ、バヌーが出さないのか、年長だからなのか、それは良く分からないが。
ウィサが店員を呼んで何やら話しかけるとほどなく僕らはテーブルに案内された。
サラリーを考えると30万づつシェアというのはなんだか申し訳ない気がして、
けれど割り勘を申し出てくれた彼らのホスピタリティに感動したというのもあって、
でも全額出すのもなんだか金満日本人みたいでちょっと嫌だったので僕はとりあえず
ウィサに50万ルピー渡す。

ステージでは生バンドの演奏が終わって、5名の女性がステージにあがる。
別のバンドかと思ったら音楽に合わせて服を脱ぎ始めた。
なるほどストリップか。
男だけの空間でストリップというのはなんだか納得いくが若い女性が客としてたくさん
来ている中、ストリップというのがなんだか場違いな感じで面白い。
「なあ、moog、あの5人の中だったらどれがタイプ?」
ウィサがしきりに聞いてくる。なんか変なノリだ。
「うーん、左から2人目かな」
と酒を飲みながら答える。エロ本を見て興奮している高校生みたいな気分だ。
ステージの女の子を見てどれがいいだなんて、別に自分のものになるわけでもないのに。
苦笑いしながら酒を飲んでるといきなり左から2番目がステージを降りて僕の腰の上で
腰を振り出す。僕は動揺したけど気づくと女の子のおっぱいを自然につかんでいる。
人間そんなもんだ。
ウィサがしきりにどいつがタイプが聞いてたのはこれが目的だったのか。
もちろんおっぱいくらいで大満足とはいかないけど、何よりこういう心遣いが嬉しいではないか。

なんだか楽しくなってきて、踊り狂う。酒をかっくらう。
また踊る。限度を忘れて飲む。すごく楽しい、楽しい、けど。
。。。気づくとトイレの便器でくそしながら寝ている。
外からデニーの声。
「おーい、moog大丈夫か?」
「アイム、オーケイ」
なんとか立ち上がろうとしたとき、自分のうんこの匂いで思わず吐く。
吐く。
ふー、はー。
「ナーウ、アイガットリカバード」

トイレを出てフロアに戻る。
そういやバヌーは踊るでもなく終始たんたんと飲んでいる。
相当強いようだ。
僕はといえば、完全に酒が抜けたのだけど、一応用心して、緑茶を飲みながら
踊りまくる。相変わらずステージではストリッパーたちが踊っている。
周りを見ると、男女が適当にくっついている。案外そういうのに奔放な国なのか。
デニーもウィサも周りの女の子とそれなりに楽しそうにしゃべっている。
しかし僕のような日本人は現地の女性にどう思われてるんだろう?
そもそもムスリムの国だよな。一度セックスしたら結婚?
日本でも外国でもかっこいいなんて言われたことないし。っていうかインドネシア語できないし。いやー言葉覚えてくれば良かったかな?でもこの雰囲気で踊ってるだけでも結構楽しいし、それでいいじゃないか。。。

「なあmoog、あのさこの子がさmoogに興味があるって言ってるんだけど」
とデニー。デニーの横に現地人の女の子。それも相当僕のタイプだ。
片言のインドネシア語で自己紹介してみる。
「私の名前はペピ」
相手はにっこり笑ってそう言った。その顔をみた瞬間、タイプってついさっき表現したのが
申し訳ないくらいもう全身に鳥肌が立っていて、頭のてっぺんから射精してるみたいな感じになって。
そして僕らは店を出た。
スポンサーサイト
  1. 2008/05/29(木) 05:50:23|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:0
<<ジャカルタ・ナイト3 | ホーム | ジャカルタ・ナイト1>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moog.blog3.fc2.com/tb.php/515-47d47545

【インドネシア語】についてブログでの検索結果から見ると…

インドネシア語 をサーチエンジンで検索し情報を集めてみると…
  1. 2008/05/31(土) 01:59:34 |
  2. おまとめブログサーチ

-

管理人の承認後に表示されます
  1. 2013/08/28(水) 21:11:52 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。