Happy KARATE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

趣味:「カフェ巡り」

趣味のことを他人に伝えるのはなかなか難しい。
そもそもまず趣味が「趣味」として話題になるのは、あまり打ち解けていない人とか、
会社の同僚なんかのある程度距離を置いて付き合っている人と、って場合が多い。
例えば、僕はシャープペンを集めているけども、彼女や家族なんかと話すときは
「この前文房具屋で、こういうのを見つけてさー」
という話し方はすると思うが、
「僕はシャープペンを集めるのが趣味なんです!」
って話し方はしない。親しい人に対するときは趣味の話は他の他愛もない会話と同種のものであって、それを「趣味」と言う形でとりあげたりはしない。

つまり、趣味について語るときは、履歴書であったり商談の場だったりネットで書くプロフィールだったり、「あまり親しくない人」に向けて発信されるから難しいんだろうな、ってことを最近考えたりしている。
なので結局のところ、例えばSNSのプロフィールに趣味を書く場合を考えてみても、
「音楽鑑賞」
「映画鑑賞」
「PC・インターネット」
だの、どうでもいいくだらない趣味が並ぶことになる。
僕はシャープペンを集めるのが好きなのは事実だが、それを趣味の欄においそれと
書くのはなんだか気が引ける。他人にそこまでさらけだしていいものか、という気がするから。告白すると僕は暇な時間の80%はチンポコを触っているが、馬鹿正直に「趣味:ちんぽこいじり」とはやはり書けない。
そう考えるとこの手のプロフィールの「趣味欄」は他人とのコミュニケーションのきっかけとなるべきものなのに、なんとなく本当のことを書くのがためらわれる、というのはなんだか本末転倒な気がする。

上で「音楽鑑賞」がくだらないと書いたが、それは「趣味の欄に音楽鑑賞」と書くのが、なんというかあまり意味のある情報ではないからくだらないと言っているだけで、音楽を聴くのは僕も好きだ。それに趣味欄に音楽鑑賞と書いても他者とのコミュニケーションという意味であまりうまく機能しないかもしれないが、少なくとも
「趣味がある」
ということは他人にアピールできるし、さらに音楽は範囲やジャンルが広いから
たとえ同じく音楽鑑賞が好きな相手とめぐりあって、自分と好きな音楽のタイプが合わなくても言い訳ができ、かつそれでも依然、相手と自分とは「音楽鑑賞」という共通の趣味で繋がっているという認識をもつことができる、そういう点で「便利」な趣味ではある。

で、最近、趣味に「カフェ巡り」とか書く人がたくさんいるのだけれどあれはなんなんだろうか?そもそも「カフェ」ってここ数年の間に市民権を得た言葉だと思うのだけれど、なんで誰もがみんな「カフェ大好き!」みたいな状況になってるんだろう。
有名人がこぞって行きだしたとか、とてもユニークなお店がどこかに出来たとかってことなのか。
しかし「カフェ巡り」を趣味として挙げるのは作戦としてはうまいかもしれない。
まず聞いても突っ込めないし、相手が
「え、どこかお勧めのカフェあった?」
なんて聞いてきたとしても1つ馴染みのカフェがあれば、その場の会話をとりつくろえるし、実はカフェなんてまったく知らなくたって「それっぽい地名+それっぽいカフェの名前」を口にしておけばメンツは保てる。どうせ相手は知らないんだから。

そもそもカフェ巡りを趣味にしている人は、実際一日に何件も回ったりするのだろうか?僕の知り合いにも何人かカフェ巡りが趣味といっている人がいるんで聞いてみたいところだ。
ちょっとブログなんかを検索してみただけで
「カフェで本を読んだりする」
「一人でカフェに入るのも平気」
「誰も知らない、看板も出ていないカフェ」
「カフェのお兄さんが出してくれる裏メニュー」
「あそこのカフェは有名になりすぎだ」
とか、ほんとにくだらないことをみんな書いたりしてるんだけど、そういう人たちは
何が目的なんだろう。いや自分の中で完結していて本当にカフェを愛してやまない人もいると思うんですけどね。だから「ここのカフェは料理がうまい」とか「コーヒーがうまいカフェ」とかそういうのをブログなんかに書くのはなんとなく分かるんです。
だけども、隠れ家的カフェとか、裏メニューがどうとか、一人でカフェに入るのも苦にならないからどうだとか、なんていうか
「カフェに行ってる素敵なわたし」
みたいな姿勢ってのはどうなんでしょうか。

と思ってたら昨日、奇しくも友達にカフェに誘われる機会があって紅茶を飲んできた。ブルータスよ、お前もか。
このお店も店内は「趣味はカフェ巡り」って感じの女の子が圧倒的に多くて、しかしこの店、駅から徒歩12分ですよ。で周りが住宅街っぽくなってるのに満席。
ま、僕も人のこと言えないんですけどね、しかし電車でこんなとこまでわざわざ出てきて、駅からたくさん歩いて、周りに何にもないからこのカフェだけを目指して歩いて、終電がなくなるから11時頃には店を出るってのは、果たしてカフェの醍醐味と言えるのか? カフェ巡りを趣味に持つとここまでの努力をしないといけないのか、とふと思ったわけです。

たまにこうやってカフェに連れてってもらうのは刺激的ですが、僕なら家で趣味のチンポコいじりをしながらゴールドブレンドを飲む、そんなので十分なんですよ。
なんていうか趣味とかってやっぱり難しいし、他人に伝えるのも難しいな、ってことをふと思うんです。



スポンサーサイト
  1. 2008/02/25(月) 00:22:43|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8
<<紙切れと冷凍庫 | ホーム | やなせたかしごめんなはり>>

コメント

題名を見て、絶対毒を吐いているはずと思って読んで見たら
やっぱり毒だったからスッキリしました。

だけど「趣味:ラーメン巡り」はなんとなく許されて
「趣味:カフェ巡り」はなんとなくやってはいけないと
思うのはなんでかな?

  1. 2008/02/25(月) 09:39:33 |
  2. URL |
  3. 70 #-
  4. [ 編集]

@70
久しぶり。確かにそうだね。
なんで「ラーメン屋巡り」「温泉巡り」はアリで、「カフェ巡り」はナシなのか、
日記でもいろいろ理屈をこねてみた。
基本は、
「対象がはっきりしていて、第三者から見て、その人がそれにどういう価値を見出しているかわかりやすいもの」
であれば趣味として分かりやすいし、嫌味にならないんじゃないかって気がする。
ラーメンにしても、温泉にしても、評価の基準がある程度はっきりしてるし、
「私だけが知ってる感」ってのが(まあちょっとはあるにせよ)、かなり少ないって
ことじゃないかなって思う。
カフェ巡りの場合、「コーヒーの味」「店の雰囲気」「インテリア」「料理」「立地条件」「歴史」「その店にいる名物おばあちゃん」。。。とにかく何が興味の対象となっているかわかりにくくて、「私だけが知ってる感」ってのが醸成されやすいのでは?と思う。

無理やりこじつけるとそうだけど、だとすると趣味が「寺社仏閣めぐり」の人について、あまり嫌悪感を覚えないのが不思議。
いや、カフェってのはそれに加えて、にわかっぽさを感じちゃうから鼻につくのか。
寺社仏閣めぐりは聞いてもあまり不快にならないけど、
「趣味は仏像をみることなんです!」
といわれるとちょっとしらじらしい感じがする。ハナよ、お前のことだ。
僕はモデルのハナの顔も身長も体型も大好きなのだが(そしてこの点をよく人に「趣味が悪い」と批難される)、ハナが仏像大好きとか言い始めて嫌いになった(そしてこの点については「そのくらいで人を嫌いになるんじゃない」って批難される)。

でも、共感を覚える人もたくさんいるだろうし、結局のところ理屈じゃなくて
本当に単なる主観の問題なんだろうけどね。




  1. 2008/02/25(月) 18:07:33 |
  2. URL |
  3. moog #VPyoe7.2
  4. [ 編集]

いやいや,moogさんの文章を読んで,なぜ「カフェ巡り」が鼻につくのかよくわかったような気がしますよ!!!!
  1. 2008/02/25(月) 22:44:13 |
  2. URL |
  3. ビグマフ #-
  4. [ 編集]

なるほどー、、
ハナの仏像大好きは、確かにちょっとUZいねー

きっと、何が趣味だとしてもアピり具合によって
受入具合が違うのかな。

男子で、無難な「趣味:ラーメン巡り」だとしても
「あそこのラーメンは店長かわってから味が落ちた」
「ここのは新宿東口店が一番完成度が高い」
「コクがあるけど何か一味足りないなー」
等と、いつでもどこでもラーメン好きをアピールされて
携帯のストラップもラーメンだったり、着てるTシャツも
どこか有名なラーメン屋のものだったりすると
それはやっぱり面倒くさい。(ちょっと面白いけど)

もちろん、ラーメン好き同士で言うのは全く問題ないと思うけどね。
明らかに相手が興味なさそうなのに自分の知識を押付けてくるというか
会う度にそうゆう話ばかりされて、ラーメン好きをアピられると
しかも数年前までラーメンの話してなかったのにいきなり言われると
「この人、にわかだな、、」
「ラーメン知識をアピりたいんだな」
「”ラーメンについて熱く語るオレ”キャラを頑張ってるな」
と、何か萎えるよね。。

だから要するに鼻につくかつかないかは
アピり具合、テンションの高さ具合だよねー
たとえ趣味がカフェ巡りでも、「隠れカフェ巡り好き」は
アピってないから許されるのかも。(誰に?)


ってどうでもいいよねー人の趣味なんてっっ☆
  1. 2008/02/28(木) 11:47:48 |
  2. URL |
  3. 70 #-
  4. [ 編集]

@マフ

というか、会話で趣味を取り上げる風習って昔からあったのかね?
それとも西洋から入ってきたのかな。


@70
やあ。早く結婚しよう。
ラーメン屋めぐりが「男子で無難な趣味」っていう見解は新鮮だな。
ラーメン好きは周りにいるし僕も好きだけど、「巡る」やつはそうそういないぜ。
アピールの度合ってあるよね。会話をぶったぎっていきなり
「あー、昨日は中野で参ったよ。あの行列」
とか切り出されるとぶん殴りたくなるよね。
意外とこういう話の切り出し方する人って仕事でも多くて(みんないい大人なのに)、
僕はこういう「構ってほしい!」っていう感じの
問いかけはすべて聞こえなかったふりをしてやり過ごすことにしてます。
それでも食い下がって(こっちがなんも返事してないのにさ)
「ほらー、ラーメン、青葉だよー。な?」
とか言ってくると、微笑ましい。。いや、やっぱりUzeeeeeeeeeeeee!!!!
話しかけるときは、正面切ってきてほしいよね。

ラーメンストラップ+ラーメンTシャツで自己主張がそんなに強くない奴なら
友達になってもいいけど、多分ラーメン屋のTシャツ着てるやつで自己主張の強く
ないやつはいないだろうな。
まして、初めてデートに誘った女の子が「麺屋、武蔵!!」って、筆で荒々しく
書いたようなデザインのTシャツきて来たら、結構困る。
まず、それに触れていいのか、触れたほうがいいのか、いや素人は安易にそういうことを話題に持ち出しちゃいけないものなのか、悩む。
マフラーもアーガイル柄に見せかけて、すべてのひし形の中に「武蔵!!」って書いてあったらもっと悩む。
赤い幾何学模様のスカートが実はラーメン鉢の模様だったら、もはやそのことに触れちゃいけないのかも知れない。
さらに顔がラーメンマンだったら。。。その時はきっぱり「つきあえません」って言うわ。


  1. 2008/02/28(木) 13:29:12 |
  2. URL |
  3. moog #VPyoe7.2
  4. [ 編集]

そんなにイヤだったんだ・・・ごめん。
  1. 2008/02/29(金) 13:45:45 |
  2. URL |
  3. mt #-
  4. [ 編集]

@mt

やあ、全然嫌じゃないよ。よく読めば分かるけど
こういうところは自分じゃなかなか行かないので
誘ってもらう分には大歓迎です。なんていうか、スタイルだけで
うんちく垂れる人を揶揄してるだけです。
なんでまた行きましょう。
  1. 2008/02/29(金) 14:31:53 |
  2. URL |
  3. moog #-
  4. [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2011/03/04(金) 04:46:31 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moog.blog3.fc2.com/tb.php/508-84edbadf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。