Happy KARATE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ダイエットとオナニーとアロハと

腰が痛い。

結局、この1ヶ月ばかしダイエットに励んでて、まあ10kgばかし体重を減らした、走って減らしたんだけどこの走るって奴が曲者。泳ぐのは得意な方で中学、高校と水泳部だったボクはなんていうか、泳ぎ方のこつみたいなもんを知ってるわけ、だからいくら泳いだってちっとも痩せない。泳ぎ方のこつなんてほどほどでいいから、100m走なんかの短距離走を速く走るためのこつを身につけたかったし、それならきっと人生変わっていただろうなと思う。学校でもてるのは圧倒的に足が速い奴なのに、短距離の能力って奴は練習したところで劇的にあがる訳でもなく年一度のスポーツテストで短距離走らされるたびに死ぬほど恥ずかしい思いをした事を思い出す。大好きな奥野さんや壇上さんの目の前で、体操服来てテトテトドタドタ走る様を今思い出すだけで脂汗が出てくるくらい。で、何の話だっけ。ああダイエットか。それで安易に泳ぐ方に行きがちなボクの夢枕に親父がでてきて、「そんな泳いだって全然やせへんで」「なんで?」「泳げる奴はコツを知っとるからや」「じゃあどうすりゃいい?」「走らなあかんわ」なんて大阪弁でアドバイスされたりして、ま、こういうシチュエーション、アドバイスなんかするような時にもっとも似合わないのが大阪弁だとおもうんだけども、かなり体重も増加傾向にあったし、もうここで痩せないともてないんじゃないか、いやモテたところでどうってこともないんだけど、とにかく走って痩せよう何て考えついたのが5月の末。

ボクの体重をふやしている体の肉は、走ってるときに大活躍で、容赦なくボクの足首や膝や腰に負担をかけてくれて1ヶ月半近くたった今でも走った後は腰がピシピシ泣く。これなんか軟骨がすり減ってるんじゃないかと思うんだけど、人間の腰に軟骨なんてはいってたっけ?気になるから何かで調べたいんだけど、なんとなく面倒で放置している。でも焼き鳥屋でも肉屋でもメニューに絶対に軟骨ってのがあるから人間の体にもふんだんに含まれているんじゃないかと思ったりもする。腰なんてくるくるよく動く場所だし軟骨の唐揚げ10皿分くらいの量はありそうだ。10皿だったら10人でかかるとなくなっちゃうくらいか。そんな少ないとなんだか悲しい。

今日も朝走って会社にいくともう既に眠い。眠くて仕事がおそろかになるけど、きょうは暇だし仕事って言っても他人のプロジェクトの後始末なんで、よーしやったるでーって感じにはならない。なるか?ならないだろ?普通。ありえねー。
まあほどほどに仕上げて帰るんだろうなと思ってとりかかったりする。今日も白豚が来ている。もちろん本当の豚がいるわけじゃなく、いやある意味いたら嬉しいかもしれないけど、ボクが単に白豚とよんでる上司で、ニックネームの由来は旧約聖書だとか論語から引っ張ってきたわけでは当然なくて、そのまんまその豚のような見た目と透き通るような白い肌、白いところだけ詩的な表現にしてみたけど、やっぱり豚は豚だな、とにかくボクの嫌いな白豚も来ている。とにかくこいつは早く焼豚になって死んじゃえばいいのにとボクは毎晩寝る前に念じているくらい。まあそんなことにだって理由はあって、策を弄してボクをはめてるような気がしてならないから早く死んじゃえばいいのにと思ってるだけなんだけど、そういう人の方が長生きするのが世の常で、ボクのほうが先に逝っちゃうんじゃないかなんて最近は思い始めている。世の中ってのは不思議なもんで、がきのころ、大人って本当に分別があって賢いもんだなーとあれほど思ってたのがウソみたいに、どうしようもない大人たちがたくさん集まってどうしようもないようなことを手を変え品を変え永遠にやってるところで、こんなことなら8月30日多少苦労しようがもうすこし小学生やっててもいいんじゃないかと思えるくらいどうしようもないところだ。今は昔と違ってネットもあるから読書感想文やら毎日の天気やら、観察日記なんてこぴぺで、しゃかしゃか完成させられそうだ。余裕余裕。
で、こんなどうしようもない世の中だから人の仕事の後始末なんてやらされるんだぜ、ちぇっなんて思いながらネットオークションでアロハを物色して過ごす気だるい午前。10kg痩せて、服装なんかに興味持ち始めるなんてどうかしてるよ。まじで。いくつか入札してとりあえうブラウザ閉じる。
だるい。もう仕事飽きてきたよ。3年間も同じ仕事してると飽きてくる。

とか思ってたら、俺が仕事手伝ってるその仕事の中心人物が、家庭の事情とやらで帰りやがった。くうー。ぷぁは。こういうとき家庭があるといろいろ作戦がたてられて便利だ。ボクは一人者なんで早退する口実が結構面倒。「今日はオナニーをいつもより1回多くこなしたいんで、早退させてください」こんなのだって個人の事情で通用しても良さそうなもんだけど、きっと通用しない。理由に「家庭」ってスパイスがまぶされると何でもありなんだ。
「妻がオナニーのしすぎて寝込んでしまいまして、心配なので今日は早退させてください」
なんて書いてみるとバカバカしいけど、案外ファミリーフィルター発動ですんなり「大変だな。帰って奥さんみてやれ」なんてことになりそうだから怖い。家庭恐るべし。世の中も白豚も俺には冷たい。俺にも家庭があれば。一時期努力したこともあるけど、最後に結婚しようとした女の子はあそこの中の大腸菌濃度が異様に高くて、エッチな事するたびにウンコの匂いが充満したりしてたし、まあそれは愛があれば許せるんだけど、性器ヘルペスも持ってたし、まあそれも愛でなんとかなるにして、やっぱり全てマニー、マニーってところがどうも気に食わなくて、結局結婚をやめたんだった。まじで女は怖いなんて陳腐な表現だけど何考えてるか分かんないのが女だからね。俺から大金巻き上げたのもこいつだ。
幸せにしてるかな、今頃。だといいんだけど。

午後の仕事はかなり順調。
英語のメールのやりとりが途中で入るとちょっとやる気出る。ファッキンホワイトピッグ。別に意味なんて間違っててもかまわない。言いたい事をなんかかっこいい感じで言える事が重要。ファッキンホワイトピッグ、ファッキンホワイトピッグ。うん、語幹はそれほど悪くない。仕事も乗り出すとさくさく片付いてくる。あとは一緒に仕事してるMBAホルダーの調子が上がってくれば。このMBAホルダー、かなりキャパが低くて、一般人のキャパがバケツだったらおちょこくらいしかない。メール2通同時に処理出来ない、っていうか会社にきても夕方くらいまでメール見ない。むしろ夕方まで何をやってるのか聞きたい。ぱっとみると泰然と席に座ってるだけなんだけど。MBAなんてさ日本じゃまだ名前とおってるけど、まじで、馬鹿な、アナルファック野郎、の略なんじゃないかって思えてくる奴もいてさ、まあこいつがそうとは信じたくないけど、100人いたらボクを除いた99名がどうしようもないって答えるだろう。なんでボクを除くかに理由はあまりないけど人間的に性格は極悪じゃないし憎めないところもあるから。いやこれ書いてるのボクじゃなくアンケートされる側ならもちろんボクだって99人側に入ってたと思うけどね。

と思ってるとボクの部下が軽口たたいてくる。ボクは会社じゃフレンドリーで上と下の分け隔てがないほう、部下も勝手に勘違いしてボクに信用されてると思ってるのか、なんでもありになってきたりするんだけど、ボクは生まれてこのかた心を開いた相手なんてほんの数人なんだよ。ばーかばーか。あんまり調子に乗ってるとクリトリス、神様にとられちゃうぞー。つーか距離感考えろ。年の差考えろ。立場考えろ。人生考えろ。死ねばいいのに。
ボクが部下に優しく接してるのは、仕事やりにくくしたくないからでぜーんぜん心なんて開いてないのに。あほらし。部下が仕事してくれなくなったらボクが仕事中にアロハ買えなくなっちゃうじゃん。それだけは勘弁。いや逆にそれだけなんだってば。なーんてことを口に出したいけどぐっと我慢。いっとっけど、会社なんかで素の自分を出せるかっつーの。

会社出てジムで汗流せばいいんだよ。そうだよ。ジムで走りながらさっきの軽口を頭ん中で繰り返す、ほんとめでたい連中ばっかだよ。走ってるとどうでもいい気になってくるんだけど、そうやってむかっ腹がたつこと考えながら走ってる時は体に負担がかかってたりするもんできっと6皿分くらいはこの30分のランニングで消費しちまったんじゃないかと思う。軟骨の唐揚げ換算でさ。で、こんどは筋トレでもすっかと思ったら目のまえに白豚。なんでお前がいんだよ。ゲットザファックアウトオブヒアユーリトルピッグ!さらに3皿。あと一皿しか残ってないよ。いやほんと軟骨って体の中で作られないのかな?じゃなきゃ明日のストレスで全部平らげちゃうよ。まあそれでもいっか。そういう人生もありかな。今週末のソウル行きのせいで明日はかなり忙しくなっちゃいそうだ。ストレスためないように、ううん、たまっていいんだよねきっと。ソウルに行けばなんかリフレッシュ出来るかもしれないけど太るかもしれないからちょっと行きたくないんだけどお友達が結婚するからね、やっぱ参加しとかないとって1人で参加を決めたんだけど、他にも参加する同窓生が「moog一緒に出し物やろうな。競泳水着で」とか言ってて嫌だっつーのって感じでメールなんかずっとしかとしてるんだけどボク以外はどうもやるくさい、てか勝手にやればいいじゃんよって感じ。moogもやろうよって馴れ馴れしくいってくるこの距離感。式をあげる伊藤君には心開いてっけどお前らにはそれほどでもねーよ。







スポンサーサイト
  1. 2007/07/12(木) 00:52:41|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<いいのそうる | ホーム | インドじゃないTバック日記>>

コメント

おー、久しぶりに饒舌やね。おもしろかった!
  1. 2007/07/12(木) 23:03:33 |
  2. URL |
  3. Y #-
  4. [ 編集]

そうそう。まーなんつーかつまんないことはあるよね。
Yさんもなんだか悠々自適の生活を送ってそうで、羨ましい限り。
  1. 2007/07/16(月) 23:32:23 |
  2. URL |
  3. moog #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moog.blog3.fc2.com/tb.php/496-cb2ae037
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。