Happy KARATE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

お湯がとまらない

思いも寄らない事が起きて、それに対処する様を描写するのって、この手の日記の定番のパターンだと思う。

今日、朝起きて、外出前にシャワーを浴びていたとき。
お湯を止めて、お風呂から出ようとしたら、蛇口が動かない。
うちは混合栓ではないので、青色の水の蛇口、赤色のお湯の蛇口ってのがあるんだけども、
赤い蛇口がまったく動かない。
お湯を止める方向だけでなく、出す方向にも動かない。
蛇口って毎日一度は触っているもので、それが動かなくなる事は予想外。

「あ、よりによってお湯かよ。せめて水だったら。。。」
「いや、水でもお湯でも一緒かぁ。あ、でもお湯のほうがガス代かかるよな」
「ちょっとまて、うち確か夜間電力でお湯を湧かしておくタイプだよな。じゃあ、ガス代じゃなくて電気代だな」
「しかし参った。全然動かない。このまま放置するってのはありかな?」
「夜間にお湯をつくってタンクに貯めてるんだから、出しっ放しで出かけたら、お湯がなくなっちゃうな」
「そもそも、お湯がタンクからなくなるとかより、資源が無駄じゃんこれ」
「でもどうせ資源が無駄だったら、お湯じゃなくて水のがよかったよな。お湯は電気もくうからさ」
「しかしこれ、業者さん呼ばないと直らないのかな。いやだなー、俺、今裸じゃん」
「あ、そっか。業者さんくる時は服きて待ってればいいんだよな」
「いや、にしたって、業者さんくるまでお湯出しっ放しってのはまずいよなやっぱり」
「これ、大家さんにいって元から止めてもらえる事はできるかな?」

結局、5分ほど悪戦苦闘してなんとかお湯を止める事ができたのだけれど、人間、思いもよらない事がおきると、本当にどうでもいいことを考えたりするものだと思う。
毎日暮らしていると、こんな日記の定番ネタみたいな出来事があったりもするのだ。
スポンサーサイト
  1. 2007/02/13(火) 00:31:37|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<バレンタインデーに語られるうんちく | ホーム | 密室内の自己顕示>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moog.blog3.fc2.com/tb.php/481-8754c1cc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。