Happy KARATE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

盗作と教育と長澤まさみと。

槇原敬之が反撃に出たとか。
この問題ネットだと槙原派が多いらしい。
うーん。確かにあの程度のフレーズなら偶然似るってことはあると個人的には思う。
だって登場する言葉は、「夢」「時間」「裏切る」だけで、たったの2文。
メロディーが伴う楽曲同士であれば、この程度の長さでも(メロディが似ていれば)盗作になると思うけど、今回のケースはちょっと松本零士の主張に無理があるような気がする。
本人は盗作された気分まんまんなんだろうけどね。
あの程度で盗作なんてことがまかり通ったら大変だと思う。じっさい、僕がこうやってたまに書いている日記の一節が、実は森鴎外や永井荷風の作品に酷似しているんじゃないかと、内心びくびくしているわけだし。
というわけで、僕自身は松本零士の言い分にはかなり懐疑的なのだけれど、一方で槇原敬之の対応もなんかやっぱりいまいちだ。
最初は煮え切らない態度だったのが、いまになって法的手段に訴えないなら謝罪しろ、ときた。
この数週間、弁護士に知恵つけられて裁判に持ち込まれても敗訴はないという確信をもてたからこんな強気に出たんだろうなっていうのがみえみえ。
僕は弁護士でもなんでもないが、これが盗作(=著作権侵害)というのはかなり無理があると思ってるので、まあ裁判になれば槇原敬之が勝つんだろうけど、
時間稼いだ挙げ句にこういう事言うのって関西弁でいうと、「こすい」感じがするわけ。
だいたいシャブ使って曲書いてた人が、法をちらつかせるっていうのがどうも印象悪いよね。

そんなことを考えながら、16、17は研修で図解について学ぶ。
図の書き方とかそれをビジネスに使うスキルを学ぶってやつ。役に立ったけど2日間も必要ないんじゃないかな。このカリキュラム。
いちいち日記に書かないけど、もうどの研修でても思うけど、みんな話が長過ぎ。
まず、「短く的確に言いたい事を伝えるスキル講座」を受けさせてパスした人だけがほかの研修に参加できるようにしてほしい。
参加者の大半は僕より年上なのであからさまに態度には出せなかったけど、ほんっと話が
長い奴ってめんどくせー。理系の人たくさんいたけど、作業中独り言を言う人多いし。
前に座ってる人は、独り言に加えておおきなため息。「ああだめだー、ふぅー」とかいいながら。ま、だめなのは勝手だけども、タバコと腐敗した魚が化学反応したような悪臭を生暖かい息にのせて、僕のもとまでお届けするのはやめてほしい。

そんなことを考えながら、18日の土曜日は表参道ヒルズへ。
デビュー遅いよ!
オープンしたてのころはおしゃれさんが多そうだと思って敬遠してたんだけど、僕がいったころは適度に「おのぼりさん万歳!」ムードが醸成されていて、あんまり引け目を感じずにすんだな。
あ、韓国人が多かった。外国のガイドブックに大きく取り上げられてるのかね。
にしても、あの道の両脇にあった古びたアパートがなくなってるのをみると結構ショックだね。あれ、好きだったのに。
あのあたりで似顔絵書いてた兄ちゃんたち、どこいったんだろうね?
さすがに表参道ヒルズの前では無理そうだしなー。下北あたりに避難したか?
でも下北も再開発中だしね。
とりあえず財布を買ってかえる。
ショッピングがストレス解消の道具だとはいえ、財布ごときで7万5千円も払うのはなんとも釈然としない。ショップのお姉さんがかわいかったからつい買ってしまった気がする。
ああいうショップのお姉さん、やっぱりお金持ちなのかな。
通い続けたら仲良くなって付き合ったりできるものなんだろうか。

そんなことを考えながら19日は文具屋めぐりなど。
最近文具熱が再燃してきて、ネットやオークション、ebayなんかで落札しまくっている。
最近のヒットはScriptoの繰り出し式シャープペンシルとファーバーカステルの芯ホルダ9500。だから何だって感じだけどね。
そういえば、ちょっと絵が書きたくなって、
「えんぴつ1本ではじめるイラスト手習い帳」
って本を買ってくる。
ほら、ノートの片隅にちょっとしたイラストとか描いてるとかっこいい感じがするじゃないの。ホリエモンも「CEOってかっこいいじゃないですか」といってCEOになったくらいだし、僕もノートにイラストをさらりと描いてみたい。
線の使い方とか、男と女の体の描き分け方とか、遠近法の使い方とか、イラストの基本はとりあえず押さえてるみたい。さっきちょっとドリルみたいなところをやってみたけどなかなか面白い。

そんなことを考えながらテレビを見ている。
こないだ、鉄板少女アカネだと思ってずっと見てたドラマに最後まで鉄板焼きが出てこなく、やたら人が死ぬなと思ってたら、セーラー服と機関銃だったってことがあるくらい、堀北真希と長澤まさみは顔の雑作が似ていると思う。
今日なんとなくテレビをつけてたけども、今日のは間違いなく鉄板少女アカネだった、ほんっとくだらねードラマだな。
そういや、セーラー服と機関銃の最終回の予告編がテレビでやってた。
長澤まさみがさけぶところで口の中が見えてる場面があるんだけど、舌に白いコケがべっとりついてるんだよな。
長澤まさみファンって多いらしいけど、あいつは間違いなく口が臭いと思うぞ。

日記を書いてるうちに、世界ウルルン滞在記やってるんだけど、これに出てる俳優って全員三流臭が漂っているのは気のせいか。
この番組で見るのが最初で最後って言う人がいままで何人もいたような気がするんだけど。
たしかに毎回よく練られた旅程だけども、安い感動を毎度毎度ありがとうって感じだな。
たまには滞在先の家族と徹底的にけんかしたり、こきつかわれるだけこきつかわれる奴が出てきたっていいと思うんだけどな。

いま、MEGUMIが映ったけど、小池栄子が、「MEGUMIの乳首はむちゃくちゃ変な形」と暴露してからどうもこの人を普通の目で見られない。変な乳首ってなんだよ。生えてる方向が変だみたいな趣旨の発言だったと思うけど。
そして山瀬まみは相変わらず、鼻声ととぼけたキャラ。デビューでイメージ固まっちゃうと大変だな。ゆうこりんも一生こりん星出身というキャラでいかなきゃならんのだろうね。なんだか気の毒だ。

そんなことを考えながら。
そんなことを考えながら眠りにつく。
おやすみなさい。
スポンサーサイト
  1. 2006/11/19(日) 23:11:03|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
<<餃子づいてる | ホーム | unknown>>

コメント

おやすみ
  1. 2006/11/21(火) 00:22:07 |
  2. URL |
  3. M #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moog.blog3.fc2.com/tb.php/468-4c65153f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。