Happy KARATE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

セブ7日目

昨日早めに寝たせいか、今日は6時に目が覚める。食堂に行き、コーヒーを頼むと書きかけの日記にとりかかる。Sさんはまだ起きてこない。今日はSさんのチェックアウトの日だ。僕もそろそろチェックアウトの日を決めければならない。16日の便で日本に帰る予定だが、ここカモテスからセブ本島への船が欠航になることを考慮し、14日の朝にチェックアウトすることにする。フィリピンに来るのは初めてで、ほとんどここカモテスしか知らないのだ。2泊くらいセブ本島、あるいはリゾートエリアとして知られるマクタンで過ごすのも悪くないだろう。会社を休んで来ている手前、多少の土産も必要だ。14日にチェックアウトすることをFlorに告げる。7時過ぎにSさんが起きてくる。と、おもむろにウエストポーチからわさびを取り出す。
「昨日、Jessy Pulveraに頼んでおきましたよ。今日はココナツのゼリーをこれで食べましょう」
という。ココナツゼリー(殻の内側の膜)を醤油とわさびで食べるとまるで刺身だとおっしゃる。しばらくしてJessyが朝とれたココナツを持ってきたので、さらにゼリーを盛りつけ、わさび醤油で食べる。確かに刺身のようだ。実がしっかりしているのでヒラメの刺身のような食感だ。
20050116223559.jpg


午前中いっぱいビーチで日光浴。シャワーを浴びて食堂へ。体も火照っているので読書でもしようかと。ふと外を見やると鶏小屋の鶏にスタッフが手をかけている。見ていると仕草で首のあたりに手刀を作って笑っている。どうやら今からさばくらしいのでちょっと見学させてもらうことにする。詳しくは書かないが手慣れたものだ。昨日から宿泊しているルーマニア人のリクエストに答えてのものらしい。「今日の晩飯はこれにしてくれ」と頼むと快諾してくれた。昨日、Sさんからこっちの鶏はうまいと聞いていたので楽しみだ。
20050116223612.jpg

昼間はビーチを散策したり、宿の女の子と話したりして過ごす。今はルーマニアからの団体客総勢10名ほどが来ており、なんとなく居心地が悪い。彼らは自転車で世界を回っており、この後、パキスタンにいくらしい。一度部屋に戻り、7時頃食堂に向かう。とジェスが挨拶し、厨房に何か指示を与える。どうやら昼、天に召した鶏を出すようにとの指示らしい。ほどなくFlorがチキンスープとライスを持ってくる。チキンはやや骨がちだが身が締まっていて激しくうまい。なにしろ昨日までここの庭をうろちょろしていた鶏なのだ。むちゃくちゃ旨い鶏だった。

食事が終わると、Arjが何か新しいマジックを見せてくれというので、一つだけ見せた。特にマジックがうまいわけではないのだが、Boo-dooマジックを見せると、派手に喜んでくれた。
スポンサーサイト
  1. 2004/08/12(木) 07:37:40|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<セブ8日目 | ホーム | セブ6日目 ビーチ巡り>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moog.blog3.fc2.com/tb.php/39-37061283
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。