Happy KARATE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ガム

ガムを噛んでいると、ガムを噛んでいるのが僕なのか、僕がガムを噛んでいるのか分からなくなって、もう一枚口に入れる。
入れた瞬間後悔しても後の祭り。ガムが一枚増えたところでやっぱり僕とガムの関係が明瞭になったりはしない。枚数の問題じゃないんだ。僕は意を決してギリギリと音を立てながら力一杯ガムを噛む。口の中でぷちぷちいくつもの切れっ端に分かれるけれど、結局のところ僕とガムが、僕とガムとガムとガムになっただけで、いや待て、それぞれのガムのかけらはいつでも一つになれるから、僕とガムとガムとガムというのは実は正確ではないのかもしれないけれど、とにかくガムを歯で千切ってみても、「僕とガム」以上のことはなんにも分からなくて、少し焦る。
愕然としながら、今度はたくさんの唾液でじっくり噛んで見る。さっきと違う何かが頭をかすめた気がするけれど、結局唾液の多さで味がちょっと変わっただけで、僕に何か答えを与えてくれる訳ではないことを知る。
もしかしたらガムが僕に食べられている、ただそれだけの事だろうか。いやガムを口に入れたのは確かにこの僕だ。いや、けれども本当に自分の意志で入れたと言えるだろうか。だがガムを自分の意志で口に入れる以外のことが果たしてあるのだろうか。僕には皆目検討がつかない。
僕はなんだか急にガムとの関係を金輪際終わらせたい気分になって、ぺっぺっとガムを吐き出す。ぶざまな形でアスファルトにへばりついたそいつは、しばらくは動きたそうにしていたがやがて動きをとめる。しばらくガムを見つめている僕。

ガムとの関係を断って、また僕はまた積み木に没頭する。
スポンサーサイト
  1. 2006/02/25(土) 01:17:34|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<ディズニーランドで | ホーム | 3月はアジア>>

コメント

む,小説,というかエッセー風?
  1. 2006/02/25(土) 14:56:15 |
  2. URL |
  3. ビグマフ #-
  4. [ 編集]

マフっぽく意味の分からない文章を書いてみたかったんだけど、書いてる本人が意味も分からず書いて結果意味が分からない文章と、書いてる本人はきちんと意味を理解していて、結果意味が分からない文章は全然違うってことが良く分かった。

そして僕は積み木を片付け始める。
  1. 2006/02/25(土) 21:55:21 |
  2. URL |
  3. moog #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moog.blog3.fc2.com/tb.php/389-8462be8b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。