Happy KARATE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

明けましておちんちん

去年末から僕を憂鬱にさせていたものがある。
そのせいで日記を書く回数が減ったと言っても過言ではない。

おしっこがなんか全部出ないのですよ。
もっと簡単に言うと、
尿意を催す→おしっこする→尿意を催す
とこんな感じ。
つまりおしっこした直後からおしっこがしたくなるのだ。
んなバカなと思うかも知れないが、本当なのだから仕方がない。これが残尿感ってやつだろうか。
薬局によく立てかけてある黄色い「八味地黄丸」の幟(のぼり)に残尿感とか書いてある、あいつがやってきたのか?
おしっこをした直後に尿意を覚えるとは言っても、おしっこした直後にトイレに行っても何も出ない。でも尿意はある。
勘のいい人なら気付くと思うが、要は一日中尿意を催しており、なおかつどの「尿意」で本当におしっこが出るのか分からないから、「種あり」の尿意をうまく察知してトイレに駆け込む必要があったわけですよ。

と、文章で書くと明らかにおかしいのだけれど、去年の年末はなんとなく見て見ぬ振りをしていた。自分でも。曰く
「ま、なんか不摂生してるからこういうことになるんだ、ほっとけば治るさ」
曰く、
「仕事のストレスかな?」
そんな調子で正月は2日ほど実家に帰ったりしたんだけども、実家に帰っても治る気配がない。ま、当たり前ですけどね。
実家に帰るだけで病気が治るなら誰も苦労しません。しかし真面目にそう思ってたのが何とも不思議。何なんでしょうねこの根拠のない期待感って。
で、やっぱりこれは医者に行くしかないだろうと決意したのが1日の夜中。冷静になって考えてみるとこの症状っていつか経験した気がするんだけど。。。とずっと考えて思い出したのが10年前に罹ったラフレシアみたいな名前のおちんちんの病気(以下ラフレシア)。そうそう、確かあの時も違和感あったよなーと記憶が蘇る。今回に関しては心当たりはないのだけれど、どちらにしても医者にいったほうが良さそうだ。
正月休みが明けるのをずっと待ってやっと今日医者に行くことが出来た。

診察室で先生に症状を告げる。
「うーん、前立腺炎じゃないかなー」
「あのー、ラフレシアじゃないですか?」
「まったくないとは言い切れないけど、おしっこするとき特に
痛みがないなら違うと思いますよ。一応検査しときます?」
「あ、お願いします」
と、ここで10年前の記憶。あの時は確か尿道から長い針を入れられて検体を採取された。蘇る激痛。思わず先生に尋ねる
「あのー、そっちの検査っておしっことかで出来るんですよね?」
「いや、そういうのもあるんだけどいまいち精度が良くないから、直接尿道からやっちゃいましょう!」
「それってあのー痛いやつ。。。」
「うん、痛いよ」
一瞬検査はやめておこうか迷ったけれど、こう言う機会でもなければこの手の検査をすることはないのでやってもらうことにする。

「とりあえず前立腺から診てみましょうね。ちょっとそこのベッドに横になって下さい」
ベッドに横になって、先生の指示通りズボンとパンツを下ろして膝を空中で軽く曲げる。
赤ちゃんがおむつを替えてもらう時の姿勢だ。
「じゃ、お尻から診るからね」
透明なビニールの手袋をはめながら先生が言う。
そうか、前立腺ってそっちから診るのか。
と思っているのも束の間、先生の指が容赦なく尻の穴に入ってくる。

「うーん、僕別にサドじゃないんだけどちょっと我慢してね」
「あうぅ」
「どう、このへんを押してみると。。。」
「あっぁ、いでつつ」
「ははは、やっぱり痛いか、みんなそういう反応なんだよね。『いてっ!』でも『痛いっ!』でもないんだよ」
「こんなとこ、押されて痛くない人いるんですか?あっ」
「いや、普通は痛くないんですよ」
さらにポイントを刺激する先生。見えないから想像だが、どう考えても人差し指を中指を二本同時に入れられてる気がする。
「あ”っ、いで、あっ、先生おしっこ漏れちゃいそうです、だめっ」
「はいはい、もう終わりますよ」
指を抜く先生。
脂汗が出ている。辛い。ちょっと落ち着いていると

「ああ、そうだった検査もだったね」
と言いながら、まだ尻の穴の余韻覚めやらぬ僕の、こんどはおちんちんの先から何か入れてる。
「いってっー」
「ははは、痛いよね。小さい子供だったら、こういうぬいぐるみであやすんだけどね。あなたは大人だから通用しないよね。ははは」
確かに、クッキーモンスターのぬいぐるみじゃこの痛みは消えない。
一通り診察してみて、やはり前立腺炎の疑いが濃厚らしい。
「でも、先生、それって前立腺が炎症をおこしてるってことですよね?」
「そうです」
「どうして、そうなっちゃうんですか?」
「うーん、よく分かってないんだけどね。充血みたいなもんです」
「え、充血?」
「そうそう、長距離トラックの運転手さんとか、座りっぱなしの仕事の人には結構多いですよ」
「ああ、そうなんですか」
「ええ、割とよくあるもんだから、原因が何かってあまり思い悩むことはないですよ」

結局2006年になって初めて他人と接触したのが今日で、いきなり尻の穴やらおちんちんやらを見られるなんて。
しかし調べてみるとこの前立腺炎ってやつ、治るまで時間がかかることもありそうだ。

と、1/6の時点ではここまで書いていたんだけれど、書いてるうちになんだか凹んでしまって一度封印した。
あれからずっと薬を飲んで1週間、ここにきてようやく回復の兆しが見えて来たのでとりあえず公開することにしよう。
そうそう、ラフレシアでも淋しい病気でもありませんでしたので念のため。
もっともこの日記を公開したところでそれほど需要があるとは思えないんだけれど。





スポンサーサイト
  1. 2006/01/14(土) 23:32:12|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
<<不倫 | ホーム | お葬式>>

コメント

いやー、貴重な日記公開ありがとうございます!
大変勉強になりましたですよ!
年末に「おちんちんを負傷」とのことで
日記が途絶えていたのでかげながら心配しておりました。
昨年は感染の機会もあったかと思われまして。
ラフレシアという命名はこわすぎますね。
炎症ですみ快方に向かっているとのことでよかったです。
くれぐれも感染にはお気をつけなさいますよう・・・。
  1. 2006/01/15(日) 11:28:17 |
  2. URL |
  3. Y #-
  4. [ 編集]

>要は一日中尿意を催しており

そうそう。
俺はいつクソをもらすか分からないから、オムツ買ったんだよ。
懐かしいわ。
ムグもオムツ買ったら安心だよ。

>こんどはおちんちんの先から何か入れてる

あれ、痛いんだよな~。
なんつーか、薄いプラスティックの棒みたいなやつだろ。
俺が体験したのは幼稚園の頃だが、未だにその時の恐怖を覚えてる。
  1. 2006/01/15(日) 12:32:49 |
  2. URL |
  3. k #F22A.tdY
  4. [ 編集]

>Y
ありがとう。しかし泌尿器科のお医者さんって大変だろうね。土曜日に医者いったんだけど、また前立腺の触診があるかと思って、かなり気合いを入れて尻の穴を洗っていったんだけど、触診なし。ほっとしたような、なんだか残念なような、複雑な気分

>アイ
うんこが漏れるシチュエーションってのは大変だね。俺も今はそうでもないけど、朝おしっこしたらしばらく家を出られなかった。電車に乗ってる時におしっこが漏れるんじゃないかって思ってね。
尿道から何を入れられたのかは見てないからよく分かんないんだよね。でも10年前は金属の長ーい注射ばりだったよ。入れられた後尿道が傷つくみたいでしばらく痛いんだよね。
AVで尿道に綿棒とか入れてるのあるけどあり得ないと思うよ。
  1. 2006/01/15(日) 23:53:19 |
  2. URL |
  3. moog #89M7DVCA
  4. [ 編集]

残尿感,時々あるんですけど。いや最近はないかな。
しかし大変ですねー。座りすぎだとなっちゃうのか。
  1. 2006/01/15(日) 23:54:31 |
  2. URL |
  3. ビグマf #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moog.blog3.fc2.com/tb.php/377-d4826e7d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。