Happy KARATE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

発音しにくいTH

僕の名字に「つ」が入っている。

今日、礼服を買う事情があって、青山に行った。洋服の。
なんせ、滅多に着ない礼服だから安く抑えたい。
スーツ、シャツ、靴、一式買う事にした。

相手をしてくれた店員さんは、20代後半で髪の毛茶色の一見ヤンキー風のお姉さんだったが、とにかく一生懸命接客してくれるので好感が持てた。可愛かったし。

「お上着に200円でお名前入れさせていただけるのですが。。。」
「ふーん、200円だったら入れてもらうかな」
「かしこまりました。ではお名前こちらに頂いてもよろしいですか?」
メモ帳を差し出すお姉さん。
漢字で名字を記入する僕。
「あのー、お名前は漢字でよろしいですか?ローマ字もお受けできますけど」
「あ、そうなんですか?ローマ字だったらどんな感じになりますか?」
「失礼ですが、下のお名前のイニシャルは。。。?」
「Kです」
「では、こういった形になります」

差し出されたメモを見ると、"TSU"という綴り方になっているべきところが、"THI"になっている。

「すみません、あのー、『つ』なんですが。。。」
「ええ、ですから。。。ああ、そうでしたね。ではCHIになるんですね」
「いや、それだと、『ち』になりますよね。そうじゃなくて『つ』です」
「ああ、分かりました。じゃあ、TUですね」
「ああ、そうですね。でも普通はTSUって綴ります」
といってメモ帳に綴って見せた。
照れ悪いを浮かべてばつの悪い顔をしているお姉さん。
ずっと一生懸命接客してくれたお姉さんに悪いと思った僕はにっこり笑って、
「漢字の方がシンプルで分かりやすそうだから、漢字で名前を刺繍して下さい」
とお願いした。そうだよ、ローマ字が苦手な人だっているさ。
僕だってそろばん出来ないじゃないか。
人には得手不得手がある。

それに。。。
ローマ字での名入れをお願いして、万が一、「つ」が"THU"になっていたら、僕は自分の名字を正しく発音する自信がない。
昔から"TH"の発音苦手なんだもの。


スポンサーサイト
  1. 2005/11/23(水) 20:27:10|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<文具屋で。5050。今まで。 | ホーム | ほっしゃん>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moog.blog3.fc2.com/tb.php/362-d7d709ab
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。