Happy KARATE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

セブ2日目 カモテスへ

前日、インターネットでカモテス諸島へいく手段をいろいろネットで調べた(8/6の宿、Vacation Hotel Cebuでは電話回線が使えた)のだけれど、なかなか情報がない。
唯一分かったのは、Cebu-Polo間を運行しているOcean Jetが運休していることだけだった。ルートとして残っているのは、Danaoからのボートのみのようだ。とりあえずWebで調べると古い情報だが11:30にDanaoからボートが出ているようなので余裕をみて10:30に船着き場につけるようにと、朝9時にはチェックアウトする。

流しのタクシーを拾ってとりあえず北バスターミナルへ。着くやいなや現地の人が車をのぞき込み「どこ行くんだ」と口々に叫ぶので「Danao」と答えると、「あのバスにのれ」とSOGOD行きと書かれた一台のバスを指さす。男たちのあまりの勢いに面食らったが、どうもターミナルの係員らしい。バスターミナルといって大きなバスターミナルを想像したが、規模は日本やタイのそれと比べると遙かに小さく、またバスも全体的に小振りだ。近くの売店でスナック菓子をついでに近くの係員らしき兄ちゃんに「カモテスに行きたいんだが、このバスでいいの?」と念のため聞いてみる。兄ちゃんは「そうそう、これでいいんだ。何も心配しなくていい」といって、おもむろにバスの運転手と話をする。どうやら、船着き場でおろす算段をつけてもらったようだ。その後満面の笑みで「チップちょうだい」と行って来る。あげる義理はあんまりないような気がしたがとりあえず4ペソ渡して、バスに乗り込む。

20050116215506.jpg

バスは9:40頃出発。途中何人も客を拾い、10:40にDanaoに到着。船着き場の近くだ。トライシクルが待機しており、荷物を載せろと言う。船はすぐそこに見えていたし、トライシクルを利用したこともないので断ろうと思ったが、その強引さに負けて乗ってしまう。
途中、チケット売り場で100ペソ払ってチケットを購入、船に乗り込む。まだ客はまだらだが、観光客らしき人は見あたらない。
座って出発を待っていると、とうもろこし売りのおじさんがそばに来たのでとうもろこしを買う。3本で10ペソなり。前にすわっていたフィリピンの人があまりにうまそうに食べていたので。

食べてみてどうして日本の多くのとうもろこしが「スイートコーン」と呼ばれるか理解できた気がする。子供のころ「スイートコーンだ」と渡されたとうもろこしを食べて「全然スイートじゃないよ」と思った記憶があるが、このフィリピンのコーンは全然甘くない。コーンというよりは米なんかの穀物を食べているかんじ。身も固くしまっている。とうもろこしを“きれいに”食べられない人がたまにいますが、このコーンなら誰が食べても芯に実をまったく残さず食べられる、そう断言できるほど固い実だった。
20050116215514.jpg

20050116215521.jpg

船が港を離れて2時間半、途中「本当にカモテスに向かっているのか」と不安になるが、どうやらそれらしきとこに着いたようだ。といっても船着き場という感じの場所ではなかったので多少不安がよぎる。あとで聞くとこれはSan Francisco Camotesという港らしい。何人かが「Mortorbike?」と声をかけてきたので、一人を選んで乗せてもらうことにした。とりあえず別の島なのではとの不安が拭えなかったので、「この島ってなんて言う名前?ポロ島?」と聞いてみると「サンフランシスコ島だ」という。とりあえずカモテスには来たようだ。事前に調べてあったサンチャゴ・ビーチ・リゾートまで行ってもらうことにする。100ペソはちょっと高いか。
道のりは悪路だが、幸いバイクがスクータータイプなのでそれほど苦ではない。30分ほどでサンチャゴ・ビーチ・リゾートに到着した。

フロントらしき場所を探し、部屋が空いているかどうか尋ねる。エアコン1000ペソ。ファン500ペソ。ただし今は何かのセミナーが実施されているらしく、ファンの部屋のみがAvailableだという。もとよりエアコンの部屋に泊まるほどのお金を持ち合わせていなかったので、ファンの部屋にする。ちなみにトイレ、シャワーは外にある共同のものを使い、温水ではない。チェックインしたのがちょうど15時くらい。


思えばCebu Cityを出てからスナック一つしか食べていない訳で、猛烈に腹が空いた。オーナーらしき人と挨拶を交わし(ジェスという名らしい)、料理を作ってもらうよう頼む。
料理を待つ間、ウェイトレスらしい女性二人と会話する。一人はFlorという30半ばの女性で主にクッキングが仕事だと言っている。もう一人は21の女の子、Roseだ。どちらも人なつっこい性格で話していて面白い。
20050116215528.jpg


15分ほど待って出てきたのは、イカとタマネギの炒め物とご飯。なかなか旨い。飯が終わって部屋に戻ると図らずもそのまま寝てしまった。
20050116215536.jpg



スポンサーサイト
  1. 2004/08/07(土) 17:58:28|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<セブ3日目 | ホーム | セブ1日目>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moog.blog3.fc2.com/tb.php/34-7c509bbe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。