Happy KARATE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

セブ1日目

昨日、仕事が遅くなって今日の旅行の準備等でほとんど徹夜でした。
そもそもセブがどういうところかあまり理解していなかったので、WEBサイトとか見てるうちにほとんど朝になってました。

成田で12:30チケット受け取りの予定だったので、余裕を見て、12時到着するよう電車に乗り込む。さすがに土曜日だからか電車の中もまだまだ通勤客が多いけど、スーツケースを持ってる人もちらほら見かける。

成田に着いてとりあえず、チケットを受け取る。動くの遅かったのでチケットも1年オープンなんですよね。なんだかもったいない。で、チェックインカウンタに向かうとすでに長蛇の列。さすがにフィリピン人らしき女性が多い。
荷物をチェックインするのは面倒なので、今回もバックパックに全部荷物を詰めこんできた。ま、そんなわけで、チェックインはすぐに終わる。

今回の旅は、ビーチでごろごろするのが目的なので、とりあえず本屋に向かってめぼしい本を買いあさる。バリ島に行くときも似たような滞在のパターンなんだけど、あそこはそれなりに中古の本屋があるのであんまり困らない。ただ、今回はセブから船で行く、変な島に行こうと思ってるので、本は多めに買っていく。10日滞在だし。全部で約8000円。うーん、やっぱりBook Offとかで事前に買っておくべきだったかな。ま、宿と食事にはそんなにお金をかけるつもりはないので良いんですけどね。
行こうと思ってるのは、カモテス諸島のサンフランシスコ島ってところで、あんまり情報なくて不安なんですが、なんだかビーチが綺麗らしいので楽しみ。

飛行機に乗り込むと、となりがフィリピン人のおばさん。日本人の男性と結婚しているらしいが、訳あって今回は一人らしい。いえ、僕が根ほり葉ほり聞いた訳じゃなくて、向こうがいろいろしゃべってくるんですよね。
「あなたセブは初めて?」
「はい」
「ホテルはとってあるの?」
「いいえ、向こう着いてから探します」
「えーっ!、あなた向こうに知り合いいるの」
「いません」
「それは心配、私が車で送っていこうか」
車で送ってもらえるのはありがたいけれど、さすがに知り合ったばかりのひとだし、警戒してしまう。以前タイで仲良くなった人が実は詐欺師で、相当痛い目にあっているので、ここは警戒心を解かずに、わりと素っ気ない返事でお断りしました。旅っていろんな人との交流が楽しい一方で、自分の身を守るために常に警戒しておかなくてはいけなくて、このへんのバランスが難しいですよね。

セブについたのが18時。さすがにこの時間だとビーチは望むべくもないので、宿に直行。宿は飛行機の中でめぼしいところを見つけておいたので、とりあえずそこを目指す。入国してある程度両替もすませて、クーポンタクシーを探そうとしたんですけど、なんか怪しい暗闇に客引きがいっぱい。
「クーポンはどこで買えるの?」って聞いたら、
「俺が売ってるよ」と言うから、その人から買いました。220ペソなり。
なんか、カウンターみたいなところで買うのかと思ってたら、ダフ屋のおじさんみたいな人が立って、手で売ってるのでちょっと面食らいました。

予想通り荒い運転のタクシーに揺られること約30分。宿泊予定のVacation Hotel Cebu に到着。シングルが空いてないってことなのでとりあえず900ペソでダブルの部屋に決める。ま、初日くらいは、まあまあまともなとこに泊まってもいいかなってことで。

落ち着いたところでホテルのお姉さんに、サンフランシスコ島についていろいろ尋ねてみたんだけど、あまり知らないようで、「あんたがいってるのってカモテス諸島のサンフランシスコ島」って何度も聞かれました。挙げ句の果てに、「何でそんなとこに行きたいんだ?」と訝られる始末。
一応、セブ湾からのフェリーと、ダナウからのボートの二つがあるって聞いてたんだけど、調べてもらうと、セブからのフェリーなんて出てないっていうし。ダナウからのボートなら30分おきくらいに出てるっていうんだけど、日本で事前に調べた情報だと、一日二便だし。

とりあえず明日の朝、別のお姉さんに聞くことにして、晩飯にしました。
20050116215154.jpg
スポンサーサイト
  1. 2004/08/06(金) 23:24:54|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<セブ2日目 カモテスへ | ホーム | セブ島へのチケット手配>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moog.blog3.fc2.com/tb.php/33-6142243b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。