Happy KARATE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「アートディレクターで。」

髪が伸びてきたので散髪にいった。
前回と同じ美容院に電話をする。

「すみません、予約をお願いします」
「こちらは初めてですか?」
「いえ、前回もそちらで髪きってもらいました。」
「ご希望の担当者はございますか?」
「誰でもいいです」
「そうですか。スタイリスト、トップスタイリスト、アートディレクター、どれになさいますか?」

最近の美容院って美容師のランクを分けているところが多い。
美容師さんにとっては励みになるんだと思う。
しかし、この呼び名の付け方はなんとかならないものだろうか。
どれも口に出すのがこっぱずかしい。
まだ電話だからいいようなものの、店先で
「アートディレクターでお願いします」
だなんて、30過ぎのおっさんには口が裂けても言えません。

「芸術監督」に切ってもらうほど、ハンサムな訳ではないだろう?そう自問自答して恥ずかしくなる。
かといって、「最高のスタイリスト」に切ってもらうほどお前は髪型にこだわるのか、と問われると答えに詰まる。
結局、「スタイリスト」しかないわけだが、
「スタイリストに髪をきってもらうお前って何様?」
という世間からのブーイングが聞こえてきそうだ。

電話では仕方がないので、
「。。。ええっと、一番安い人でいいです」
と答えたのだが、これはこれで失礼な言い方だったかもしれない。
電話をとった人が一番安い人=スタイリストだった場合、一番安いだなんて言われて気分がよい訳がない。

美容師さんにしたって、ちょっとこの呼び名なんとかならないのかと、うっすら疑問を感じたりしないもんなのか?
僕が美容師なら、自分のランクがあがるのは嬉しいけれど、お客さんに
「私、トップスタイリストのmoogです」
だなんてやっぱり口が裂けても言えないと思う。これって、
「私、スーパーサラリーマンのmoogです」
っていうのと変わらない気がするんだもん。

そんなどうでもいいことを考えながら美容院へ。
予約してたのですぐに席に案内されて、担当の美容師さんが登場。
一番安い「スタイリスト」だな、と思っていると、
「本日、担当します○○です。自分は、本当はトップスタイリストなんですが、今日はスタイリストが足りませんので、私が、スタイリストの料金でカットさせていただきます」
と自己紹介。そうか、やっぱりプライドってもんがあるんだな。
「本来、この打ち合わせは、スーパーサラリーマンの私の出る幕ではないのですが、サラリーマンが足りませんので、私、スーパーサラリーマンが出席させていただきます」
そう言っているように聞こえて、ちょっとおかしい。

やっぱり呼び名はもうちょっと親しみやすくて、恥ずかしくないのがいいと思う。
「美容師は、松、竹、梅のどちらになさいますか?」
「じゃ、竹で」
・・・
「本日担当させていただきます、竹の○○です」

客の立場でも美容師さんの立場でも「松竹梅」のほうがまだ、違和感がないような気がする、そう思うのはスーパーサラリーマンの私だけでしょうか?


スポンサーサイト
  1. 2005/09/17(土) 22:55:23|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:3
<<舌を磨く | ホーム | ぶらじゃ>>

コメント

俺なんて、いまだにスキカルだよ。
しかも小学生の頃に買ってもらった古い奴。
さすが、ナショナル、耐久性がいい。
充電に時間がかかるのが欠点だが、現役で使える。

「スキカリスト、トップスキカリスト、ボーズディレクター、どれになさいますか?」
「じゃ、スキカリストで」
「自分は、本当はトップスキカリストなんですが、今日はスキカリストが足りませんので、私が、スキカリストの料金でカットさせていただきます」

ま、誰がやっても、丸刈りにしかならんけどな。

ちなみにARUなんて、スキカル買う金もないから、剃刀で頭を剃っている。
なんと不憫な・・・
貧乏が憎い!
  1. 2005/09/18(日) 05:05:14 |
  2. URL |
  3. k #F22A.tdY
  4. [ 編集]

>アイ

何に驚いたかって、スキカルなんて固有名詞を覚えている事だよ。
うちにもあったよ。スキカル。
小学校~中学くらいまではいつも親父が俺の頭をバリカンで刈ってたな。

そういう意味ではうちの親父もボーズディレクターだな。
  1. 2005/09/18(日) 19:11:34 |
  2. URL |
  3. moog #VPyoe7.2
  4. [ 編集]

バリカンの「スキカル」、カキ氷機の「キョロちゃん」、ダッチワイフの「南極1号&2号」・・・

昭和を感じさせる懐かしい品々だ。
  1. 2005/09/19(月) 05:50:54 |
  2. URL |
  3. k #F22A.tdY
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moog.blog3.fc2.com/tb.php/313-9d3ebd93

アートディレクターについて

アートディレクターアートディレクター(Art Director)とは、広告、宣伝、グラフィックデザイン、装丁などにおいて、主に視覚的表現手段を計画し、総括・監督する職務である。顧客の依頼・要望あるいは、立案された計画を目的達成するための素材や表現方法を模索し決定する
  1. 2007/02/08(木) 13:18:14 |
  2. デザインの杜
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。