Happy KARATE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

アマゾンで買う本、本屋で買う本。

今日、会社の同僚と話していたら、ふと彼が
「アマゾンで買う本は読まないことが多い」
と口にした。
自分で買っておきながら、本を読まないとはどういうことか聞いてみたら、
「アマゾンって立ち読みしないでレビューとか見て買うんだけれど、実際手に取って見ていないので、そのまま本棚のこやしになることが多い」
とのこと。

確かにそうかもしれない。

僕もアマゾン等を時折利用するけれど、中身を知っていて買いそびれた本を手に入れる時だけだ。大概は本屋で買ってしまう。
インターネットで何でも手に入る時代、買い物や調べものなどかなりネットは活用していると思うけど、本屋だけは別だ。
本屋に入ってわくわくする感じ、これはインターネットでは味わえない。今も時間を見つけて、本屋にはよく行く。
本を手に取ったときのあの感じ、本屋の独特の匂い。
なんとなくぶらぶらしていて、全然興味のない分野の本屋が目に留まり、その分野に興味を持つ。
アマゾンじゃ味わえない。

余談だが、僕は高校生の頃、参考書売り場が大好きだった。
参考書は学校の教科書と違って、分からせようという著者の気迫がこもっていて、知的好奇心をぷちぷち刺激された。
だから参考書売り場には毎日足を運んだ。何冊も買った。
親に小遣いをせびって何冊も買ったのはいいが、ちょっと読んで本棚のこやしになったものも多い。
だからちょっとした罪悪感に苛まれていた。
そんな折、何かの本で読んだ言葉が心に深く突き刺さった。
「本なんて、一文字でも一行でも心に響いたり、感銘を受けたりすれば、それだけでもう買った意味がある」

今もこの考え方は僕の本選びの際の基準になっている。
本屋で立ち読みしていて、一行でも「ああ、そうか」と感心させられれば、すぐにレジに直行する。
アマゾンではこういうことが出来ない。

アマゾンで出来ない事はまだある。
狭い通路で若い女性と体が接触してどきどきしたり、レジに並ぶ女子高生のパンツが見えそうだったり、清純な感じの女の子が「出会い系サイトの全て」を立ち読みしているところに遭遇していらぬ想像を働かせたり、どれもこれもアマゾンじゃ無理だ。

そんなことを考えながら、今日も会社帰りに有隣堂に寄ってきた。
スポンサーサイト
  1. 2005/09/08(木) 01:39:26|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8
<<炭水化物ダイエットその後 | ホーム | 真島茂樹、か。>>

コメント

このネタは俺は食いつくよ。少し論点がずれるかも知れないけど。

オンライン書店が増えてきて「立ち読み」機能がついたのはいいんだけど、たいてい最初の数ページしか読めないんだよな。これじゃ、大して内容は分からない。
新刊本書店も最近はマンガなんかほとんどビニールがかけられていて、せいぜい1巻が一冊立ち読み用に置いてある程度。これじゃ、興味を持とうにも持てない。

音楽なんて、立ち読みならぬ、立ち聞きなんてほとんど出来なかったもんな。そのおかげでどれだけのハズレCDを買わされてきたことか。試聴機なんかが普及しても全ての音源が聞けるわけではないし、ネットの試聴もせいぜい30秒くらいで短すぎる。
映画やゲームに至っては、ギャンブルの世界だね。いまだにCMや雑誌の評価に騙されまくりだよ。

そう考えると、出版界はかなりオープンな異色な世界だと言える。少なくとも活字本は手にとって好きなページを読めるのだから。

アマゾンで買う本を読まないのは、そもそも本を買うのが読むよりも好きな人か、単にハズレを掴まされただけだろう。内容の分からないCDを買ってハズレだったらすぐ聞かなくなるし、内容の分からない映画を見てハズレだったら映画館で寝るし、内容の分からないゲームを買ってハズレだったらすぐ遊ばなくなるし、それと同じことなんじゃないか?これはアマゾンで本を買うのが悪いと言うよりも、本と言う特殊な公に開かれたものを、CDや映画やゲームのような閉じたものとして買ったに過ぎない。

マンガが読みたければ、古書フランチャイズ店で立ち読み自由のところで読めばいいし、小説などの活字本はのんびり座って読める図書館を使えばいいし、音楽や映画やゲームはP2Pソフトで落として試聴するなりして、気に入ったものだけ買えばいい。
と書くと、P2Pソフトの是非が問われるかもしれないが、プロモーションと著作権保護の関係を決めるのは別にユーザーであっても構わないはずで、こっちはこっちのモラルでP2Pソフトを使えばいい。

アメリカのあるSF大会の壇上で、司会者に「SFの90%はクズですね」と言われたSF作家のシオドア・スタージョンは、肩をすくめてこう答えた。
「何事も90%はクズなのさ」

これはSFを馬鹿にした司会者へのウィットに富んだしっぺ返しだが、彼の言葉は普遍性を持ったものだと思う。
消費者はいつもその90%のクズを買わされている。P2Pソフトのような優れたソフトを認めないのは90%のクズを売るような連中だ。Wilcoと言うバンドなどは、全ての曲をHP上で無料で聴けるようにしていたにも拘わらず、同じ内容のCDを発売した時に爆発的に売れた。内容が良く、それに見合う金額のものであれば人は金を出す。

クズを買わないこと。クズを売りつける会社に金が入らないようにすること。
そのためには、よく分からないものは、図書館なり、P2Pソフトなりで、ちゃんと確かめて買うのがいいと思う。
  1. 2005/09/08(木) 04:08:49 |
  2. URL |
  3. k #F22A.tdY
  4. [ 編集]

>オンライン書店が増えてきて「立ち読み」機能がついたのはいいんだけど

最近はそんな機能がついているのか。

>そう考えると、出版界はかなりオープンな異色な世界だと言える。

それは確かにそうかもね。図書館なんてその最たるものだね。

>本と言う特殊な公に開かれたものを、CDや映画やゲームのような閉じたものとして買ったに過ぎない。

そう言われてみればそうなんだよな。
ただ、「本って開かれたもの」っていう前提が根付いてるから、あるいは本屋にいけばいつでも読めるっていうのはある程度共通で認知されてるから、読まずにアマゾンで買った本がつまらないと猛烈にショックを受けるんだ。

僕は「本は開かれたもの」であることの恩恵を最大限受けたいので、多分これからも本屋に足を向けるかな。そして所有欲もあるから、図書館じゃなくてやっぱり本屋なのだ。
  1. 2005/09/08(木) 22:38:02 |
  2. URL |
  3. moog #VPyoe7.2
  4. [ 編集]

さすが、moog、要点を押さえたコメントだな。
実は俺の文章、この倍の長さあったんだけど、P2Pとか、中古と新品とか、全然別の話になっていったんでバサッと切って、適当に結んで終わらせただけだから、意味が伝わらないかも?と思ってたんだが、モグにはその心配は無用だったようだ。

>多分これからも本屋に足を向けるかな

うn。俺もよく行ってるけど、やっぱり、オンラインとオフラインの大きな違いって、視認性の問題だと思うんだよね。
本屋に入ると、一度に数百冊の本が目の前に広がってるわけで、その本の大きさや色、平積みか、どのくらい売れてるかなどが、一目瞭然なんだよね。これはネットでは出来ない。やるとしたら、本屋の店先を写真で撮ってきて、クリッカブルマップにするくらいか。
目的のものを見つけるのはネットの方が早いかもしれないけど、自分のアンテナに引っかかるものはないかどうかを探すのは店の中を歩いた方が断然早い。

>所有欲もあるから、図書館じゃなくてやっぱり本屋なのだ。

俺も所有欲はあるけど、昔ほどじゃなくなった。第一置く場所がないし。数万冊の本にこれ以上生活スペースの邪魔をされてたまるか、ってことだ。
以前も書いたかもしれないけど、俺は勝手に図書館は自分の書庫専用の別荘だと思ってるから、図書館が本を管理してくれてるんだったら、その方が楽でいいや、って気分。
  1. 2005/09/09(金) 00:43:07 |
  2. URL |
  3. k #F22A.tdY
  4. [ 編集]

>アメリカのあるSF大会の壇上で、司会者に「SFの90%はクズですね」と言われたSF作家のシオドア・スタージョンは、肩をすくめてこう答えた。
「何事も90%はクズなのさ」

ほんとにね!!
くそー,先を越された気分だ!
しかしこれからは,シオドア・スタージョンの言葉として大いに使わせていただこう。何をひとのブログで盛り上がってるんだ私は。
  1. 2005/09/09(金) 19:46:33 |
  2. URL |
  3. ビッグマフ #-
  4. [ 編集]

なんか分からんが、ビッグマフの琴線に触れる言葉だったようだな。
よーし、先を越した気分だ!はっはっは。
  1. 2005/09/09(金) 20:23:54 |
  2. URL |
  3. k #F22A.tdY
  4. [ 編集]

うわ、先を越されたよ。
上のコメント書いた後で、
「何事も90%はクズなのさ」
に触れようと思ってたのに。

こういうウィットに富んだシニカルなジョークを口にしたい物だけど、なかなか機会がない。だが死ぬまでに一度口にしたい言葉だ。

アイのコメントは適度にまめ知識が身に付くので好きだ。
  1. 2005/09/09(金) 22:17:53 |
  2. URL |
  3. moog #VPyoe7.2
  4. [ 編集]

つまらなくても手に取った本は大体最後まで読んでしまう性質です(^^;
#英語の小説以外

中を見ることができるから・・・というのはわかりますが、
本屋のいいところにおかれるのが見えるから...というのは、
出版社や編集者の思惑に踊らされているのではないでしょうか。
やはり、いいところに山積みにしているのは売れ路線を狙って、
お金をかけている本なのだそうです。
出版業界では、ある程度いい編集者にあたれば必ず売れるという人も何人かいますが....。
なお、タイトルも本人ではなく編集者が狙ってつけたりとか。
例えば、「○日でできる~」とか似たようなタイトルが多いのも、
売れるタイトルというのはあらゆる分野で応用されるそうです。
  1. 2005/09/09(金) 23:05:43 |
  2. URL |
  3. M #-
  4. [ 編集]

>出版社や編集者の思惑に踊らされているのではないでしょうか。

その通りだと思います。
でも、僕にとってはそれがいいのです。
他人に踊らされているってのは、裏を返すと自分じゃ絶対気づかない本の存在を示唆してもらってるということだから。

例えば、平積みまったく無しで、ただ単に本が作者別、ジャンル別に整然と並んでいる場所(例えば図書館のように)と、普通の本屋を比べると、意外な発見をする可能性は普通の本屋の方が高いと僕は思うのです。

踊らされていてもかまいません。
いくら踊らされていても糞みたいな本は糞みたいな本ですから。
僕もつい先日踊らされて、ピラティスダイエットの本を買いました。
本屋で立ち読みして、有用だと思ったので買ったのですが、今読んでみると糞だと思います。
しかし、本屋で立ち読みして有用だと判断して、買って帰ってしばらくして読んでみると糞、こんな本を選んでしまうリスクを減らす方法は僕にはわかりません。
  1. 2005/09/09(金) 23:32:30 |
  2. URL |
  3. moog #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moog.blog3.fc2.com/tb.php/305-97ee9562
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。