Happy KARATE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

五日目:カフェ、寺院、ナイトマーケット

プーシーの丘を降りると、向かいにある王立博物館へ。
入り口をくぐると庭園になっており、正面の建物が博物館らしいが、空いてる気配がない。
ラオスでは、いきなり休みになることもそう珍しいことではないらしいので、とりあえず明日、またくることにする。

疲れたのでちょっとネット屋にはいる。
しばらくメールチェックをし、支払いを済ませると後ろの旅行代理店のカウンターに向かう。
ここはTravel Agencyとネット屋を兼ねているのだ。

旅を始めて
ヴィエンチャン~バンビエン~ルアンパバン
とずっとバスで北上してきたわけだが、日本帰国時のチケットはヴィエンチャンからなのでいずれ帰らなければならない。
バスだと10時間弱。丸一日つぶれてしまう。
短い旅程であまり時間をつぶしたくなかったのと、ラオスの国内線に乗ってみるのも悪くないかなと思って、ルアンパバン-ヴィエンチャンの国内線の空きがあるか聞いてみる。
空きが若干あるという。
ラオス航空のプロペラ機。
58$とそう安くはないけれど、記念に乗ってみるのも悪くないと思い予約を入れる。
あとは、ここルアンパバンでの見所と言われるパークウー洞窟へのツアーも一緒に申し込む。明日の朝8:00集合らしい。
40000kipならOK。

その後、店を出てカフェへ。
Tum Tum Cafeというところでアイスのラオコーヒーと、餅米のデザートを注文。
店員のラオス人とちょっと話す。彼は日本語を覚えたいらしく、
「ラオ語と日本語を教え合いっこしよう」
と提案してくる。今日は彼が早番でもう帰ってしまうとのことだったので、明日くると約束して店を出る。
DSCN0496.jpg


今日は歩いて回れるところは一通り訪れようと思っていたので、ワットシェントーンやワットマイ等、シーサワンウォン通り沿いの寺院に足を向ける。このあたりの僧侶は外国語の習得に熱心で観光客を見かけると即興の青空外国語教室が始まる、と地球の歩き方には書いてあるのだが、僕には生徒がつかなかった。
もうっ!嘘つき。

DSCN0476.jpg



ナイトマーケットを散策してTシャツ2枚購入。
Laobear Tシャツだ。
その後マッサージ。今度はLao Traditional とかいう全身マッサージ。これは昨日のオイルと違ってノーマルなマッサージだ。
ちょっと整体っぽくもあり、タイのマッサージに似ている。

宿に帰ると夜22:30。ずいぶん今日は動き回った。
スポンサーサイト
  1. 2005/08/09(火) 23:17:38|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
<<六日目:キナ子とドバ子 | ホーム | 五日目:Cold River G.H. → プーシー>>

コメント

>即興の青空外国語教室が始まる

moogさんの教室は、何語かわからなかったのでは?


写真の食べ物って、甘いのですか?デザート...

  1. 2005/08/18(木) 21:18:15 |
  2. URL |
  3. M #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moog.blog3.fc2.com/tb.php/296-8f647e54
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。