Happy KARATE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

五日目:早朝、カオソーイ

朝早く目が覚めたので、シーサワンウォン通りを散歩することにする。シーサワンウォン通りはルアンパバンの目抜き通りで一番にぎやかなところだ。ここに寺院もお店も集中している。

まずは地球の歩き方に乗っている、「午前中で売り切れご免」とかいうカオソーイ屋を探しにいく。
カオソーイはラオスの中でもここルアンパバンでの名物らしい。
きしめんのような麺にピリ辛の肉みそが乗っているという代物だそうな。これを聞いただけでもうまそうだ。

シーサワンウォンをずーっと歩いていくとはずれの方にその店を発見。どうでもいいがタイと同様、ここラオスでも英語が通じることはそれほどない。
「カオソーイ」
と言って指を一本立てる。
一応理解してもらったようだ。
いすに腰掛けて待つ。
待っていると、さらに山盛りの草。周りで現地の人が食べているのを見ていると、これを麺に入れて食べるらしい。
少しちぎってみると、香草類みたい。
レモングラスとパクチーは識別できたが、そのほかにもいろいろ皿に盛ってある。

しばらく待って麺が到着。皿に盛ってある香草をちぎって無造作に麺に入れて食べる。
うまい。
ものを食うたび感想がうまいでは語彙が貧困だと言われそうだが、うまいんだもん。
美味しんぼ風に書くと、魚介系のあっさりスープに浸かった麺を口に含むと、まず香草の香りが広がり、次にすだちの爽快感が駆け抜ける。間を置いて今度は肉みそのしっかりとした味わいが深いコクを添える、っていうところか。

DSCN0470.jpg



宿に戻ってシャワーを浴びると、荷物をまとめる。
今日は宿を変えようと思っている。
ここも悪くはないが、一階で窓はなく長期滞在するにはちょっと厳しい。気分的に。
もっともCold River G.H.が快適である保証はどこにもないのだが、一応気になっているので行くだけ行ってみよう。

スポンサーサイト
  1. 2005/08/09(火) 23:11:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<五日目:Cold River G.H. → プーシー | ホーム | 四日目:ルアンパバンでの初夜>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moog.blog3.fc2.com/tb.php/294-67e24055
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。