Happy KARATE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

二日目:ラオス到着

朝4時に起きる。30分で支度をして外に出る。ホテルのおばさんに朝起こしにきてくれるよう頼んでおいたが結局来ず。なんだそんなもんか。

タクシーを拾って空港へ。8時20分のフライトなので時間には余裕があるはずだ。昨日はエアポートタクシーを拾ったが今日は普通に流しのタクシーである。

5時空港到着。
チェックインが始まろうかというところだったのでとりあえず並ぶ。ヴィエンチャン行きはそう多くはなさそうだ。チェックインを済ませるとタイ航空のラウンジへ。
前にも書いたけど、バックパック背負って貧乏旅行のツラしてExecutive Loungeとか利用するのはうれしい反面、結構こっぱずかしい。ま、会社の出張でためたマイルなので優越感とかはあんまりない。

ラウンジではとりあえず無線LANが使えたのでパソコンを取り出してちょっと調べものをしたり、日記を書いたり。
タイ航空のラウンジは飯が充実していてついつい食べ過ぎてしまう。

7時45分搭乗開始。
1時間くらいのフライトなので、席はどこでもいいが一応通路側にしておいた。
離陸を待っていると、日本人女性と黒人女性が連れ立って乗ってきた。黒人女性のほうはウーピーゴールドバーグか、バグダッドカフェに出てきたおばさんみたいな結構かっぷくのいい感じの人だ。
日本人女性が僕のとなり、黒人女性が前の席の窓際(つまりふたりとも窓際)に座る。黒人女性がたまにうしろを振り返り日本人女性と話したりしている。と、黒人女性がこちらを見て、
「Could you change the seats?」
とか言ってくる。えーせっかく通路側とったのになー。それにあんたのとなりはごつい白人男性じゃないか。一時間くらいおとなしく窓際で座ってろよ。などと逡巡していると、
「Say yes, or no!」
とか抜かしやがる。なんて偉そうなんだ。だいたい俺のとなりに座ってる日本人の女子もこういうとき、なんかフォローしろよ。
こんなとこであんまり揉めたくないので、席を変わってやったが
日本人女子と目を合わせて喜んでるだけで、何も俺にはいいやがらん。Thank you ぐらい言えないのか? それを黙って見ている日本人女子もだ。ちょっと英語話せるからって、こんなときだけ「私は普通の日本人とは違う」的澄まし顔でしかとこいてんじゃねーぞ。

と、軽くボルテージがあがったところで離陸。結局うとうとして起きたらヴィエンチャンに到着。
ラオスはビザが必要だが、空港で取得可能。
顔写真は成田でとっておいたし、さらに昨日バンコクで切り取っておいた。ノリは日本から持参。なんて準備がいいんだ。
フォームの記入に手間取ったせいで、結構待たされる。
30$払ってようやくVISAが降りる。ま、はんこがおしてあるだけだが。

Passport Control を通過して、いよいよラオスに足を踏み入れる。




スポンサーサイト
  1. 2005/08/06(土) 14:16:43|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<二日目:バンビエンへ | ホーム | 旅行、日本人、コンプレックス>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moog.blog3.fc2.com/tb.php/288-ef03015a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。