Happy KARATE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

一日目:バンコク、カオサンへ

さて、一日目のバンコクである。

ああ、今回タイ航空できたのだけれど、機内食は写真のような感じ。
DSCN0414.jpg


16時にバンコクのドンムアン空港を降り立つ。こんな時間からどうするか。

とりあえずカオサンに向かおうと駅に降りてインフォメーションのお姉さんに行き方とかを訪ねる。
タイのガイドブック持ってくれば、空港からカオサンへの行き方に頭を悩ますことはなかったのだろうが、手元にないので聞くしかない。
タクシー(普通のやつ)か、エアポートタクシーか、エアポートバスでいくしかなさそうだ。
このほかにローカルバスもあるようだけども敷居が高そうなので今回はパスする。
金銭的に一番手頃なエアポートバスのチケット売り場を探す。
カオサンに行きたいのだがと告げると、
「次のバスは20:20だよん。めんご」
と言われた。今16時だ。さすがに待てない。
とりあえずいくつかエアポートタクシーのカウンターを回って(って4つくらいだけども)、最安値600バーツ(これでもずいぶん高い気がする)のタクシーに決める。

金曜日の夜は渋滞するようで、実際、みてみるとほとんど車が動いていない交差点とかもある。
「Toll Wayで行ってもいいか?今日は混んでるから。ねっ? 」
と運転手に言われた。Toll Wayだと2時間半かかるところが1時間で到着するとのことだったので許可。別に60バーツだけどもこれは純粋に料金所の兄ちゃんに払う分なのでまあよしとしよう。

まあなんとか18時頃、カオサンに到着。
前にきたのは2年前。なのであんまり雰囲気は変わってないけども、地元の人の割合が増えてたり、やはりというべきか、Starbucks が出来てたり、それなりにたくましく変わっておりました。
DSCN0416.jpg

スポンサーサイト
  1. 2005/08/05(金) 21:40:56|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3
<<一日目:バンコクで食う | ホーム | 一日目:成田への道>>

コメント

>「次のバスは20:20だよん。めんご」

ついに来たか、世界共通語、DAYON、MENGO。
日本もようやく世界の仲間入りしたってことだな。
他にも世界共通語となった日本語っていっぱいあるもんだ。
ざっと調べたところ・・・

「TSUNAMI」ニュースでおなじみだね。
「OTAKU」向こうではポジティブな意味だ。
「MANGA」日本のマンガはコミックとは言わない。
「ANIME」アニメーションは英語だが、日本製のアニメはANIME。
「SUKIYAKI」坂本九だな。
「BUKKAKE」この辺のスラングはムグのツボだろう。
「KEIGO」英語には敬語がないからな。
「YAKUZA」アメリカはマフィアだからな。
「KOBAN」アメリカには交番はないからな。
「KARAOKE」日本発祥だな。
「HENTAI」これは、「変態」の意味じゃなくて、エロゲーとかエロアニメのことだ。
「SATORI」こういう宗教系とか、江戸時代系のはいっぱいあるな。サムライとか。
「MOJIBAKE」日本語でよくある現象だ。
「SERAFUKU」セーラー服のことだ。セーラームーンか何かで流行ったのだろうか?それともエロビデオ?
「POKEMON」ポケットモンスターだとスラングでチンポの意味になるからな。ちなみに発音は「ポケモン」じゃなくて「パキマン」だ。
「PIKACHU」ピカチューは日本の子供たちに怪電波を送った怖いやつだな。ピカチューと発音すると、「peek at you」と聞こえるらしい。だから、英語圏内で「ピカチュー、ポケモン」と言うと、「あんたを覗いているぜ、チンポ」になるので注意だ。
「orz」これまで海外で使われているのには笑ったな(参照 http://10e.org/samcimg/orzcomic.gif)。

他にもたくさんあるが興味があればここ(http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_English_words_of_Japanese_origin)を見てくれ。

それにしても、画像が2つとも「こんナロー」になってるんだが・・・
  1. 2005/08/10(水) 03:28:34 |
  2. URL |
  3. k #F22A.tdY
  4. [ 編集]

そうだな。
MENGOは結構よく聞くよ、っていうのは冗談だけども、最初に海外で変な日本語を教えた日本人の罪は重い。

インドネシアの客引きは日本人を見るとよく「しゃっちょーっ!」って言うんだが、誰だよ、これ教えたのって感じだ。
なんか小ばかにされてる気がするもん「しゃっちょーさんっ」って。
「しゃっちょーって言ったら日本人の客がいっぱい釣れた」
っていうことになればうわさは広まって、みんな「しゃっちょー」っていうようになるからな。

カンボジアの物売りは、「おにいさーん、おねえさーん」が多い。これはかなり好感度が高い。
でも、まじめな顔した青年が、たばこを売りに来たんだけど、たばこを指差して「コレハ、タカイ! アナタ カウ! タカイ!
ヤスイジャナイ」と売り込みに来たときは笑った。教えるならちゃんと正しく日本語教えてやれよって感じ。

日本語リスト見たけども、最近だと「sudoku」はメディアでよく取り上げられてますね。
  1. 2005/08/10(水) 16:33:30 |
  2. URL |
  3. moog #-
  4. [ 編集]

>なんか小ばかにされてる気がするもん「しゃっちょーさんっ」って

俺、高校生の頃のあだ名が「社長」だったぜ・・・

>sudoku

数独みたいなやつ集めたパズル系の雑誌ってすごく売れてるよな。
俺の母親が毎月買ってて、たまに手伝わされるよ。
超巨大ナンクロとか景品がいいんだよ。
しかししょっちゅう応募してる割に景品が当たったことないようだ。
競争倍率高いんだろうね。
  1. 2005/08/10(水) 19:56:27 |
  2. URL |
  3. k #F22A.tdY
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moog.blog3.fc2.com/tb.php/285-19a73b82
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。