Happy KARATE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

生き方上手

背中に違和感がある。
3週間くらい前から。
膵臓のあたりか?

別に痛い訳ではなく、単になんか違和感がある、それだけなのだがどうしても気になるので今日病院に行ってきた。
ネットで会社の近所の内科を調べて出撃。

小さくて、薄汚い、そんな病院の待合室で順番を待つ。
待つと行っても患者は僕だけだ。大丈夫なのか不安になってくる。
すぐに名前を呼ばれて診察室に入る。

「おねがいしまー。。。」
おい、こんな爺さんに診てもらうのか?
推定95歳の老人が白衣で座っている。
引き返す訳には行かないし、覚悟を決めてすすめられるまま椅子に腰掛ける。

とりあえず症状を話すと、うなづきながら色々と質問してくる。
耳は遠くなさそう。滑舌もいい。ちょっと安心した。
そうだ、「生き方上手」の日野原先生だってもうかなりの高齢だっていうじゃないか。この先生も日野原先生みたいなベテランだって思えばいいんだ。
とりあえず、採血とレントゲンを行うという。

採血、まあ看護婦さんもいるし、あんまり心配しないでよさそうだ。
おぼつかない足取りで、レントゲンや、注射の準備をするお爺ちゃんを見ながらそんなことを考える。さすがにここまで高齢になると作業ごとは看護婦さんの手を借りることも多くなってくるだろう。

「じゃ、ちょっと血を採りますね」
え、お爺ちゃんが?看護婦さんじゃなくて? ああ、お爺ちゃんが血を採ってくれるのね? うん、そうそう確かに僕、腕の血管が分かりにくいって言われるけど。。。ん?右腕は難しいそうだから、左腕? わー、おっきい注射針だね!お爺ちゃん! そんな何度も左腕をアルコールでこすらないと血管がどこにあるか分かんないかい? ちくっとする?分かったそのくらいは我慢するよ。我慢するけど、その震えて狙いの定まらない注射器を持ったおててはなんとかならないかなー。あ、刺しちゃった。なんかお爺ちゃん痛いよ? あれれ、注射器の中に全然血が入っていかないよ? あ、ちょっとだけ入った。ああ、だめだめ、血があんまり吸い上げられないからって腕に刺した針をあんまりごりごり動かさないでよー。痛いよー。あ、抜いちゃった。ほとんど血が吸い上げられてないよ?

「今度は右腕で血を採りましょう」
えー、さっきの左手は何だったの?今度はってさー、失敗だったんでしょ?お爺ちゃんっ!右も同じくらい血管が分かりにくいぞー、どこだか分かるかなーお爺ちゃん。またそんなに震えてー。あ、刺しやがったな。今度は何の前触れもなく。おお、一応吸い上がってるみたいだ。最初から右腕でやってくれれば良かったんだよ。
で、さっきの左腕はなんだったの?答えてよっ!お爺ちゃん。

その後おしっことレントゲン。
レントゲンはさすがに問題なかったけど、すごい旧型らしい機械で少しびっくり。

なんか、日野原先生とはやっぱり違うよー。お爺ちゃん、悪い人じゃないけど、日野原先生のパチもんみたいだよー。4100円の診察料金を払って病院を出ようとする。
正面の壁に、地元の地域医療に貢献したことについての表彰状が飾ってある。うん、まあキャリアは長いだろうし、地域に根ざしたお医者さんなんだってことだが分かる。
あ、表彰状にお爺ちゃんの名前が書いてある。名字は。。。

「志野原」

だめだよー。そんなところまでパク。。。







スポンサーサイト
  1. 2005/07/04(月) 23:59:15|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
<<病院再び | ホーム | 貴乃花>>

コメント

病院はネタに尽きないところだね。
ムグの文章読んでたら、志村けんの「あんだって?」の年寄りの医者を思い出したよ。
あ~、ドリフのDVD欲しい!!(高いんだよね。1万円くらいする)
  1. 2005/07/07(木) 10:31:31 |
  2. URL |
  3. k #F22A.tdY
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moog.blog3.fc2.com/tb.php/254-4636819f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。