Happy KARATE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

同志と喰らう晩飯

最近、友人から
「大して面白くもない日記をオープンなインターネットに公開するなんて」とお褒めの言葉を頂いた僕ですが、同じく駄文を臆面もなくネットに公開している友人のtokobayashiが東京に来たので、一緒に飯を食った。

駄文仲間の集いとでも呼んだらいい。

相手はどう思ってるか分からんが、なぜか僕はtokobayashiが好きだ。tokobayashiのためなら裕木奈江と寝ることだって出来る。
せっかく京都から来るというので、昼間のうちに「世界の山ちゃん 新大久保2号店」を予約しておいた。

ちなみに名古屋では超有名なこの世界の山ちゃん、東京にもいくつか店舗があるので、予約の際に一通り電話してみたが、新大久保2号店でカウンターの席が辛うじてとれただけ。ほかは予約でいっぱい。
新宿店に至っては、「19時30分から予約をお願いしたいんですが」という僕に、「22時30分以降でしたらご案内できます」という始末。どこの誰が3時間も宴の開始を遅らせることを承知するというのだ。

話は盛り上がった。
まあ盛り上がったというだけで、特段語ることはないですが。
なんていうか、友人というより同志という感じ。
大学1年の時は、「こいつとは相容れない」と思ったんだけど。
今は「こいつのためなら、安藤美姫とデートだって出来る」と思うくらいだ。

山ちゃんを出た後、ルノアールでお茶。
起業の話とかいろいろ。
僕は社長ってたまじゃない。tokobayashiもそうじゃない。
副社長タイプばかりだ。僕らの周りは。副社長が多すぎる。

結局別れたのが23時。
やはり気心知れている友人と会うのは楽しい。






スポンサーサイト
  1. 2005/06/16(木) 01:20:16|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7
<<トイレで許されること、許されないこと | ホーム | 霊験(ききめ)>>

コメント

俺もtokobayashiのためにだったら、栗山千明とバトルロワイアルごっこ出来るぜ!
「あたしの全存在をかけて、アンタを否定してあげる!!」
股間ナイフで、ザクザクザク!
あ、やっぱ、無理だわ。

>副社長タイプばかりだ。僕らの周りは。副社長が多すぎる。

俺も副社長タイプだったのか。
自分では次期係長タイプだと思ってたんだが・・・

っていうかtokobayashiは何をしに来たのでしょうか?
  1. 2005/06/16(木) 08:42:03 |
  2. URL |
  3. k #F22A.tdY
  4. [ 編集]

>俺も副社長タイプだったのか。

周りが副社長タイプだって話になって、
「本当に社長タイプっていないのかな?」
「アイは?」
(二人声を揃えて)
「絶対無理!」
アイには一人で何か創造して成功して欲しいね。なんか会社でのポジションていうか、肩書きが似合わないもん。

tokobayashiは研修で東京に来たらしい。
新大久保はサブカル好きにはたまらない場所なので、新大久保で改札を出た瞬間、ドーパミンを噴射しまくってたよ。
  1. 2005/06/16(木) 09:42:56 |
  2. URL |
  3. moog #VPyoe7.2
  4. [ 編集]

>なんか会社でのポジションていうか、肩書きが似合わないもん

会社どころか社会のポジションすらないからな。
さすがに俺もそろそろポジションを作らないと居心地が悪い。
売れない頃の爆笑問題の太田が、家でファミコンばっかりやってた時のような気分だ。
なんかねーかな、俺に合った生き方。
  1. 2005/06/16(木) 14:08:23 |
  2. URL |
  3. k #F22A.tdY
  4. [ 編集]

社会でのポジションか。

社会でのポジションなんて薄っぺらい物だぜ。
アイも書いていたけど、「働いている方が偉い」っていう価値観は単に価値観。ひょっとすると真理ではないのかもしれないし。社会でのマジョリティが労働者ってだけでさ。

アイにあった生き方かぁ。教えてやりたいが、あいにく俺も自分にあった生き方を模索中だ。
  1. 2005/06/17(金) 00:24:41 |
  2. URL |
  3. moog #VPyoe7.2
  4. [ 編集]

俺も模索中なんだけど、とりあえずの目標は文章が上手くなることだな。
もう別に生き方とかそんなんじゃなくて、当面の課題。
うんこさんが「サウスパーク」で英会話勉強してるようなもんかな?
俺の場合、英語より先に日本語を使いこなせねば、という思いが強いようだ。
日本語のマスター。
そこから始めないとな。
  1. 2005/06/17(金) 02:18:31 |
  2. URL |
  3. k #F22A.tdY
  4. [ 編集]

サブカルパソ屋のtokobayashiっス
おれもmoogのためならうんこサンドイッチをバンドメンバーに迎えるなんて朝飯前だぜ。

まあ、話してたことといえばほとんど友人ネタやったね。
「ビッグマフは結婚するのか」とか「アイって昔はビートルズを激しく否定してたよな」とか「ハダヘンの店はいつになったらできるのか」とか「うんこサンドイッチの打たれ強さは会社で通用するだろうか」とか

楽しかったっス
  1. 2005/06/18(土) 01:17:05 |
  2. URL |
  3. tokobayashi #-
  4. [ 編集]

>「アイって昔はビートルズを激しく否定してたよな」

ああ、その言葉で、最近忘れかけていた何かを思い出せたよ。
マジで。
ちょっと語らせてくれ。

あの頃はビートルズ信仰に対する怒りが創作活動の原動力になってた。
ビートルズの音楽自体は嫌いじゃなかったけど、ビートルズの他にも聴くものはあるし、自分の価値観を持ってるつもりだったから、俺もオノヨーコと一緒でビートルズの価値がいまいち分らなかった。
ビートルズよりレッチリの方がかっこいいなんて意味のない比較を口に出したりしてた時期もあったしね。
けどそれはそれで当時の俺にとっての真理なんだよな。
ビートルズを認めだしたのは、時間軸や地域性やジャンルにそこまで捕らわれずに広く浅くを実行しつつも、同時に狭く深くを実行できることに気付いたからなんだと思う。
ビートルズを軸に深く聞き込んだり研究したりしながら、流行のチェックも出来る。
ビートルズの音楽のルーツ、時代背景、録音技術など、ひとつのことに絞って徹底的に研究するとそれが自分の軸となって、一般的なものの見方が容易になっていく。
応用が利くってことだね。
ひとつのことを深く知る能力があれば、別の新しいものも短時間で深く知ることが出来る。

愛と憎しみは背中合わせだ。
とことん愛すれば憎しみが生まれ、とことん憎めば愛が生まれる。
ビートルズは物心ついた頃から自然に耳に入るようなものだったから、大人になって聴くようなもんじゃないと思ってた。
ビートルズ信仰にも嫌悪感があった。
それがビートルズに対する憎しみとなり、その憎しみの正当性を証明するために様々なロジックを使ったんだと思う。
その憎しみが愛に変わった瞬間のことは覚えてないけど、ふとしたきっかけで、あっさり愛憎逆転した。
愛も憎しみもその対象への興味を持ち続けていると言う点では同じだから、逆転するのは一瞬の出来事だ。

今の俺に足りないのはそういう憎しみの感情だとつくづく感じる。
憎しみや否定の感情を持つことを恐れ、諦めたり受け流したりしている。
当時は、下らない相手や受け流してもいいような相手じゃなくて、張り合い甲斐のある自分を高めてくれる相手を欲しがっていた。
そういう意味では、俺の選んだビートルズは戦う相手としては最強の敵だったわけだ。
徹底して否定して、やっぱり認めざるを得ない部分を見つけたとき、本当の意味で相手を認められる。

音楽やめてから俺は、なあなあな性格になってしまった。
もうどうでもいいやって。
病気のせいもあるけど。
最近情熱が戻りつつあるのは、日記を付け始めたからだろう。
また皮肉に取られるかもしれないが、日記を公開することによって、人様に読ませられる文章を書きたいって言う欲求が生まれてきた。
今は人の日記を読んでも、対抗意識や不快感などは何も感じないが、昔の自分だったら、この人はなんでこんな下らないこと書いてるんだろう?と疑問に思っていただろう。
そしてその疑問が怒りに変わり、俺だったらこうする、という実行に繋がっていたんだと思う。

その実行のための原動力がなくなっていた。
だからといって急に人を意識しだしても今のままじゃ空振りするだけなんで、当分は自分の中で実力を溜める時期なんだと思ってる。
張り合う相手が欲しいと言うのは、自分に自信がある傲慢な言い方だ。
今はそんな自信はない。
ただ、自分を磨くことによって、人に張り合いたいと思わせるような人間に自然となれたらいいと思う。
  1. 2005/06/19(日) 02:02:01 |
  2. URL |
  3. k #F22A.tdY
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moog.blog3.fc2.com/tb.php/232-40d8bfd5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。