Happy KARATE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

百科事典

ガリ勉君を揶揄する時に、「あいつの趣味は百科事典を読む事だから」などという言い方をすることがある。
趣味といっていいか分からないけれど、僕は小学校の時、百科事典を読むのが大好きだった。

保育園の時から、母親に何でも聞いていた。
「~ってどういういみなの?」
「~ってなあに?」
時に、日本語の用法だったり、物の名前だったり、あるいは人の名前だったりしたけれど、母親は(今から考えると)かなり多くの質問に的確に答えてくれていたような気がする。母親が答えてくれない質問もあったが、その殆どは子供に教えるのは相応しくないと母が判断したもので(例えば『せっくすってなあに?』)、そういう質問に対しては、決まって「大人になればわかる」とだけ言われた。

なぜ小学校にあがる前の記憶がそんなに確かなのか。
小学校入学を控えて、母と離れるのは不安だった。
「おかあさんとはいっしょじゃないの?」
「そうよ、学校でお友達と一緒にお勉強するのよ」
母と離れるのは心情的に寂しかったというのもあったけれど、自分の質問に対する回答者がいなくなるのが不安だった。
「ききたいことがあったらどうするの?」
「そのための学校なのよ。先生に聞けば何でも教えてくれるのよ」
この言葉で気分が晴れやかになったのを今でも覚えている。

(なんでもせんせいにきけるんだ! おかあさんがいつも「おとなになったら」っていっておしえてくれないことも、わかるんだ!)

実際にはセックスについての質問をしたことはなかったけれど、どちらにしても興味をもったことや、疑問におもったことは先生が答えてくれる、小学校は僕にとってそういう楽しい場だった。

そんなある日、仕事熱心でそれほど子煩悩でもない親父が、
「おい、お前百科事典ほしいか?」
と言う。父は骨董が趣味で古物屋巡りをしている中、偶然発見したらしい。
「うん」
と答えると一言、
「ちゃんと家まで持って帰るんだぞ」

当時、家庭はそれほど裕福でもなかったし、買い物に行った時の荷物は一つ残らず持つのが僕の役目だった。だから百科事典を持つのもそれほど大変な事だとは思わなかった。

後日、古本屋に父といき、百科事典を購入。確か全部で8冊くらい。当たり前だが重い。僕が7歳か8歳くらいの時だから、24、5年前で確か1500円くらいだったような気がする。
持ってきていたリュックと手提げ袋にわけて全ての百科事典を持ち家路につく。確かに重いのは重い。が、辛いという記憶はあまりない。むしろわくわくしながら帰ったのを覚えている。

小学校、いや中学卒業まではこの百科事典に相当お世話になった。
今のようにインターネットやコンピュータも普及していない時代。
暇な時にいろんな項目を眺めたり、学校の宿題を片付けるときの調べものに使ったり。

今はインターネットが普及し、調べたい事はなんでも分かる。昔は「Zippoのかっこいい開け方」を調べようと思ったら莫大な時間と労力が必要だった。今なら一瞬だ。
すごい時代になったと思う。

スポンサーサイト
  1. 2005/06/06(月) 23:33:40|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3
<<奥の手 | ホーム | 外来語すぐ反応する>>

コメント

俺は幼少時、親に初めて買ってもらった本が「サバイバル入門」って本だった気がする。

実用的なアウトドア生活の知識。
動物の仕留め方。
食べれるキノコと食べれないキノコ。
襲われたときの対処法。
簡単に人を殺す方法。

なんか、そんな本だったな。
もうなくしちゃったけど。
田舎生まれなんで、山や川や海で遊ぶときに必要な知識として、そんな本を欲しがったんだろうが、今思うと、都会のホームレスにこそ読んで欲しい本だな。
  1. 2005/06/07(火) 00:50:04 |
  2. URL |
  3. k #F22A.tdY
  4. [ 編集]

アウトドア生活の知恵か。
俺も図書館でそういう本見つけるとよく借りて読んでた。あと小学校の時は親父と休日山登りとかしてたので、山菜のガイドブックとかきのこのガイドブックとか読んでた。

そこで覚えた無駄知識、
「毒キノコは食べるとうまい」

何か、確かベニテングダケとかワライダケの毒成分の組成が、うまみ成分のあるアミノ酸の組成とそっくりらしい。

まあ、いくらうまいって言われても死ぬと分かってて食えないけれども。

あと、俺はあんまり興味なかったけど、つげなんとかって人の、「グリーンベレー」はむちゃくちゃはやってたな。これはどっちかっていうと護身術とか殺人系とかだと思うけど。
  1. 2005/06/07(火) 22:41:13 |
  2. URL |
  3. moog #VPyoe7.2
  4. [ 編集]

「ザ・殺人術」(http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4807402110/249-0891616-2295521)もベストセラ-になったね。
俺の知り合いでほとんど話さず何を考えてるか分らない奴が、ミリタリー系の雑誌とか、「ザ・殺人術」見たいな本を立ち読みしてるの見て、あいつには近寄らんでおこうと思った経験がある。
  1. 2005/06/08(水) 07:25:01 |
  2. URL |
  3. k #F22A.tdY
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moog.blog3.fc2.com/tb.php/219-ecc88b23
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。