Happy KARATE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ラブレター

ラブレターを書いた。

いや、ラブレターというと大げさだけれども。
伏線は張っておいた。うちの部にストックしてあるお菓子をその女の子が所属する部署の男の先輩に持っていく。そしてしらじらしく、その女の子に渡す。そんなことを2度ほど。
ガキくせー。ええ、ガキですよ。どうせ。

で、今日は「先日はお菓子を食べていただきありがとうございました」っていうメール。誰がなんと言おうとこれはラブレターですっ!

正直言うと、別にその女の子とどうなりたいとかって別にないのだ。お話ししてみたいのは事実だけれど。
そして、何より、人生つねにそういう刺激が必要なのだ。

メールを出した後、いろんな妄想をしましたよ。
ー朝起きると、横で朝子が眠そうな目をこすっている。
朝子はなぜか左の乳房が大きくパジャマから乳房が飛び出てしまう。
「おい朝子、ほら、ちゃんとおっぱいしまえよ」
「あはは、いいのいいの。moogの前なんだし。それにこれが俺流なの。moogも俺流だろ?」

妄想から醒めると、その女の子(別に朝子って名前じゃないけど)から返事が!

「先日はお菓子をありがとうございました。とってもおいしかったです。でもこれからはわざわざ気を遣ってお菓子をもってきていただかなくても結構です」

スポンサーサイト
  1. 2005/05/25(水) 00:46:55|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5
<<ブログの本 | ホーム | 馬鹿になる>>

コメント

いい青春してますなー。

オチの「結構です」には笑った。

俺はラブレターを出した事がない。
書いた事はあるのだが、長篇大作になって、書き終えた時にはラブレターの出来に満足して、その子への情熱が無くなっちゃってるんだよな。
自己完結。

全く逆の場合だと、ぼけーっとしてる時に、ふと告白したくなって、相手に電話して「好きです。付き合って下さい」と直球なこと言って、「え、冗談でしょ」と言われ、「うん。冗談。じゃあね」と言って電話を切ったことがある。

青春って無軌道だよな。
  1. 2005/05/25(水) 15:47:58 |
  2. URL |
  3. k #F22A.tdY
  4. [ 編集]

僕はラブレターを送ったことも、書いたこともないのですが
そのことが「人としてどーなんだろか?」「自分が不完全なのはそのことが原因では?」
との思いがあり(ホンマはそれほど深刻やないけど)
けっこう他人に「ラブレターを書いたことがあるか?」という質問をします。
この辺りでは質問したことがなかったかも・・・
(ただ、大事なことは「ラブレターをもらったことがあるか?」という質問はけっしてしない、ということです)
結果は僕の予想を大きく上回ってて、だいたい半分ぐらいの人が「ある」と答えてくれます。
僕の知らない間にそんなにも多くのラブレターが飛び交っていたとは・・・・
  1. 2005/05/25(水) 20:13:48 |
  2. URL |
  3. うんサンド #-
  4. [ 編集]

みんな真面目にコメントしてくれてるのは、僕が本気で落ち込んでるんじゃないかって心配してくれているからだろうか、それともたまたま文章が長くなってしまっただけだろうか。
どちらにしても僕はそんなには落ち込んでいません。いざとなれば裕木奈江と空想の中でイケナイことをすればいいわけで。


>長篇大作になって、書き終えた時にはラブレターの出来に満足して、その子への情熱が無くなっちゃってるんだよな。

はは。でもなんとなく分かる。アイのラブレターは気合い入ってるんだろうね。起承転結、序破急、スイヘーリーベーボクノフネと盛りだくさんなんだろうな、きっと。
で、最後に「犯人はあなたです。シェパード医師!」でしょ?
そんなラブレターなら俺が読みたいくらいだ。
(足立区 42歳 作家志望)


>自分が不完全なのはそのことが原因では?

その通り、うんこさんが不完全なのはラブレターを書いた事がないことが原因。どんな文章でもとりあえず書いてみる事をお薦めする。ゼウスなみに完全になれるから。
例えば、
「ワカさん、うんこをする時はあなたの事ばかり考えてしまいます。そしてこう思うのです。僕のうんこの本質は「うんこのイデア」、わかさんのうんこの本質も「うんこのイデア」、二人のうんこの本質はともにイデア界に存在するのですよ!」

なんか面倒になってきたのでこのへんで。
  1. 2005/05/25(水) 22:00:27 |
  2. URL |
  3. moog #VPyoe7.2
  4. [ 編集]

関係ないけど、高校のとき講師で来ていた先生。
「僕は、毎日詩を大学ノートに書き溜めて、そして歌にしてカセットテープに吹き込んで、好きな子に渡したんだ。(詳細説明あり)それなのに、振られた。」そして、「上を向いて歩こう」の自己ロック風アレンジバージョンを一人で歌って暴れて去っていった。
みんなの感想:そんな歌渡されたら振るわ...

ちなみに、その先生は、ロックとはかけ離れたゴツイ雰囲気の人で、字も汚かった。大学ノーとびっしりの歌詞...渡された彼女は読んだのかなぁ。

龍之介の「文ちゃん、」と始まるラブレターみたいなの、ちょっともらってみたい、Mでした。
  1. 2005/05/26(木) 00:06:28 |
  2. URL |
  3. M #7A65yGSE
  4. [ 編集]

>それなのに、振られた。

「それなのに」という言葉に込められた、思い上がった感じがいいですよね。盲目の聖職者にありがちな発言。すまん、俺学校の先生嫌いなの。
  1. 2005/05/26(木) 01:32:05 |
  2. URL |
  3. moog #VPyoe7.2
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moog.blog3.fc2.com/tb.php/208-98bec102
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。