Happy KARATE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

読みかけの本

今読んでいるのが、宮部みゆきの「理由」

これ、実は前に読んだことがあるらしい。
らしいというのは、前回読んだ時に、最後まで読んだのかどうか自信がないからだ。
今、200ページくらい(全体の約半分)まで来たが、少なくともここまでは以前も読んだ記憶がある。

途中まで読んで放置している本の扱いにいつも困る。

まず、本の一行目を読んで、「あ、これ前読んだ」と思ったとする。
で、最後のほうのページをちらりとめくって(推理小説なんかで種明かしが書いていないとも限らないのであくまでちらりと)、「あ、でもこれ、最後までは読んでない」ことを悟る。
で、記憶を頼りに、どこまで選んだのか突き止めようとするけれど、大抵うまくいかない。首尾よくうまくいっても、あるいはしおりが挟んであったりして、どこで放棄したのか明らかになったといても、いきなりそこから読む気になれない。最初のほうなんて覚えてないんだから。

そうなると、その本を読むのをあきらめるか、最初から読むかしかないのだが、せっかく買った本を読まないのも馬鹿馬鹿しいので、結局読むはめになる。
結局読むはめになるのだが、前に読んだところをもう一度読まされるのはどうも気分がよくない。「もう、それ読んだよ」とか毒づきながら読み進める。自分が悪いのでどうしようもないんだが。
宮部みゆきは嫌いではないけれど、ディテールとか、人物描写とか、心理描写の細部を丁寧に描こうとする傾向があるので、今日みたいに200ページ読んで、まだ読んでないところが出てきてない事実に、ちょっと発狂しそうになりました。

スポンサーサイト
  1. 2005/05/04(水) 22:31:41|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
<<ランカウィ3日目・さわやかなカップル | ホーム | ランカウィ2日目>>

コメント

前々回、法月綸太郎は何故か俺にはあわないとコメントしたが、宮部みゆきも何故か俺にあわない。

なんでだろ?
  1. 2005/05/05(木) 00:50:06 |
  2. URL |
  3. k from i(アイ) #F22A.tdY
  4. [ 編集]

宮部みゆき、文章は決して読みやすくないからね。
批判的に見ると、人物描写とか心理描写も、「そこまで必要か?」 「So What?」と思うことも多い。
でも火の車とか、RPGとかそこそこ面白かったような気がするよ。

ちなみに、この「理由」全630ページを読破して、最後これ前読んだことあるって気づいた。俺の4時間返せ!

この本はいまいちだったな。
一つの事件に関わるかなり多くの人々を、ドキュメンタリーっぽい手法で、かなり細かく描いていて(普通はそれほど描写されない、近所のおばさんBみたいな人に至るまで)、それはそれで斬新な試みだと思うけど、そのせいで、物語としての面白さがあんまり伝わってこなかった。
  1. 2005/05/05(木) 19:20:50 |
  2. URL |
  3. moog #-
  4. [ 編集]

>火の車

「火車」だよ。

宮部みゆきの本は確かに面白いし、凄いのは理性では分かるんだけど、
俺が本能的に求めているものを満たしてくれないんだろうね。

だから読んでる時は、興奮せず、クールに客観的に読んでしまう。
俺は正統から外れたアッパー系が好きなのかも。
  1. 2005/05/05(木) 20:47:37 |
  2. URL |
  3. k from i(アイ) #F22A.tdY
  4. [ 編集]

そそ。>火車
言い訳するわけじゃないけど、かしゃ じゃ一発で変換できんくて、
そのままほったらかしにしてた。
  1. 2005/05/06(金) 21:00:57 |
  2. URL |
  3. moog #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moog.blog3.fc2.com/tb.php/177-4b38a0f0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。