Happy KARATE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

海、舞城

7時に起床してスナック菓子を食べて二度寝。結局8:30起床。
今日の予定は特に決まってない。まず部屋で、読みかけだった舞城王太郎の「煙か土か食い物」を読む。

以下3行ほど軽くネタばれ
疾走感のある文体、ふんだんに盛り込まれたネタ、申し分ない。
読み終わってもなかなかの充実感。ただなー、終盤にア○○ラムのネタとか持ってくるのはいいけど、なんかとってつけた感あり。
あとさー、どらえもんはどうなったんだよ、などとやや食い散らかしって印象はぬぐえないような気がする。ただ、ほかの作品も読んでみたい。

11時頃、ビーチへ。
ビーチそのものはそれほどきれいではない。(海の透明度という意味において)。ただ、私の好きな白砂ビーチだ。
ビーチで寝ながら本を読もうと思ったのだが、ゲストハウスのすぐ前のビーチは現地の子どもが多く、かなりにぎやか。
ほかにビーチで寝ている人が一人もいないので、不安に思い、ちょっとビーチ沿いを歩いてみることに。
3分ほど歩くと、パークロイヤルホテル前に到着。
見ると、このホテル、有名リゾートホテルだけあって、ビーチに面したところに、芝生、ビーチチェア、プールあり。
もちろん宿泊客用のファシリティだと思うけれど、かまわずビーチから侵入し、ビーチチェアに寝転がる。かなり人が多いので多分誰も気づかないはず。

5分くらいしたところで、黒人の警備員が一言。
"Excuse me,sir, but are you staying this hotel?"
うーん、なんで分かったんだろう。あまりうそをつきとおす自信もなかったので、堂々と
"No"と答える。
追い出される。
もうけち臭いなー。

結局、ゲストハウス前のビーチに戻って読書。
ガイドブックを広げてみると、ペナンと並んでランカウィにビーチが紹介されている。ちょっと行ってみたくなり、ゲストハウスに戻り、宿の主に相談。どうやら、町からランカウィまでフェリーが出てるらしい。
所用時間2時間、片道40リンギット(1200円くらい)なので、とりあえず、予約してもらう。
3日出発。あすは2日だからあと1日ペナンのビーチですごすことになる。

ランカウィが気に入ればそこにしばらく滞在するし、そうでなければすぐに戻ってくる予定。








スポンサーサイト
  1. 2005/05/01(日) 20:24:52|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
<<Long Beach Cafe | ホーム | ペナン到着>>

コメント

>舞城王太郎の「煙か土か食い物」

もう大好きですっよ、俺は。
もう何年も前から「舞城王太郎布教活動」というのをやっているんですよ。
tokobayashiさんが教徒になってくれました。

それにしても海外旅行って楽しそうだね。
俺、行った事ないの。

行くとしたら、エジプトにピラミッドを見に行きたい。
俺にしてはベタな選択でしょ。
吉村作治、最高~!!
  1. 2005/05/01(日) 22:56:59 |
  2. URL |
  3. k from i(アイ) #F22A.tdY
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moog.blog3.fc2.com/tb.php/172-302876fb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。