Happy KARATE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Beatles?

The Beatles for Jazz Piano
The Beatles for Jazz Piano

Beatlesってどうなんでしょう。実は私は中学生の頃、父が持っていたBeatlesのCDをむさぼるように聴いていました。小さいときからピアノを習っていたのですが、初めてビートルズを聴いたときは、ピアノの教本にあるようないわゆる「クラッシック」とは全く違うジャンルの音楽だったのでかなり衝撃的でした。ま、そういうこともあって大学に進むとバンド活動に手を染めたりしてしまったわけですが。

話を戻して、ビートルズっていったとき「あ、なんかださい」って印象を持つ人が大半なのではないかという気がします。僕の中ではビートルズは上に書いたような理由で不可欠なもので、また大好きなんですが、「ださい」って感覚も同じように理解できます。実際、バンドなぞをやってたころは、「あ、ビートルズね」とちょっと馬鹿にしたような言動をどることもあったけど、心の中ではやっぱり好き。本当にビートルズが好きな人って、意外とこういうスタンスの人が多いのではないかと思います。経験則上。つまり、馬鹿にしつつもやはりビートルズに行き着いてしまうような、ちょっと斜に構えた感じ。

実はちょっとばかし、留学していたことがあるんですが、留学先でピアノのそばに置いてあったのが"The Beatles for Jazz Piano"って本。結構いい感じのJazzのアレンジで、留学先では暇を見つけて練習したりしてました。
この本、日本に帰るときは絶対持って帰ってやると誓っていたにも関わらず、忘れてしまいずっと気になっていました。で、今日ボーナスの使い途に想いを馳せていたとき、「そういえばあの本。。。」と気になったので、Amazonで検索したら見つけてしまいました。ボーナスと何の関係もないようですが、実はボーナスが出たら、キーボードなんかを買おうとしています。

なんか長くなっちゃったんですが、この本、Here There and Everywhere のアレンジが最高なんですよ。ビートルズの原曲はそれほど好きではないのですが。ちょっと斜に構えてみました。
スポンサーサイト
  1. 2004/06/29(火) 23:57:56|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<日記公開の意味 | ホーム | グーパス>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moog.blog3.fc2.com/tb.php/16-8ccdc4a7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。