Happy KARATE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

コンサルタントという仕事

コンサルタントという職種がある。
大嫌いだ。
実際は人によるのだろうが。
今まで接してきた中でまともな人がいない。主に接してきたのはシステム系の人たちだが。

だいたい格好のいいことばかり言って、結果責任を負わない、あの仕事のスタイルが嫌いだ。
コンサルのいうことを聞いて失敗したケースは散々見てきたが、最終的には仕事を頼んだ方に責任をなすり付けてお金だけ持って去っていくケースが多い。
曰く、
「御社の中で、期日までにこれを決めていただいていれば。。。」
曰く、
「一見これは失敗しているかのように見えますが、長い目で見れば。。」

さらに、バカを啓蒙してるんだというあのスタンスも気に入らない。ま、確かに私はバカですが、コンサルタントで優秀な人もあまり見たことがない。
最近、「バカを啓蒙している、有能なコンサルタント」ぶるための言葉遣いやコツがいくつかあることを発見した。

・「逆にいうと。。。」「逆に~ですか?」
何でも逆にすればいいってもんじゃないと思うが、アイディアに乏しいコンサルほど、
「逆にぃー、御社はここのところをどのようにお考えですか」などといって時間を稼ぐ。
だいたい、逆にといっておきながら、全く逆になっていないことが大半である。

・「それって具体的にいうと。。。」
何でも具体的に言わせるなよ。お前は何でも噛み砕いて説明しないと分からないのかと言いたい。
で、お望み通り具体的に説明してやると、それに対しての批判。
詳細を聞いて、細部に突っ込みを入れるなんてバカでも出来る。
気分良さそうに、鼻の穴を膨らませながら話す人多し。

・「やはり」「やっぱり」
何でも前もって分かっていたかのように、「やっぱり」を多用する。

・「実は。。。」
これもコンサルに多い。試しに会話の中に「実は」をたくさん織り交ぜて友人と話してみるといい。その効果に驚くはずだ。
実際にはこの言葉は秘密の暴露や、真実を打ちあけるときにこそ使われるべき言葉だ。なのに、コンサルタント来たら「実は日本は海に囲まれているんです」レベルのことを平気で言う。

・「これはあくまで経験則ですが」
理屈で説き伏せられないと分かると、経験則を持ち出す。ただしこの技はある程度年配のコンサルタントでないと効果を発揮しない。

・「ぶっちゃけ」
お前は俺の連れかと言いたい。2、3回顔を合わせたくらいで馴れ馴れしく「ぶっちゃけ」られても困る。
これも理屈で説き伏せられない時の常套句だが、若いコンサルに多い。

・「~の定義はなんですか?」「~の定義を明確にしないと。。。」
何でもかんでも定義しようとするな。こういうコンサルは物事をすべて定義し終わるのに1年かかってギブアップってケースが多い。
いや、何かを定義づけるのは重要だけど、一方で社会通念ってものがあるわけで。ただ、上のように聞くと、なんかすごいこと言ってるような気になってくる。コンサルにとっては使い勝手のいい言葉だと思う。時間も稼げるし。

・絶対に謝らない。
コンサルタントの基本姿勢。どんなに自分たちに非があっても謝らない。


誠実で、優秀、リーズナブルに仕事を引き受けてくれるコンサルタント、そういう人はいないのだろうか。
スポンサーサイト
  1. 2005/04/14(木) 23:18:34|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
<<知人の文章 | ホーム | xoops myalbumの設定>>

コメント

ほんとです

いや,僕自身はコンサルトかそういう人に会う機会は全くないですが。
でも,間違いなく,最悪の業種です。
でも,人に相談したいってことかなぁ,みんな。
相談できるものならぼくもそうしたい。かも知れない。
  1. 2005/04/15(金) 01:42:47 |
  2. URL |
  3. たいぞ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moog.blog3.fc2.com/tb.php/142-58301c9a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。