Happy KARATE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

フランス人、有名人、東京

今日、仕事でフランス人と話をする機会があった。
これ自体はそれほど珍しい話ではない。
世の中に外国人はたくさんいる。
ただし、「井崎脩五郎に酷似しているフランス人」となると話は別だ。
今日、話をしたのがまさにそれだった。
外国人が日本の有名人に似ているのは何か妙な感じがした。

有名人。子供の頃、一度でいいから生で見てみたいと思っていた。
東京で生活をしている人にとってはさして貴重な体験ではないのかもしれない。渋谷や、新宿など、普段遊びに行っている街がテレビの中に映し出されるのだし。芸能人などもそれほど遠い存在という気がしないのではないかと思う。
一方、大阪では、知っている場所がテレビに登場しようものならそれこそ一大事だった。だから、「有名人を生で見る」ことにかなり幻想をいだいたのだ。きっと。

そんなわけで就職を機に東京で生活をするようになってから、密かに有名人に会うことを楽しみにしていた。もちろん、既に社会人なので、幼少の頃のような強い願望ではなかったけれど。
2ヶ月経って、ようやく渋谷で有名人に遭遇した。

天本英世。

当時、「平成教育委員会」で露出の機会も多かった人だ。
だが、なぜか心は晴れなかった。
背が高く、小洒落た格好をしていたのに。
2m弱の竿竹を肩に担ぎ、両端に風呂敷をぶら下げていたのが、僕の心を暗くした原因かもしれない。

が、しかしさすがは東京。もうしばらく生活すればいろんな有名人に会うんだろうと期待はふくらんだ。

3ヶ月後、友人と茗荷谷の焼き肉屋で、業界人らしき人と歓談する有名人を発見した。

デーブ・スペクターだった。

それ以来、有名人を目撃していない。

スポンサーサイト
  1. 2005/03/09(水) 23:32:54|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<明日は京都へ | ホーム | ひの木の猫砂>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moog.blog3.fc2.com/tb.php/118-3eb7adda
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。