Happy KARATE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

今更のよしもとばなな

2chの祭りも落ち着いてきたところみたいですが、よしもとばななのブログが
あらぬかたちで脚光を浴びましたね。
僕は彼女の作品を読んでいないので、作品について論評する資格はないですが、
しかしブログは酷すぎですね。

ま、ブログなんてものは愚痴が多くなりがちですが、内容についていえば彼女のブログは
品がなくほとんどが他人への愚痴。一応私も悪いですが(導入部1行)、あいつは酷い、
のろってやるとか低俗なものがほとんど。
まだ他社への批判も配慮とウィットに富んだものであれば面白く読めるんですけど。
ただただ不快。

賞をとらせるべきじゃなかったなんて話もあるようですが、少なくともあのブログを出版
するのはどうだったんでしょうかね。文章も下手、語彙も貧困、小学生が友達の悪口を
書いている、そんな風情です。

ちなみに以下が某掲示板などで張られていた彼女のエントリですね。

----

スーパー銭湯に刺青隠さずに入ろうとしたら止められた。潰れるように呪いをかけた。 2001.11.07
http://www.yoshimotobanana.com/cgi-bin/diary/diary.cgi?page=5&yy=2001&mm=11

後日談:友達なら止められた時に待ってくれるべきだろ、もうお前ら絶交な。2001.11.09
http://www.yoshimotobanana.com/cgi-bin/diary/diary.cgi?page=4&yy=2001&mm=11

新幹線で自分の子供が騒いでたら注意された。日本終わったな。 2006.07.07
http://www.yoshimotobanana.com/cgi-bin/diary/diary.cgi?page=5&yy=2006&mm=07

後日談:注意したのは榎木孝明のマネージャー、おめーだよ。覚えてるからな。2008.04.19
http://www.yoshimotobanana.com/diary/2008/04/index_3.html

最愛のボーイフレンドだと思ってたら二人ともお金目当てだった。2007.06.22
http://www.yoshimotobanana.com/cgi-bin/diary/diary.cgi?page=2&yy=2007&mm=06

開店5分前に店に入ろうとしたら怒られた。フランスみたい(論旨不明)。2009.02.23
http://www.yoshimotobanana.com/diary/2009/02/

39度の熱が出たので救急車呼んだら怒られた。クソババー。 2009.05.06
http://www.yoshimotobanana.com/diary/2009/05/index_5.html

運送業は自分の頭で考えない。生きがいを感じることのできない仕事。 2009.08.04
http://www.yoshimotobanana.com/diary/2009/08/

お椀やお箸はちゃんと持ちましょう。
http://www.youtube.com/watch?v=PVseh-2e53s&feature=related
スポンサーサイト
  1. 2009/09/04(金) 00:25:21|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

瀬底ビーチには行かなくてもいいです。

海が好きです。
海で読書をしたり、魚をみたり、海にうかんだり。
海外のビーチも多くはないけれどそれなりに見てきました。ハワイのワイケレも奇麗でしたし、
ワイキキビーチも俗っぽいなどと言われながら、白砂とそれほど汚れていない海で僕はとてもすきです。
で、日本に目をやるとやはり沖縄の海が好きです。波照間のビーチの美しさは忘れられませんが
本島でもよいビーチがたくさんあります。
とりわけ、ゴーグルひとつで魚がたくさん見える、ちょっと人に教えてくないビーチが本島に
ありました。それが瀬底ビーチでした。もっとも今は変わってしまいましたが。

瀬底ビーチを知るきっかけになったのは、9年ほど前、一人旅中に現地で知り合った友人が
「10年前、リゾートバイトで沖縄にきたけど、瀬底ビーチがだんとつで奇麗だった」
という一言です。それをきいて、じゃあ言ってみるかってことで車を借りて瀬底ビーチにいきました。
友人は10年ぶり、僕は初めていったわけですが、友人はさすがに
「この10年でやっぱりちょっと俗っぽくなってるな」
と言っていました。しかし僕に録っては本島でもダントツの水の透明度、浅瀬でおよく青や黄色の数多くの熱帯魚、餌付けするともうものすごい数で魚が寄ってきますし、生きたさんごもそこそこ生息していました。

先日沖縄に行く機会があり、瀬底ビーチを9年ぶりに訪れました。
実は事前に「瀬底ビーチはもう昔の瀬底ビーチではない」という噂は聞いていました。
去年沖縄にいく友人に「ビーチなら絶対瀬底ビーチ」と念を押して送り出したのですが
帰ってきた彼の顔のくらかったこと。
「あまりの商業主義っぷりに失望して、別のビーチにしました」
えー、そうなのか、と思いつつ、9年でそれほど変わるものだろうかと、先月自分でいってみました。

結論からいうと、
・日光浴を楽しみたい
・捨てたいお金をたくさんもっている
・お金をはらってでも珊瑚の死骸を見たい
・魚などは目をこらせば確認出来るくらいいれば十分
・シュノーケリングは考えてない
という方にはお勧めです。僕は二度と行かないと思います。

まず、ビーチまでの案内。車でいったのですが、ナビがあるので難なく
付近まで到着。その後は、路上の案内板をみて駐車場を目指します。
さて、駐車上は山道くだりの一本道です。かなりいったところにありました駐車場。
そこで初めて目にすることになります
「駐車料金1000円」
ちょっと不親切ですよね。路上に案内板出すならかいておいてくれればいいのに。
沖縄は観光が重要な産業であることは理解してますが、ちょっとあこぎじゃないでしょうか?ただののっぱらです。ちなみに9年前はただで停められました。
車社会の沖縄ですから駐車料金無料のところはやまほどあります。
しかもこの道、1000円払いたくないと思っても転回(Uターン)できないような道です。
いえ、実際は転回場所があるんですけどね。なんか意図的でアクドイですね。
本部町は何も指導とかしないんでしょうか。
もちろん、沖縄のビーチでお金がかかるところもそれなりにありますが、シャワーなどの管理料込の名目で500-1000円徴収するところが一般的です。

ま、この時点でかなり萎えたんですがとりあえず1000円払ってとめます。ただの野原です。繰り返しますが。管理人もいないし、屋根もない1000円の駐車場です。

気を取り直して、車をとめ、泳ぐ準備をしてビーチへ向かおうとするとなんと
「バス乗り場はこちら」
の看板。
え、ここからバス乗らせるの?もちろん9年前とは違います。
9年前はビーチにすぐそばに駐車できましたから。駐車してからバス。。。
バスっていってもただのワゴンで順番待ちです。どこまで殿様商売なんでしょうか。
ここまでくると「毒もくらわば皿まで」ってな心境でとりあえずワゴンに乗り込みます。

ワゴンを降りてもさらに5分ほど歩きます。なんなんでしょうか。
新種のトレーニングなんですか?これは。
やっとビーチに着いたと思ったら、ご丁寧にバイト君がたっていて
「ここは遊泳禁止外です。あちらへどうぞ」
とさらに暑いビーチを歩きます。ま、トレーニング好きの方にはいいビーチかもしれません。
案の定というか高額のパラソルが並んでます。僕はビーチテントもっているので人の視界を
さえぎらないよう慎重に場所決めして設営を開始。
半分出来たところでスタッフが登場。
「あのーテントは遊泳区域外でお願いします」
だったらどこかにそれ書いておいてほしいものです。しかも他には設営済みにビーチテントが
遊泳区域内にちらほら。
「あれはOKなの?」
と大人しめに主張すると、
「あちらの方にも注意はしてるんですけどねー。分かりました。パラソルの切れ目でじゃあお願いします」
というので妥協して、設営中のテント移動。めんどくさい。
移動した先で設営してると今度は別のスタッフが
「テントはNGです」
もうこの時点でうんざりです。相手に「スタッフからさっき許可を得たこと」を伝えると
「じゃあ、いいや」みたいな感じでさって行きました。
じゃあいいやじゃねーよ。お前らルール作るなら同じルール共有しとけよ、と悪態つきたく
なります。

といいつつ、「さかなのえさ=100円」なんて書いてあると、多少テンションはあがります。なんといっても今回は9年前にみたようなたくさんの魚をみたいですから。
なんとかテント設営を終えて海に飛び込む。
潜る。
泳ぐ。
魚が。。。ほとんどいません。もちろん浅瀬で熱帯魚が寄ってくるなんて9年前の光景は
夢のまた夢。
で、波打ち際におびただしい珊瑚の死骸。ホテル建設中とは聞いてましたがここまで酷いとは。
さすがにトイレは無料でしたが、シャワーは当然有料。
ていうか魚のえさの出番ってあるんでしょうか?

まあ、シュノーケリングツアーかなんか申し込んで沖にでたりすると、珊瑚も残ってて
魚もいるのかも知れません。
ですが、ビーチエントリで魚をみたい方にはお勧めできないビーチです。交通の便も悪い(というかここにいくとそれで一日の行動範囲が制限されます)ので、よっぽどの事情がない限りお勧めしません。
ちなみに本島にも、魚がたくさんいるビーチは他にもあります。無理して瀬底ビーチにいくと
がっかりする可能性が高いです。

なんでこうなってしまったか、背景にはリゾート開発なんかがあるみたいですね。
歩いてる途中で放置されてるホテルが見えました。
沖縄は観光と基地でお金をえているわけで、内地から観光で沖縄にいくような僕がいうのも
なんですが、しかし沖縄全体をみて観光開発する視点で開発すすめたほうが得だと思うんですけどね。
ビーチパラソルが並んでて、日焼けを楽しむビーチは、万座、アラハ、波の上、腐るほどあります。観光客のニーズも多種多様なのに、どうして沖縄のビーチ開発はこんなに画一的なんだろうと不思議に思います。あまりにも知恵がなさすぎる気がするんですけどね。

瀬底が最近ガイドブックなどで推されているのを見ますが、僕なら伊計島に行きます。
魚が見えるといううたい文句に惹かれているならなおさら瀬底はお勧めできないです。
瀬底にはもう二度と行かないと思います。




  1. 2009/09/01(火) 00:31:15|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。