Happy KARATE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

~事件

この前、休日にロマンスカーっていう小田急の特急に乗っていた。
37歳くらいのOLさんかなー主婦かなーが4人近くに座り、席を対面にして話に花を
さかせている。
平日、仕事の後にロマンスカーに乗っているときにそばで、ぺちゃくちゃやられると
ちょっとうんざりするんだけど、まあせっかくの休日、しかも昼間だしまあいいかと
思ってぼーっとしていた。

そしたらそのうちの一人が話しだす。
「ねえねえ、覚えてるー?」
「なになに?」
「ほらー、あのさー、ケンちゃんのさー」
「ああ、『ケンちゃんおいてかれ事件』!」

何かのエピソードに無理矢理「事件」という単語をくっつけてプロファイルする技法は
バブルの時代に絶滅していたと思っていたので、ちょっと新鮮だった。
この「事件」を付加する表現技法って何から来てるんでしょうか?
しばらくその女性たちの会話に耳を傾けていたのだけれど、「ケンちゃん」が、何かのイベントの際に「みんなに置いてかれた」っていうだけで、案の定、(少なくとも部外者のぼくにとっては)まったく面白い話ではなかった。
いや、面白い必要は本来は全くないのだけれど、「事件」という言葉でプロファイルするくらいなんだから、もう少し面白くあってほしいと思うのは僕のわがままなんだろうか?

「事件」を付加する理由として、あるいは過去の複雑なできごとを、簡単な言葉で呼び出すためにこういう表現を使うこともなかにはあるだろうけど、本件についていえば、
「ほらー、ケンちゃんがみんなにおいてかれたことがあったじゃない?」
と切り出せばいいと思うんだ。






スポンサーサイト
  1. 2008/03/20(木) 22:40:18|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。