Happy KARATE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

だまされてインディア 「Nice Shoes!」(4/22)

朝起きて、散歩でもするかと思って外へ出る。
宿の主人が
「デリー観光するなら車出すぜ!」
と言ってたがそれほどでもないだろう。
宿があるメインバザールは牛と人でごったがえしている。
昨日は夜の到着であまり意識しなかったが、牛の糞と花の香りにマサラとカレーの匂いが混じった
独特の空気だ。
道ばたの馬糞を除けながら歩く。

メインバザール


ちょっと歩いていると
「Nice Shoes」
とかいいながら兄ちゃんが横を歩く。適当にあしらうがどうも反応を返したのが悪かったらしい。
ずっとついてくる。
迷惑そうな顔をしてみるも動じる様子はない。
「いいよ。お前、どっかいけよ」
と言ってみるも、
「僕は別に何を売るわけでもないんだ、今、学生なんだけど英語の勉強がしたいだけなんだ。
それに、今はただ家への帰り道だしね」
ふーん、そっか。しかしね、英語が特別うまいわけでもない日本人捕まえて、英語の勉強だなんて見え透いている。
「あ、おれホテルに忘れ物したわ。じゃーね。」
後ろを向いて逆方向に歩く。やれやれ。アジアはどこも物売りがしつこいがインドはとりわけWetな感じだ。

ちょっと歩き疲れたのでネットカフェでメールチェック。会社の同僚でインドに来る予定になっている女の子から
メールが来ている。今日19時、タージパレスのロビーで。デリーで有名な宮殿ホテルだ。
40分ほどネットカフェにいたあと30ルピー払って外に出る。外に出るとさっきの兄ちゃん。お前家に帰るんじゃなかったのかよ。
当然無視して歩き出す。
インドでどういうシチュエーションでうんこがしたくなるか分からないので道ばたでトイレットペーパを購入。30ルピー。

デリーの中心部といえばコンノートプレースというところらしく、まずは街歩きがしたかったのでここを目指す。
宿に戻って主人に聞くと、地下鉄でいけるようだ。
RK Ashram Jhandewalana Margという駅から地下鉄に乗り込み、Rajiv Chowkで降りる。
地下鉄、出来たばかりらしいのだが、改札前にセキュリティチェックがある。
切符はカジノなんかで使うようなプラスチックのチップのような形で、改札のプレートにSUICAのようにかざすと
改札があく仕組みになっている。改札は韓国の技術が採用されているらしい。

メトロチップ



さて、コンノートプレース。
まったく人気がない。これが本当に中心の街なのか。
ぶらぶら歩いていると、またも男がぴったり横をついてくる。
日曜はどこも休みだという。だけど、DTTDC(デリーの政府観光局)ならやってるとも。
この手の連中は、どうせ変な旅行代理店に連れて行ってコミッションをとるのが目当てだろう。
あんまり相手をしたくないが、ずっと横についている。
ついてくるなと怒鳴ればいいのか、しかとすればよいのか悩ましい。
しきりに話しかけてくる男。
「インドは初めて?」
出たよ。定番の質問。初めてだけど馬鹿正直に初めてだなんて言わないよ。
初めてだなんて言ったらそれこそ鴨ネギだ。
「今回で3回目」
「前はどこいったの?」
「前は南インドの方だよ」
「南インドって?」
「ムンバイとか」
「ムンバイはどうだった?」
「昔だからあんまり覚えてないや」
もう面倒なんで答えたくないんだ。悪いな。暑いし店は閉まってるしどこまでもこいつはついてくるしいらいらしてくる。
「なんで覚えてないんだよ。おかしいじゃないか?日本人っていつもこうやってウソをつく。なんでか全然わからないよ」
怒りだすインド人。なんで俺が怒られないとだめなんだよ。
ちょうど地下鉄の入り口を見つけたので「わりーな、おれ帰るわ」と伝えて地下鉄へダッシュ。

だまされないように気を張っているだけで相当疲れる。
これから17日間、無事に旅を続けられるだろうか?


スポンサーサイト
  1. 2007/05/14(月) 23:36:06|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。