Happy KARATE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

密室内の自己顕示

変な話ではあるが、うんこはつくづくラッキーだと思う。
うんこってただの排泄物のくせして、「うんこ」とか「うんち」とか可愛らしい愛称がある。
食事中に
「ちょっと大便してくる」
「ちょっと糞してくるわ」
というのは、完全なマナー違反で、最低の行為だが、
「ちょっとうんこ行ってくる」
と言っても、案外笑って許してもらえる、そんな雰囲気がある。
小便にも「おしっこ」という呼び名があるが、「うんこ」や「うんち」の優美な響きには遠く及ばない。

鼻くそとかになるともう悲惨。とくに親しみのもてるニックネームがあるわけではなく、「鼻くそ」と無防備に呼ばれるだけである。
お笑い芸人でたまに「鼻くそ」とか言って果敢にも笑いをとりにいこうとする輩がいるが、なんだか生々しすぎてたいていの場合、見ているこちらが引いてしまう。
同じ「くそ」由来なんだから、いっそのこと「鼻うんこ」という愛称を与えて次回改訂版の広辞苑あたりに載せればよいのにと思う。「鼻くそ」と野ざらしに呼ばれるよりはずいぶんましな気がするじゃないか。

さて、今日はそのうんこと鼻くその話なんだけれど、会社のトイレでうんこをすることがある。1日2回はする。
で、最近気づいた事。女性のトイレには当たり前だが入った事がないし、これが女性のトイレにも当てはまるのかはよく分からないのだけど、トイレでうんこをしているとき、4回に1回くらいの割合で、デカイ鼻くそが扉や横の壁になすりつけられているのに気づく。
決まってでかい鼻くそである。
だいたい、最高の汚物処理デバイスの上にすわって、もりもりうんこを処理している最中に、どうして鼻くそをそんなところになすりつける必要があるのか。理解に苦しむ。
紙も便器もあるシチュエーションで、どうして便器に流すことを思いつかないのか?
考えてもみてほしい。場所は会社の便器である。
小学校じゃないんだ。
うんこしているやつはそれこそ30代以上の連中ばかりだ。どうして鼻くそを?(戸田奈津子風)

うんこをするのは生理現象だから仕方がないけども、鼻くそをほじりだすのは能動的意思をもって行う行為だ。まさか「便意」ならぬ「鼻くそ意」を催す人がいて、自然に鼻くそを排泄する人がいるとは思えない。
百歩譲ってそれを鼻の穴から取り出したとして、どうしてそれをドアになすり付ける必要があるのか?なんのために?メリットは何もないはずだ。
きっとあれは「こんなでかい獲物がとれた」というアピールなのだ。でなければ説明がつかない。何のためにトイレという密室でそこまで自己の存在を誇示しようとするのかよく分からないが。

それほど自分の存在を知らしめたいなら、いっそのこと、むんずと便器のなかのうんこをつかんでドアになすりつければいいのだ。これ以上の自己顕示はないだろう。
汚い? いい歳こいた大人が、鼻くそをドアになすりつけてるという現実に目を向けるがよい。本質は大して変わるまい。
それこそ目くそ鼻くそだ。








スポンサーサイト
  1. 2007/02/09(金) 07:06:25|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。