Happy KARATE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ぴちゃぴちゃ喰う女

さて。
どんなに最近の連中はマナーがなっとらんとはいっても、それでも最低限のマナーは身につけているものだ。
20代、30代で人前で鼻くそほじるやつはあまりみないし、人ごみで大音量で屁をひる女性にも、とんとお目にかからない。

今日、昼はなんとなくタリーズで食事を。
同僚と食べる時もあるのだけど、なんとなく1人でぼけーっとしたい時、この手のカフェ、どうでもいいが、カフェとかいうのにかなりの抵抗があるんだが、だからといって喫茶店というのはタリーズとイメージが合わないし、コーヒーショップというのもレトロな感じで、結局のところカフェと呼んでおくのが無難なのかもしれないと思ったりはする、ま、ともかくこのタリーズでグランデサイズ、どうでもいいがコーヒーのこのサイズ指定もちょっとこっぱずかしい、みんな抵抗なくいってるけどさ、つい10年前まで日本のカップのサイズに「グランデ」とか「トール」だなんて、小洒落た表現があったか?せいぜい「S」「M」「L」くらいなもんでしょうよ、それをなんだかみんな気取っちゃって「カプチーノ、グランデ」だなんて注文してるんだから、恥ずかしいったらありゃしない、ともかくなんらかの方法で僕は無事「グランデサイズのカプチーノ」を注文する事に成功し、そいつを啜りながら片手のサンドイッチを頬張ろうとした時、それは隣から聞こえてきた。

「ぴちゃぴちゃ、ぴちゃぴちゃ」

大げさにいうつもりはないが、かなりの大音量でビックリした。
最初はとなりに斉藤竜一がきたのかと思った。まあ、斉藤竜一は「嫌いなAV男優」という
ランキングでかならず上位にくるような、やたら変な声で「ここがいいの?」「感じてる?」とか、AV鑑賞にあたって我々男性にとってはノイズにしかならないような不愉快な音をたてることで有名で、そういう意味では加藤鷹と双璧をなすのだけど、まあ、僕が聞いた音は、斉藤竜一が女の子の耳元でぴちゃぴちゃ音を立ててるのか、と思ってしまうくらい、推定86デシベルは軽くマークするような大音量だったわけ。

ふと見ると、隣にいる女性は(斉藤竜一ではなかった)、ベーグルサンドを咀嚼しているところで先ほどの86デシベルはこの女性の口元から出ているらしい。
最初は、口腔になにか疾患をもった女性かもしれないとも思ったんだけど、しばらく観察していると、どうもそうではなく単に音を立てる事になにも抵抗を感じていないらしいことが分かった、なんで分かったかというと、前を見てただ食べる事に集中している時は音がしないのだけど、食べてる最中に携帯に熱中しだすと、とたんにぺちゃくちゃいうので、なんとなく油断したときに、ぴちゃぴちゃとなる人なんだと思う。
音の正体が斉藤竜一でなかったことはGood Newsだが、それが若い女性から発せられているという点は僕にとってはBad Newsである。

食う時のマナーはいろいろあるようで、例えばねぶり箸は絶対に許せないという人もいる。
僕はあまりやらないようにしていて、他人のねぶり箸はそれなりに気になるけども、目くじらをたてるほどではないかな。逆に迷い箸、箸渡しは、ガキの頃から親に絶対やるなと言われてたし、特に箸渡しに関しては骨拾いのエピソードと一緒に刷り込まれていたところにじいちゃんの葬式で実際に骨を箸で拾う作業に参加したものだから(このときのシーンは今でもクリアに再現できる。たしか僕が小学校4年のときだ)、絶対にNG。他人がやってるのも看過することはできないかもしれん。

まあ、マナーの程度はいろいろあるけど、しかし「音を立てて食う」というのはどうだろうか?こういう人、日常生活で今まであまり見た事がなかったので深く考えた事もなかったんだけど、実際にこうやって体験してみると想像以上に嫌なもんだ。
見た感じきれいなお姉さんだったんだけど、このぴちゃぴちゃのインパクトは強烈で、食っているものの粒の感じや、今口の中に残っている物の量が減っていく様子を、音だけでリアルに感じ取ることが出来て、複雑な心境。

もっと言うと、食事をするときに音を立てるのはNGだけど、麺類はそのほうがおいしそうだから音を立てた方がいい、というのもどうかと思う。麺類もNGだろ。常識的に考えて。
よくテレビのレポーターなんかがソバをずるずる、目一杯音をたてて食ってるけどあれはどうなの? 男子便所よろしく、だし汁をその辺に飛び散らせて食ってるのを見ると、いつも
「音立てずに食った方がよっぽど良いマナー」
とか思ってしまう。というか音を立てて麺類を食うなんて行為は男子便所で麺類を食う行為と等価だと知るべき。

ただ、個人的な好みでいえば、雨にも負けず、風にも負けず、食事時以外はいつでも僕の耳元でぴちゃぴちゃ言ってくれる、そういう女性に私は会いたい。
スポンサーサイト
  1. 2007/01/31(水) 00:17:48|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

ニコニコ動画

いや、「何を今さら。。。」という人もいるでしょうが、「ニコニコ動画」が面白いですね。
YOUTUBEなんかの動画はちょくちょく見ますが、それにコメントがつけられるって言うのがこれほど面白いとは。
2ちゃんねるって便所の落書きっていうけど、ここではその落書き感を堪能できます。
下品でバカバカしいけどね。

おすすめは
「Aitsu Koso ga Tennis no Oujisama」
「粉雪 レミオロメン」
「ですよ。」
あたりかな。
  1. 2007/01/30(火) 01:12:46|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2ちゃんねる批判

なんていうか2ちゃんねるってやっぱり批判の対象になりやすいのか。
今、ラジオで近藤アナウンサーとか言う人が、
「2ちゃんねらー、クビくくれ!人間として価値なし」
「潰れて当たり前じゃ!」
などと発言したらしくちょっと話題になっている。

2ちゃんねるを批判の対象として語るとき、
「匿名であることをいいことに」「他人を誹謗・中傷」
とかって必ずいうんだけど、なんかピントがずれてる気がするんだよね。
こういう視点でしか批判できない人たちって、2ちゃんねるをまともに見た事がないのだと思う。

個人的には、ニュースを読んだり、何かを購入する時の情報を得るのに2ちゃんねるは諜報している。もちろん不愉快な書き込みなんてのもあるけどそういうのはあんまり気にしない。そういうノイズをうまく排除しながら欲しい情報にありつく、そういうノイズそのものを楽しむ、なんてのが2ちゃんねるの面白いところだ。

2ちゃんねるは確かに「匿名で」「他人を誹謗・中傷」できるメディアではあるけども、雑誌や新聞だって似たようなものじゃないのかな。単にいれものだからね。2ちゃんねるは。
なんていうかよく言われる陳腐な例だけど、ナイフは人を殺傷するほどの威力があるから、ナイフをもっている連中はけしからん、というのとちょっと似てる気がする。2ちゃんねる批判ってのは。

  1. 2007/01/21(日) 00:05:15|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

結婚

去年も今年もそうだけども、年度が始まると僕の担当プロジェクトの会社での優先順位を上司がなんだか知らないけどガクンと下げて、ああ、暇になっちまったなーと思ったら年度末に他人のプロジェクト手伝えと雑用をおしつけられる日常にも最近慣れはしてきたものの、やはり釈然としない気持ちは持ち続けている訳で。そういう僕をみて、「moogにしか出来ない仕事アサインしたんだけどなー」ととってつけたようなことを無神経にてへらてへらとのたまっている同じ部の連中にもほとほと嫌気がさしてるんだけども、もう33にもなって文句言うのも疲れたし、金もらってやってる仕事なんだしなと思ってとりあえずは我慢して仕事をこなしている今日この頃、皆さん如何お過ごしでしょうか?

ま、あんまり後ろ向きな事ばかり言ってもしょうがないけど、この3年間でモチベーションの下がり具合はMAX。いや自分でモチベーションとかのたまうのもどうかと思うけど、そういうのって大事だと思うけどね。
人間生きてりゃいろいろあるよとこの前テレビで誰かが言ってたけれども、そうだけどこのまま働いてても面白い事なんてなんもないし、死んだ方がましかなとも思ったりする。
積極的に死を選ぼうとはあんまり思わないけど、死んじまったらそういう人生かなってきもして。
会社とか仕事とかどんなに頑張ろうと、outputを出そうと、結局はその時点で自分をとりまく人間関係で全てが決まってしまうのをここのところまざまざと見せつけられていて、なんていうか、うまく上にアピールするとか、自分で過度のストレスを溜め込んでまで人間関係の構築に腐心出来ない僕は、やっぱりこのまま生きてても壁にぶつかる気がしている。実際いまんとこ膠着状態だしね。去年僕が確保した予算もじゃかすか同じ部の他のプロジェクトで使われちゃってて僕が使おうと思ったら、もう金がないから控えてくれとか言ってやんの。もううんざり。雑用専門であんまり評価もされない状態がつづくと正直いろいろ考えますね。

どこかの女芸人がテレビで、今の亭主が弱ってるときに猛アタックしたらすぐ結婚出来たとかいってるのを思い出すと納得。今の僕なら、ナメクジに求婚されてもOKしてしまいそうで怖い。
というか、今までの僕は「結婚したら今までと何が変わるか」を考えて、別にしなくていっかーって思ってたんだけど、「結婚して何が変わるかとかそういう問題じゃなくて、いままで全く知らなかった事がどのくらい始まるんだろう」って考えると、まあ結婚するのも悪くないかなと思っていたりはする。

社会人になる前は
「3年くらいやってりゃ面白くもなるかな」
と思ったけど、10年経ってもつまんねーもんはつまんねー。いや、みんなよくサラリーマンとか続いてるなと感心するよ。

ま、単に愚痴なんでとくに同情引きたいわけじゃないんだけどね。
こんなときはバカバカしい笑い飯のネタを見るに限る。
http://www.youtube.com/watch?v=M6GiZ3j1aSA








  1. 2007/01/16(火) 23:47:15|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

クリスマスと正月とスケジュール遅れについて

久しぶりに日記でも

12/24のクリスマスの日も特にイベントはなかったわけだけど、翌25日に広報の人から取材を受けることになってるんで、散髪にいく。写真とかとられてホームページにちょろっと記事が載るらしいのだけど、髪は伸び放題でさすがにあれを写真にとられると恥ずかしかったので。ま、顔はいまさらいじりようがないんでそのまま。

美容院って、中途半端に話しかけられるのが嫌なんだけど、年々ああいうとこで働いている女の子との年齢のギャップが開いてくるんで、気恥ずかしいし、なんか話あわせんのもめんどい感じ。
この日は24日ってことで、会話がクリスマス一色。

最初はシャンプ担当の女の子から。
「今日はクリスマス・イブですけど、このあと何か予定あるんですか?」
「いえー、特には。家帰って、M-1でも見ますかね」
と答える。言わせるなよ。
次は、カットの女の子。
「今日はクリスマス・イブですけど、このあと何か予定あるんですか?」
「いえー、特には。家帰って、M-1でも見ますかね」
またかよ。
次、切り終わって、シャンプー台で頭を流すところでまた別の女の子から。
「今日はクリスマス・イブですけど、このあと何か予定あるんですか?」
「いえー、特には。家帰って、M-1でも見ますかね」
最後はブローの女の子。
「今日はクリスマス・イブですけど、このあと何か予定あるんですか?」
「いえー、特には。家帰って、M-1でも見ますかね」
どいつもこいつも。大して広くもない美容室なんだから、仲間内で情報共有しといてくれよ。なんなら会員カードの裏にでも「彼女なし」とでも書いておいてくれ。ぷんすか。

正月は30,31,1と実家に帰る。
うちの親も、今まではこどもを突き放して自立させようという態度がありありだったけど、
もう歳なのか子供の帰還を純粋に喜んでる風だった。
ほんとは正月は海外に行きたかったんだけど、年末にかけて仕事が立て込んでてほとんど身動きとれない状態だった。
結局正月休み8日までだったけど、残りは自分の部屋でひとりまったりしてた。

正月明けて仕事。
なんかいきなりやること多い。自分の仕事に加えて、人の仕事で終わってない部分が回されてくる。嫌いな上司がやってた仕事の一部なんで、どうもモチベーションがあがらんね。
時間だけはとられるし。
プロジェクトなんで納期とかあるんだけど、みんな「2日遅れてます。てへへ」ってすぐ言うんだもの。嫌になっちゃう。
そんな事だから終わらずに他の人をかり出すことになるのにさ。
スケジュールが遅れたときに、
「遅れてるのは事実でそれは仕方がないことなんだから、いまさらぐちゃぐちゃ言ってもしょうがない。今はどう対応するかを考えよう」
としたり顔で正論めいたことをいったりするけど(で、だいたいそういう事言うのは遅れる原因を作った人なんだけども)、まずは遅れないようにするのが筋だよね。
遅れないように何をどうしていくか、本当に最善を尽くしているのかは重要。
こういうこと言うと、「死ぬ気で頑張れとか根性でやれみたいな精神論だろ?それって」
って反論される事があるけど、そうじゃない。
僕は結局のところ、仕事はアウトプットだと思ってるけども、アウトプットが出ていない時にはやっぱり途中のプロセスを見るしかないわけで、まして他人に助けを求めている状況では途中どれだけ努力してきたのかってことが、他の人にとって
「あの人があれだけ苦労してだめだったんだから、ここは協力してあげないと!」
ってモチベーションになるんであって。
仕事ちんたらやる→遅れる→遅れてるんだから事実を受け入れようよ→他人に仕事ふる
っていうのはなんか論外。

なんにせよ、今はこのやらせれ感ある仕事を淡々と終わらせて、ゴールデンウイークにはインドに行ってきたいと、そう思っていたりする。
  1. 2007/01/14(日) 07:10:10|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。