Happy KARATE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

その会社でしか通用しない言葉ってのは大なり小なりあるもんかもしれない。
うちの会社にもいわゆる「○○用語」(○○には会社名、例えばヤマハとかソニーとかが入る)ってのがある。
うちの企業はそこそこの企業規模だし業務も多岐にわたるのである程度やむを得ないのかもしれないが、しかしそのほとんどに必然性を感じない。僕は中途入社なんで特にそう思う。
ことばはコミュニケーションの道具なので、万人が意味を知っているような言葉をなるべく使うのが筋、というかそれが礼儀なのではないかと思う。
もっとも、○○用語も様々で、本当に会社でしか通用しない言葉もあれば、一般に使われているけれどうちの会社で使う場合はニュアンスが違うもの、さらに普通の日本語だが多用されるような言葉もある。
この多用される例で言うとうちの会社の人は「鶏か卵か」って言葉が好きだ。

「確かにおっしゃる通りだけれどそれって鶏か卵かみたいなところがあって。。。」
「にわとり、たまごじゃないけれども。。。」

会社で働いていると、社員の大半は就業時間中鶏のことと卵のことしか考えてないんじゃないかと思うほどよく使われている。
責任を他人になすり付け合う社風がよく出てますな。うん。にわとりたまご、便利な言葉だ。

まあ、ともかく必然性がなく、うちわでしか通じない言葉を量産しておいて、新入社員とか中途社員に誇らしげに「これは○○用語で知らないと思うけど」などと言うのはなんとかしてほしいもんですな。
僕は入社してそれなりに経ってるので慣れましたけどね。誰かが聞き慣れない言葉を使ってるのを耳にしても、「ああ、またお得意の○○用語か」と聞き流せるくらいに慣れました。

会社特有の言葉っていうわけじゃないけれど、「~化」を多用するのもなんか聞いててなんか気持ち悪いのです。「具体化」のように既に市民権を得ている言葉をいいけど、気持ち悪いのは例えば「明確化」とか「共有化」。
「化」を使うとなんか業務用語っぽいし、サラリーマンは頻繁に使う、日本語が苦手な人ほど使う気がするけど、とにかく使う。
なんでこんな違和感を感じるのかなぁ。
「具体的にする」→「具体化する」
ってのは、言葉の経済っていう点でも理にかなっている気がするんだよね。
文字数少なくなってるし、そもそも「具体的」のままじゃ後に「する」をつけてサ変動詞にできないもんね。

だけどさ、
「明確にする」→「明確化する」
ってさ、別に「化」をつけなくてもいいような気がするわけですよ。
もっとも「化」にも意味合いというかニュアンスがあってそういうニュアンスを付加したいというのであれば分からないではないですが、たいてい「明確化する」と言ってる人たちが、「明確にする」と「明確化する」を使い分けているという強い意志は周りを見渡す限り感じられないのですよ。

「共有する」→「共有化する」
なんて、「化」には何の意味もないような気がしてならない。
むりやり解釈すれば
「まんぜんと共有するのではなく、共有に適したある形式にのっとって共有するニュアンス」
が後ろにあるのかも知れないけれど。
と、理屈をつけてみたけど、実際のところ「化」をよく使う人って「化」を使えば使うほど日本語が格調高くなると思ってるだけではないかと思う。


「ですから、問題点を明確化するのは当然のこと、それを視覚化して最後はメンバー全員で共有化し、ガントチャート等で『見える化』していくことで成功体験をしみじみと知覚化することが出来る」

みたいなやりとりを結構耳にしてて、こういうのを聞くたびにちんぽの周りに鳥肌が立つ。そんなつまんないことばっかり考えてるからお前にはいつまでたっても彼女が出来んのだという指摘は厳粛に受け止めるとしても、やっぱり上にあるような「化」の使い過ぎには同意しかねるのだ。

こういう奴を見るたびに、心の中で
「お前はあほ化」
とつい毒づいたりしてしまうのだ。





スポンサーサイト
  1. 2006/08/28(月) 23:58:15|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:10

髪が大事

今日は客人が来て、夜はたらふく焼き肉を食う。

テレビを見てたら、大事マンブラザーズバンドが
「それが大事」
を歌ってる。歌ってたのはボーカルの人だけだけど。
15年前だよね。この曲流行ったの。
月日は百代の過客。ボーカルもだいぶ禿げた。
「それ」じゃなくて「髪」だろ。大事なのは。

しかし24時間テレビも深夜になると緩いかんじ。
ほしのあきはともかく、熊田曜子ってかなり微妙。
これがタイプの男っているのかな。アメリカンっていうかかなり大味な感じだけど。骨太って感じで僕はかなり苦手だ。

それで、ガレッジセールって中途半端な立ち位置。
この人たちってなんかネタとかやるのかな。
  1. 2006/08/27(日) 02:23:21|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

オシムの言葉だと?

オシム監督。この人の言葉が面白いんだってさ。
監督としての力量とか実績はよく分かんないんだけど、簡単な事をわざと難しく言ったり、禅問答的言葉で聞き手をケムに巻いたりと。

今のうちは目新しさもあって、マスコミもありがたがってるけど
僕はこういうの聞くと「なーんか、めんどくせ」と思ってしまう。
まあ、これもショウマンシップの一つかも知れませんけどね。
会社ってとこにも簡単な事をさも難しいように言ってみたり、
理屈にならない理屈を並べて相手を混乱させて勝ち誇ってみたり、そういうつまらん輩がいて、僕はそういう連中が大嫌いなのです。
思っている事を、相手が分かるようにきちんと伝えるというのは、口頭でのコミュニケーションの基本だと個人的には思うのですよ。
いや、たまにはこういう物言いも聞き手にインパクトを与えていいと思うのですけどね。毎回だとお腹いっぱい。

最終的にはそれぞれ個人のこころの問題ってことになるんでしょうけど、こういう知り合いが身近にいたらすぐにさよならしている、そんな気がする33の夜。
  1. 2006/08/25(金) 01:00:09|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ジョーズガレージ

昨日、京都で時間があったのでジョーズガレージに行ってみた。
大学時代よく言ってた中古レコード屋。

XTCのブートのDVDがあったので購入。
XTCのboxセットがあったから買う。

京都暑いな。しかし1日歩くと大学生に戻った気分になっちまうな。
  1. 2006/08/21(月) 00:08:10|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

天下一品ね。。。

友人たちと飲んだ次の日、九州から出てきてるH君と京都をぶらぶら。
前の日、ともに泊まる場所がなかった僕らは、カラオケで2時間くらいつぶして漫画喫茶で一夜を過ごした。

どうでもいいけど最近の漫画喫茶、シャワーとかついててまじで快適。

で、朝起きたのが、つまり漫画喫茶で、起きたのが昼の1時くらい。
昼飯でも食いにいくかってことで、京都をぶらぶら。
迷ったあげく、大学時代、僕の主食だった天下一品のラーメンを食いに北白川の本店に。
東京にもあるけども、やっぱり本店かなってことで。
バスで。

で特大を注文。
味は微妙。っていうかこんな味だったっけ?
全体的に薄い。
ま、天下一品もセントラルキッチン方式で、スープは工場で作ってるっていうから、本店がうまいという根拠はどこにもないんだけどね。
しかしショックでかかったなー。

で、僕らはリベンジとばかり、白川通をなんかして、東龍へ。
いや、実際はそれまでお茶したりしてだいぶ腹を空かせたのだけれど。

うーん。やっぱりうまい。リベンジの場所を天々有とかにしなくてよかった。
いま京都で一番うまいラーメンやではないか。ここが。

  1. 2006/08/20(日) 22:20:07|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

歯糞の貴公子

えっと、水曜日に京都の友人から連絡があって、九州に済む僕らの仲間が京都に来てるって言うんで、木曜日の夕方、なんとなく新幹線に乗って京都に向かう。
新幹線の席は自宅でネット予約しておいた。
窓際。駅で発券してみて、「あ、まずった」と思う。座席番号A。
確かに窓際だけどもこれは2人がけシートの窓際では?
3人がけシートで真ん中が埋まるほどの混み具合でもなさそうだから、本当は3にんがけシートの窓際(座席番号Fかな?)がいいんだよな。

新幹線に乗り込むと、僕のとなりの席には既に人がのってビールとおつまみを喰らっている。うーん、ほかに席いっぱい空いてるのによりによってなんでおっさんと隣り合わせなんだと思う。
ただ、見た感じそのおっさんはぺ・ヨンジュンにちょと似ててなんとなくジェントルマンな感じ。今にも「アイタカッタ」っていいそうな感じだったんで、まあ新幹線の中で不快な思いはすることあるまい、と思い席に着く。

となりのおっさんはビールとさきいかかなんかを食っている。
僕は音楽を聴いている。

おもむろにとなりのおじさんが僕に近い方の手、つまり右手を口元にもっていって激しく手を動かしている。
目をやるとどうも歯にはさまった食い物を手でとっている様子。
なんかやだ。
だけどまあ一度くらいならと思って、見なかったことにして窓の外に目を向ける。
しばらくして気配を感じたのでさりげなく目をやると、またやってやがる。
歯糞とり。この至近距離でやめてくれないかなー。

と、おもむろにそのジェントルマン、ポッケからハンカチを取り出してテーブルの上におく。なんだろうなと思って見ていると、どうも口の中に入れた手をそのハンカチで拭いている模様。いや、もしかしたらピックアップに成功した「獲物」をおいているのかもしれない。
っていうか、これは彼一流のジェントルマンシップなのか?
「汚れた手はハンカチで拭く、コレガシャカイジンノタシナミトイウモノデース」
ってことなのか。こういうとこでジェントルマンぶりを発揮する前に、まず公共の場所で歯糞をとるべきではない、ということをまず学んでくれないかなー。

じきに終わると思ったら終わるどころかその行為はますますエスカレート。
15分間、43回も歯糞とりに専念。
っていうかテーブルの上にあるハンカチが、唾液でびちょびちょになってきてるのを見てしまって、激しく憂鬱。

左手に文庫本を持って、右手で歯糞とり。あまりに自然にやってるので、くせなのかもしれないけれど、これほど他人を不快にする癖は珍しい。
大学時代の旅館のバイトで、食後、お茶でぐちゅぐちゅぐちゅってうがいをしてそのまま飲み込む癖がある人がいて衝撃を受けたのだけど、その人以来だ。

自分もどんな癖があるのかわかんないので気をつけないといけないですね。
  1. 2006/08/19(土) 02:26:03|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

過去の記憶

とても記憶力がいいらしく、日常のどうでもいい些細なことを覚えている。
自分ではこれが普通だと思っていたんだけれど、最近いろんな人に
「そんなことよく覚えてるね」
と言われるので、まあ記憶ははっきりしている方なのかもしれない。
もっとも、こんな特性があったところで実生活をおくる上で何もメリットはない。
転職に有利とかそういうこともない。
ただ、いろんなことを覚えている、それだけだ。
はっきり思い出せる記憶で言えば、3、4歳のころは割と覚えている。
それより以前はさすがに記憶が定かでないが、母親の乳房を加える瞬間はなんとなくは覚えている。
下向き加減の乳房を口に含むのにどの角度から顔を近づければ良いか少し迷った記憶があるから。あと母乳の味もなんとなく覚えていたりする。

まあ、そんなことはどうでもよいのだけれど、僕がこんなに些細な昔のことを覚えていることを他人様に指摘された時だ。問題なのは。
大体リアクション2つに分かれていて、3人に2人は
「よくそんなこと覚えてるね」
で、残る3分の1は何て言うかって言うと、
「だめだなー、そんな過去にばかり目を向けてちゃ」

刹那に生きてる傾向があるのは自分でも認めるけど、かといって過去ばかりを見て生きてる訳でもない。
大体、過去の記憶と、生きる事に対する姿勢ってのは全然別の話だ。ていうか、
「母親の乳房の感触を忘れないようにしよう!」
と意識して33年間生きてきたわけではない。単に覚えているというだけで別に過去に拘泥しているわけではない。

まあ、こういうこと言う人たちって自分では「前向きに生きてる」という自負があるんだろうね。
しかし僕に言わせれば、前向きに生きている事と過去の記憶がないことはもちろん全く別で、そういう人は僕にとっては単に、
「ああ、前向きな人だけど、記憶力がない人」
でしかない。いや過去の記憶がないことは全然問題ないと思うんだけど、記憶を持った人を過去にとらわれた哀れな人みたいな文脈でとらえないでほしいもんです。

Carpe Diem!

  1. 2006/08/13(日) 23:20:09|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

いがらしもちだランチ

今テレビで僕らの音楽とかいう番組をやってて、なんでもこの番組のキャッチコピーが「ゲストが今一番会いたい人と対談する」というらしい。
今日のゲストはELTでああ、ELTだなーと思って眺めていたら、そのELTが「今一番会いたい人が」清水ミチコだと。
ほかになんかあるだろーさ。初恋の人とか、恩師とか、スタジオミュージシャンだとか。こんなの絶対嘘だよ。
もし本当だったら、清水ミチコに今一番会いたいと思ってる人はELTただ2人のみ、と僕は断言出来る(ところで五十嵐はどこいったんだっけ?)
しかし持田香織、結構売れたけども、なんかYukiみたいにちょっとミュージシャンよりに歌い方とかポジションとか軌道修正しようと努力していた時期があるけど、なんだか失敗した感があって、いまこうやってテレビでみるとなんとも古くさい感じがする。この感覚は今WANDSがブラウン管の向こうで歌っているのをみたとしたら抱くであろう感覚と同じだと思う。
ところで五十嵐はどこいったんだっけ?


今日は10数年ぶりに高校のときの同級生と昼飯を食う。
初恋の人だったような気がする、と思って後でよく数えてみると初恋の人から数えて2人目だったような気もする。
まあ、小学校の時の話だし相手も既婚者だし、肩の力を抜いていったつもりだけど。不思議なもんで小学校の時と相手の見た感じとか印象とか変わってないんだよね。
いや、何をいいたいかっていうと、ほら、今その辺で小学生を見たら、
「ああ、子供だなー、幼いなー」
って思うのに、大人になってるはずの(相手も30超えてるからね)その人って小学校の時と同じ印象なのよね。
うーん、うまく伝わっていない気がするけどまあいいや。楽しい感じでしたね。

みんなそれなりの人生を歩んでたりするんだよねーと思う。
僕はなんだかいろんなことを考えすぎているような気もするし、考えてなさすぎの気もする。
このまま働いてたら多分、生活的にはなんの不満もないんだろうな。
きっとどんな仕事をしても、このままじゃだめだと思う気がする。
結局、趣味とかを持ってバランスしながら生きていくんだろうな。
そういえば、今までなんか辛くなってくるとすぐに彼女を作ってた。
まあ、世の中そんなものなのかもしれないな。

しっかし持田香織、おばちゃんになっちゃったな。
で、五十嵐はどこいったの?



  1. 2006/08/11(金) 23:54:11|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

イヤだ!

今日、本屋で「もうイヤだ!と思ったとき読む本」を買ってきた。
これ、最近どこの本屋でも平積みしてるので気になってたのよね。

精神科医が書いてるらしく、いやーこころに響きますね。
読み通すってより、ぱらっと気が向いたときに開ける構成になってるのもいい。一度壊れかけた僕にとって、この手の本はみんなうさんくさく思えるんだけど、これは結構あたりかな。

ジゴロになるのも悪くないけど、このあたりで経験値をもっと積みたいところ。どうでもいいけど、ちゅーぼーですよの最後の星を叫ぶところ、どういう意味があるんだろうね。

亀田って相変わらず議論を呼んでるよね。しかし観客席に結構やくざ屋さんが映ってるらしいけどほんとにいいのかな。あれ。
こやつの態度は賛否両論だけど、判定勝ちの瞬間、顔くしゃくしゃにしてる亀田の顔はすごく幼くて、なんていうか普段は「いきってる」だけなんだろうなって思う。ほんとその辺歩いてる小学生みたいな顔だよね。
普段のこいつの言葉遣いはうざいけど、あの時の顔は作られてない純粋な10代の顔って感じでちょっと好感をもった。

やっぱり人に仕えるのは向いてなさそうだなー。
明日はお茶の水へ。




  1. 2006/08/06(日) 00:01:47|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

笑いのレベル、雑感

ほかの部門と打ち合わせ。
管理職が集まるミーティング。
僕の上司が説明。一カ所、プレゼンで笑いを誘いそうなところがあったがうけず。
僕に言わせれば、たいして面白い箇所ではなく受けなかったらさらっと流せばいいような、どうでもいいところだ。
が、その上司、
「ここは笑うところですから」
と一言。まあ、これはよくある、というかかなりベタな、リカバリだよね。

すると相手の管理職の一人が

「いやー、うちの部署は笑いのレベルが高いですから。このくらいじゃ笑いませんよ」

はは、どっちもどっちだが、自分たちで「笑いのレベル高い」と言ってる奴の笑いのレベルは絶対に高くないと断言できる今日この頃、みなさん如何お過ごしでしょうか?

最近、まずます会社がつまらなくなってきていて、僕が会社を辞めるか、僕が10億貯めるが早いかという状況にまでなってきました。とはいえ、転職活動って結構めんどいんだよね。

誰か養ってくれないかなと思う33の夜。




  1. 2006/08/05(土) 00:35:18|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

宇宙の方程式

今日は会社の管理職数人とカラオケ。
まあ、僕は自分のペースで歌ってる訳ですが、最低限の気は使うので死ぬほど楽しいかって言うとそうでもない。平井堅のPop Starが歌えたからよしとするかね。

23時から外人さんと電話会議があるのでカラオケ中座して帰路につく。家で電話から参加する会議。憂鬱なりー。いつもくつろいでる部屋で会議するってのは嫌なもんですよ。

帰りの電車の中で、前にたってる男の人が読んでる本がふと目に入ったのだけれど、そこには

「第二章:宇宙方程式でがんを克服する」

と書いてあります。
いやー、世の中にはいろんな方程式があるもんですね。僕はせいぜい連立方程式が解けるくらいのもんで。
しかし今もって死に近い病と言われるがんを方程式で克服できるとしたらこれはすごいですよね。マスターするのにはかなりの時間を要しそうですが。

どうせならもう少し簡単めの方程式で、女性に持てる方程式なんてのがあったら飛びつくのに、と思う33の夜。
  1. 2006/08/02(水) 00:07:58|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ヨーヨーは僕の青春

さてtepcoひかりにしたんだけども全然速くなった気がしない。
むしろ前のYahoo BBのが速かったんじゃないかと思う。日曜の午後をつかってtepcoの工事につきあって、配線して、ルータの設定の見直しまでしたのに体感でそんなに速くなってないって言うのがどうも解せない今日この頃。

セブンイレブンとイトーヨーカドーでやってるコカコーラの復刻ボトル+80年代ヨーヨーのセットが熱い!灼熱!

大学4年の頃にヨーヨーに明け暮れていた僕。どこにいくにもヨーヨーと一緒だった僕。ツーショットダイアルでさくらと知らずに待ち合わせ場所の祇園会館(今はないけど)の前でひたすらヨーヨーをもてあそんでいた僕。犬が飼えるほど裕福じゃなかったけど緑色のヨーヨーをさっと振り下ろし"犬の散歩"をしているだけで幸せだったあの日々。
ヨーヨーは僕の青春なわけで。

そんな僕ですからもちろんセブンイレブンでは大人買い連発。
250円でコカコーラ(もしくはファンタもしくはスプライト)+ヨーヨー(全7種+シークレット1種)なので結構高いですが、集めますよね。そりゃ。何しろツーショット。。。(以下略)

で早々とコンプして今ちょっと放心状態。というかパッケージ見た人なら分かると思いますが、箱の穴から覗けるのよね。中が。
だから中に何のヨーヨーが入ってるか分かるわけですよ。
いやー、なんでもすぐ集めたがるこの性格。あきっぽい性格。なんとかしてほしいですね。
そういやこれ僕が大阪市に済んでた小学校のときすげー流行ったのよね。そういう懐かしさもあったりしてさ。
ヨーヨーで遊んでみてもいいんだけど実際はもったいなくて箱にいれっぱなしです。まあ、そんなもんだよね。

近所のセブンイレブンは毎日のように行ってて、まあ向こうに顔覚えられてるだろうし、一人暮らしの身にとってはコンビニは生活の一部みたいなもんなんで僕もかなり紳士な対応をしてたわけですよ。
お弁当暖めてもらうときも、「すいません、暖めていただけますか?」だなんてがらにもない笑顔で言ってみたり、たまに「暑いですね」だなんて時候の挨拶をかわしてみたりと。
それがここ数日ときたら! 
コカコーラの棚の前ですべてのボトルを必死でチェックしているおっさんに成り下がってます、僕。
今頃、「ヨーヨー」とかって裏であだ名つけられてんだろうな。

「おい、今日もヨーヨー来たぜ」

とか言われてるんだよきっと。
だいたい本名とほとんど変わんないじゃないか!




  1. 2006/08/01(火) 08:18:43|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。