Happy KARATE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

熱が出たからさ

熱が出たから金曜日は早退した。
吐き気もたんまりで。土日は寝てました。
後で聞くとどうも同行者も帰って熱が出たらしい。
個人的には最終日に食べたタイスキが怪しいと思っている。

明日からオーストラリアだがなんとなるだろう。

ところでこの日記。何人かはURLを知っていて、アクセスしている模様。いやアクセスがあるのは全然問題ないんだけれども。
しかし知り合いとは言っても属するセグメントがそれぞれ違ったりするわけで(例えば会社の同僚と大学の同期とか)、書きにくい事があるのも事実。
日記書いている人ってこの辺をどう使い分けてるんでしょうかね。
例えば極端な例だと、

「会社ではキャバクラ好きで通ってるけれど、大学時代の同期の間では女嫌いで有名」

だとか、ここまで極端じゃないにしても、コミュニケーションの「範囲」で多少、人格(もしくは周りからの見られ方)が違うってこと、あると思うんですよね。

もっとも日記で全人格をさらけ出す必要はないわけで皆さん「そこそこ」の線で落ち着いて書いてるんでしょうけどね。

僕はといえば、だいたい思ったことはこっちに書いてますが、どうしてもこっちに書けない事はmixiの中の、他人の日記の中にコメントとして書いてますね。
ま、mixiが大学同期のたまり場になりつつあるのでこう言う事が出来るんですけど。

で、考えてみると、そこまでして日記を書きたいのか、また日記に書けない事を人の日記のコメント欄に書くほどお前は文章が書きたいのか、と自分でも不思議な気分になるのです。

ま、誰かに聞いて欲しい話ってのはあるんでしょうね。やっぱり。熱出して家でひとりで寝てるときなんて余計に。
スポンサーサイト
  1. 2006/03/26(日) 23:06:43|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

アユタヤ

そんなわけでタイの休日2日目。
今まで日記書いてなかったくせにここのところ日記を書いてるのは、仕事が落ち着いてるからかな。

今日は昨日申し込んでおいたツアーに参加。ええ、今日も連れが一緒です。
ちなみに昨日Spaで半日コースを受けた連れには、
「きれいになったんじゃない?」
と興奮気味に言っておきました。
これが唯一の正解だったようで、昨日は一日ご機嫌でした。
女性って美への執念がすごい、のかな?

朝食は食う暇なく、6時30分に集合。僕は時間にルーズなほうですが、なんかつれの女の子に仕事をお願いする立場になってかなり時間を守るようになりましたよ。
もう、なめられたもんで、連れは5分くらいは平気で遅刻しますけどね。

バスの中でなんだか不機嫌な連れを、彼氏でもないのになだめながら水上マーケットへ。なんで不機嫌なのかを聞くのは野暮ってもんです。
理由なく不機嫌になるのは女性の特権ですから。

水上マーケット、まあ結構面白かったですね。
僕は旅行するときあんまりお金もっていかないので、こうやってツアーに参加してガイドにいろいろ教えてもらうのは新鮮。
タイの歴史なんて久しぶりに思い出しましたよ。
マンゴを食べたり、かえるのおもちゃを買ったり、手漕ぎボートをチャーターして、ちょっと奥地に踏み込んでみたり。

あ、ツアーって 僕らのほかにも同行者がいるんですけど、なんだか微妙な雰囲気ですよね。あれ。なーんていうか、あまりべたべたするのも変だし。女の子二人で参加してるのが結構いましたね。
僕らはカップルと思われてるのか、
「二人で写真とりましょうか?」
とよく声かけられたりしてましたが、なんとなく全部却下。
そこまで頑なに却下したわけじゃないのだけれど、まあ二人の写真がどこかに流出してあらぬ誤解を招いても困りますからね。
あまりに断り続けたので、周りは勝手に
「ああ、あの二人ワケアリなんだわ。。。」
と思ってたようです。

水上マーケットを出たらアユタヤ。
象にのったり、寺や遺跡を見たり。
クメール文化の影響を受けているというアユタヤ。
正直、遺跡はアンコールワットのほうが断然好きでしたけど、しかしなかなか趣がありました。

朝6:30に始まって、ホテルについたのが20時。そしてSpa。
もちろん僕のリクエストじゃないです。連れのリクエスト。
今日はフェイシャルだと。
一人で待つのもいやなので僕もフェイシャル。
二人でフェイシャル。
僕のようなブ男が、エステでフェイシャルトリートメントだなんて正直口が裂けても会社の同僚には言えません。
"エロフェイシャル妖怪"とかいうあだ名を早速ちょうだいしちまいそうで怖い。

その後、タイスキレストラン。
タイスキ、悪くないですよね。

さーて明日が最終日。もう寝るさ。




  1. 2006/03/20(月) 01:24:15|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

タイの休日

ペシミストを気取るつもりもないですが、なんだかすべてのことに飽き飽きしてきた気がする今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

僕はといえば、昨日はタイスキを食いにいったあと、足裏マッサージへ。ラオスみたいに3時間で300円ってわけにはいかないですが、タイの相場も大体1時間900円くらいで許せる範囲です。
もちろん、連れが女性なので普通のマッサージですが。

で、今日が出張開始して、初めてのフリーの土曜日。明日もフリーの日曜日ですけどね。連れの女性はどうもSpaに興味深々の様子。
とりあえず、今日は彼女をSpaに送り込んで、その後一緒に街歩きでもするかなっと思いながら朝食のテーブルへ。

「moogさん、私半日コース行ってきます」

2時間くらいかと思ってたら、半日かよ。1時間くらいなら、まわりで時間つぶして待つか、その間にそのへんでマッサージでもするかと思ったんだけども。こっちはいろいろ気を使ってるのに、私半日コースいってきますだなんてなんてこ憎たらしい!

仕事を誰かと一緒にするとき、できるだけ気楽に話せる環境を作ろうと思って、バカらしいことをたくさん言ったりして、それが奏功する例もあるのだけれど、彼女との関係で言えば完全に失敗に終わっている気がする。
舐められ放題。いやこう書くとぺろぺろ舐められてるみたいだけど、そうじゃなくて、あまり尊敬されてないってことね。分かります?
舐められるのはある意味大歓迎なんだけど。

そんなわけで、彼女をSpaへ送り出した僕は、昨日のマッサージ屋へ。
だって、すごい気持ちよかったんだもん。
今日は昨日と違ってやや年配のお姉さん、うまい。
うまいだけど、僕の足先がおばさんのおっぱいにがっつんがっつんあたってなんだかローな気分。ブラのワイヤーが固いんだもん。

マッサージを終えてチャトチャクのWeekend Marketへ。まあ、週末だけオープンするマーケットなんだけど、4年位前に行った思い出の場所。どうせ連れの女の子と一緒にきたって、面白くないっていいそうなとこだし。考えてみれば2週間近く一緒に行動をともにしてきたわけで、なんだかものすごい開放感。たとえて言うと、雨後の筍のように禿げた箇所にぐんぐん毛が生えてくるような、そんな開放感。
ただ、あんま買うもんはなかったな。4年前はいろいろ買った気がするんだけど。年とったってことかな。
せっかくなんで、Tシャツとか買ってみる。

あとはサヤームとかを散策。汗かいてシャワー浴びたくなったんでホテルに戻る。

今18時。つれのSpaが終わるころだが、半日コースでどれだけきれいになるのか興味はある。こういうとき嘘でもいいから、
「きれいになったね」といえばいいのか、もしくはちょっとひねくれてみて、
「顔にあった18個のにきびが、Spaにいったら17個に減ったじゃん! Congraturations!」
といえばいいのか。

僕は大概、後者を選択して撃沈。

  1. 2006/03/18(土) 20:10:19|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

中国、タイと。

中国、タイとぶらぶらとしております。

中国は、広州→武漢→北京ってな具合で。
一応仕事なので、プライベートの時間はほとんどとれません。
北京で長城と天安門を見たのが良き思い出です。

そして今タイ。
同行者が女性なので、怪しげな店の怪しげなお姉さんにつかまることもなく、タイ料理を食べ歩く健全な暮らし。
仕事が片付かないため当初の予定を延長して、日本到着は火曜日。

出来れば土曜日、Mo Chitのウィークエンドマーケットに行きたいと思ってますが、同行者がブランド好きなので微妙ですね。

女の人っていきなり機嫌を損ねたり、いらいらするから不思議。
ほんとハゲが出来そうですが、それなりに満喫してます。

  1. 2006/03/17(金) 15:08:37|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

ラブについて

愛してる、と活字で書くと違和感無いけど、実際に口に出していうと結構恥ずかしい。
日本語の愛してるでさえそういう状況、いわんやLoveをや、そう思う。

Loveもこうやって書いてしまうとどうってこと無いのだけれど、口に出して「ラブ」なんて普通は言わない。
いや、ラブラブとかいう単語は市民権を得てるではないかと言われるかも知れないけれど、これも最初は違和感があったはずなのだ。
むしろ照れの結果、ラブを二つ重ねてなんとか日常会話に馴染むように改良しようという女子高生たちの努力がやっと実ったというだけで、ラブ単独での、なんていうか「ひどく場違いな感じ」というのは健在。

先日、会社で隣に座ってる女の子がいきなり「ラブ」というのを聞いて驚いた。いや、僕と話してた訳じゃなくて、その隣の女性と雑談してたのが聞こえて来たんだけど。

ラブ定額ねぇ。
冷静に考えてみればすごいネーミングだ。
「ラブがあれば定額」、こういう文脈でのラブ、うーん、なんか生理的に嫌だ。
しかしラブってのを臆面もなく繰り出す同僚。
ネーミング、マーケティング、メディアの影響力は恐ろしい。

  1. 2006/03/04(土) 21:59:52|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。