Happy KARATE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

手練手管

これ、32年間ずっと「しゅれんしゅかん」って読んでた。
いや、32年前、僕は0歳だから、この四字熟語を目にした蓋然性は限りなく低いのだけれど、0歳当時、この漢字を目にしていたら、やっぱり
「しゅれんしゅかん」
と発音していたと思うのだ。

正しくは「てれんてくだ」らしい。
意味は「人をだましてあやつる技巧・方法」らしい。(Yahooの辞書より引用)

どうでもいいが、「手だれ」の語感が好きだ。
「手だれのカーディシャン」
「手だれの名人芸」
意味は"専門的な技術を持った"くらいの意味だろうと思っていたのだが、この日記を書くにあたりWebの辞書で調べてみても出てこない。
どういう意味なんだろう。

ちなみに悦に入るは「えつにいる」だ。

スポンサーサイト
  1. 2005/11/10(木) 23:40:18|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

足の爪

もうさ、分かってるんだけどさ。
足の爪を爪切りで切ったら、切りすぎて、
伸びた爪が、爪の脇の肉に食い込んでるわけです。
ええ、分かってますとも。
数ヶ月前にやっちまった箇所と同じ。
爪が肉に食い込んでるんだから歩くと痛い。

土曜日に医者にいきます。
ええ、数ヶ月前に行った医者、同じ医者ですよ。

そう、そこでとられる処置も大体、もう想像がつく訳ですよ。
麻酔かけられて、
爪を3分の1ほどはぎ取られて、
はい、終わりました。

ああ、憂鬱。
  1. 2005/11/10(木) 00:57:39|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。