Happy KARATE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

選挙、無党派、民営化

支持政党は持たない無党派層、さらに選挙にも関心がなかったのだが、昨日は投票に行ってきた。

参政権を得て10数年になるが、恥ずかしながら今回が2度目の投票である。ちなみに同じ参政権でも、立候補したことは今まで一度も無い。
政治に関心がない、なにより投票所に足を運ぶのが面倒だと言うのが理由だ。
よく選挙特番で無党派層の人が、
「いまの政治には何も期待できない」
「どこの政党に入れても日本は変わらない」
的発言をしているが、これはテレビ向けの回答だ、と個人的には分析している。彼らはただただ面倒なだけなのだ。

そんな無党派層の僕にも、今回の選挙は分かりやすかった。
郵政民営化が争点だと言う自民党の主張は、正直僕のようなバカにとっては分かりやすい。今までは、選挙にいって自分の投票が国政にどう反映されるのか、もっと具体的に言うと、
「Outputにどういう差が出るのか」
が良く分からなかったので、いまいち面白くなかったけれど、今回の選挙では自分の投票行動の結果が国政を左右する様(さま)を体験できる、それが投票しようという気になった最大の理由だ。

郵政民営化には賛成である。
理由はそんなたいそうなものでなく、郵便局(郵政公社)のサービスレベルが低いと感じているからだ。
僕は一人暮らしのせいか、不在票を手にする事が多く、郵便局の人と会話する事が多い。たいていは再配達を利用するのだが、21時までに家に帰り着いていないと行けないため使い勝手が悪い。佐川は24時まで再配達に応じてくれるのだけど。
先日も不在票を受け取ってどうしようか思案していたら、不在票に、郵便物を別の郵便局へ転送してくれると書いてある。
なんで今まで気付かなかったのだろう。これで会社近くの郵便局に転送してもらえば、帰る時間を気にせずに済むではないか、そう思って集配局に電話をかけた。

「すみません。不在票が入っていたのですが、別の郵便局に転送していただけますか?」
「ええ、ああ。。分かりました。どちらの郵便局ですか?」
「○○郵便局です」
「あのー、郵便局の名前だけ言われても。。。あの、その郵便番号とか分かりませんか?」
「え、同じ郵便局なんだから名前からそちらで調べていただけないんですか?」
「そうは言われてもね、こちらじゃそういう情報はないんですよ」
ちょっと呆れたが、
「じゃあ、もう一度こちらで郵便局の郵便番号を調べて、再度ご連絡すればいいですか?」
と答える。しょうがないネットで郵便番号くらい調べてやるかと思っていると、電話口で相手が
「すいませんが、郵便局の住所も教えてください。こちらじゃ、ちょっと調べるのが大変なものですから。。。」

さすがにここで僕も頭に来て
「あのねー、調べるのが大変なのはこっちも一緒なんだけど。大体同じ郵便局なんだから、名前からそちらで調べてくださいよ!」
と多少、声のボリュームをあげ、大阪弁で応戦。
こういうとき大阪弁は便利だ。
結局、わかりましたと先方で調べてくれたのだが、民営化によってサービスの質があがるのは大歓迎だ。

社会人一年目の時、研修で
「政治、宗教、野球の話は会社ではタブー」
と教わってきたので、この教えを忠実に守って来たのだけれど、今回は会社でもいろんな人から選挙の話をふられることが多かったので、結構会社で政党の話とかしましたよ。今日は。
それだけ今回の選挙の関心が高かったという事だろう。僕の個人的な希望だが、政治の話は全然OKなのだが、上記3つのタブーに貯金額の話、セックスの話、学歴の話を加えて欲しいと思う。





スポンサーサイト
  1. 2005/09/13(火) 00:13:54|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。