Happy KARATE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

アマゾンで買う本、本屋で買う本。

今日、会社の同僚と話していたら、ふと彼が
「アマゾンで買う本は読まないことが多い」
と口にした。
自分で買っておきながら、本を読まないとはどういうことか聞いてみたら、
「アマゾンって立ち読みしないでレビューとか見て買うんだけれど、実際手に取って見ていないので、そのまま本棚のこやしになることが多い」
とのこと。

確かにそうかもしれない。

僕もアマゾン等を時折利用するけれど、中身を知っていて買いそびれた本を手に入れる時だけだ。大概は本屋で買ってしまう。
インターネットで何でも手に入る時代、買い物や調べものなどかなりネットは活用していると思うけど、本屋だけは別だ。
本屋に入ってわくわくする感じ、これはインターネットでは味わえない。今も時間を見つけて、本屋にはよく行く。
本を手に取ったときのあの感じ、本屋の独特の匂い。
なんとなくぶらぶらしていて、全然興味のない分野の本屋が目に留まり、その分野に興味を持つ。
アマゾンじゃ味わえない。

余談だが、僕は高校生の頃、参考書売り場が大好きだった。
参考書は学校の教科書と違って、分からせようという著者の気迫がこもっていて、知的好奇心をぷちぷち刺激された。
だから参考書売り場には毎日足を運んだ。何冊も買った。
親に小遣いをせびって何冊も買ったのはいいが、ちょっと読んで本棚のこやしになったものも多い。
だからちょっとした罪悪感に苛まれていた。
そんな折、何かの本で読んだ言葉が心に深く突き刺さった。
「本なんて、一文字でも一行でも心に響いたり、感銘を受けたりすれば、それだけでもう買った意味がある」

今もこの考え方は僕の本選びの際の基準になっている。
本屋で立ち読みしていて、一行でも「ああ、そうか」と感心させられれば、すぐにレジに直行する。
アマゾンではこういうことが出来ない。

アマゾンで出来ない事はまだある。
狭い通路で若い女性と体が接触してどきどきしたり、レジに並ぶ女子高生のパンツが見えそうだったり、清純な感じの女の子が「出会い系サイトの全て」を立ち読みしているところに遭遇していらぬ想像を働かせたり、どれもこれもアマゾンじゃ無理だ。

そんなことを考えながら、今日も会社帰りに有隣堂に寄ってきた。
スポンサーサイト
  1. 2005/09/08(木) 01:39:26|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。