Happy KARATE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ノゾミ

今日昼過ぎにメール。
ノゾミちゃん(仮名)。今たしか25くらいの女の子だ。
5年くらい前までちょくちょく一緒に遊んでたけど、ここ数年はご無沙汰。確か結婚目前の彼と広島かどこかで暮らしてたはずだ。

「突然ですが神奈川に帰ります」

ふーん。なんで僕にメールしてくるんだろう。
メールのやり取りをしてみると、彼とは破局したらしい。
で、ワーキングホリデーに行きたいのだと。この無鉄砲さ、素直に羨ましい。
なんか、男と別れたり、不幸なことがあったとき俺にコンタクトとろうとする女の子がなんと多い事か。
普段はこっちから電話したって出てくれないくせに。

で、僕への依頼事項は二つ。一つ目は英語を教える事。教えられるかっちゅーの。昼間は仕事してるし、だいたい人に物を教えるの大嫌いなのに。二つ目の依頼は、1ヶ月ほど、家に置いてくれっこと。うーん、確かに部屋は空いてるけど、25の女子が一つ屋根の下にいるってのは精神衛生上よくない。
すぐに返信。

「英語はOK, 部屋の件もとりあえず問題ないと思うよ」

あー、なんて弱いんだ。
スポンサーサイト
  1. 2005/08/04(木) 01:33:45|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

秋葉へ

今日はiBookのメモリ1GBを買いに秋葉原に行った。
結局、iBookの盗難防止ワイヤとmac用のTVチューナeyeTV200とか
いろいろ散財。
特にTVチューナ、mac用って実はあんまり出てなくて、こいつも4万弱。かなり逡巡したが買ってしまった。

さて、秋葉。
2年ぶりくらいに降り立ったが、その変わりように驚いた。
駅前がごみごみしてない。裏手のヨドバシカメラのビルもほぼ完成している(9月オープンらしい)、秋葉原デパートのあたりも
なんだか「シュっ」っとして、数年前のカオスな感じ、新大久保のような感じ、大阪で言えば鶴橋みたいな感じ、京都でいえば御影通りのあたりの雰囲気、それがなくなっている。

で、それに輪をかけてそこのいる人種。
外人が多いのは昔からだ。しかし昔は例えばイラクとか中近東とか黒人さんが多かったような気がするのだが、今日は欧米系の白人をよく見かけた。近年の欧米における日本のアニメブームとか、トムクルーズも訪れたという電気街としての秋葉の知名度の高さが、最近外国人の間口を広げているのだろうか。

さらに日本人。
電車男の影響なのか?そうなのか?
ちょっと前までみんな胸の奥底に、後ろ暗い物を抱えて歩いてる街だった。「自作なんてやってるの、CPUコアがいくつとか言いながら歩いてる俺ってただのオタクだよな」なんて考えながら、みんな俯いて歩いている、そんな街だった。
それが。
今日行ってみたら、みんななんだかすごい自信に満ちているのですよ。例えば視線が違う。俯いていない、前を見ている。
服装は昔どおり、おしゃれな人とださい人で極端に差があるけれど、みんな表情が明るい。オタクなんてのも世界語になっているようだし、最近の萌えブーム(ブームなのか?)も追い風なのかもしれない。

秋葉の雰囲気やイメージが向上するのは結構だが、秋葉を根城にする人々に対しては、決して時代に迎合することなく信念を貫く挟持も一方で持ち続けて欲しい。

エルメス並みの(ってどんな顔かしらないけど)むちゃくちゃ奇麗な女性を脇に携えながら、秋月電子で怪しげなパーツを買う男子、そういう光景は失われて欲しくない。
  1. 2005/08/04(木) 00:43:19|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。