Happy KARATE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

生きることの意味とか?

生きることの意味。
昔、ゴリチョコというバンドのボーカルのみねをはガンダムに喩えてあれこれ言っていたが、あんまりくだらないので忘れてしまった。

6年前につきあっていた女性から言われたことが印象深い。
「生きることの意味? それを探すために人は生きているのよ。つまりはそれが生きることの意味ってわけ。」
ま、その彼女はこんなメーテルみたいなしゃべり方はしなかったですけれど。多分、このセリフや考え方は彼女オリジナルじゃないんでしょうけど、当時は妙に納得しましたし、自分の中では今でもかなり有力な考え方だったりします。

ただ、最近自分自身で感じたこと。
「劣等感を克服するために生きている」
なんかね、劣等感の固まりだと自分では思っているんですが、そうした劣等感を一つ一つ潰していくうちに人生が終わるような気もします。
いや、決してネガティブに言ってる訳じゃないんだけれど。

例えば、今macでUnixに触れているのは、SEを5年間やってきて、Windows系の仕組みばかり扱っていたので、Unixにかなりの劣等感を抱いてきたからだと思うし、macに今はまっているのでもmacそのものに対する劣等感がそうさせているような気がする。

大学時代、いろんな女の子と遊んでいたのも、女の子に対する劣等感からだったような気がする。

で、この劣等感を克服する過程は楽しいのだけれど、劣等感ってのはなくならないんだって最近気づき始めた。山の頂上には絶対にたてないのだ。どんな分野においても。

いや、そんなことはないと反論されるかもしれないが、仮に山の頂上に立っていても、山の頂上にいることをはっきりと確認するすべがどこにもない。
俺は世界一のギタリスト、ギタリストの頂点に立った!といくら主張してみたところで、本当に頂点かを確かめるのは難しい。
つまり山の頂上に立てないなら、劣等感を感じる余地は無限大にあり、結局それが人間の成長をプロモートしているんじゃないかって最近思う訳だ。

しかし世の中には、「自分がこの分野の頂点だ」と思ったら、そう信じて疑わない人もいるわけで、会社で出世していくのはこのタイプだったりする。


スポンサーサイト
  1. 2005/04/12(火) 23:58:33|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

macで自宅サーバ

今日は会社帰りに、「Mac OS X インターネットサーバ実践活用ガイド」および「入門UNIX for Mac OS X」を購入した。
ここのところ、macに標準で自宅サーバに使えそうなものがついてきていることに大感激しており、Apache+PHPで使える「xoops」なんかを使おうとしている。
が、家でやっているとうまくいったんだけれど、今日会社のPCからアクセスするとうまく行かない。どうもApache(Webサーバね)の設定をミスっているらしい。ということで、今日は仕事中設定ファイル"httpd.conf"のことで頭がいっぱいだった次第。
で会社が終わると一目散へで本屋に駆け込んで本を購入。
ああ、ここまでの話ってどうでもいいひとにとってはどうでもいいと思います。
自分でも、なんで自宅サーバを公開することに命かけてるの?と自問したりしてるくらいですから。

新しく学ぶことは苦にならないので、この手の出費は問題ないけれど、2冊で5000円ってどうなんですかね。ちょっと高い気が。

いや、こういう買い物を気ままにできるからいいんですよ。
それを考えると会社を簡単に辞めるって考えれないなやっぱり
→だからお金が貯まらない。
→生活力がない男。
→女にもてない。
→そういえば、macに夢中になるところもなんかきもい
→思い出したけれど、moogって顔も気持ち悪いじゃん!
→あー、絶対あんな奴と結婚したくない。
→やっぱりあんな奴がもてるわけないわよ。
こういう図式がもう成り立っているんでしょうね。
ここまで妄想を膨らませて、思わず上野クリニックに駆け込もうかと思いましたが、冷静に考えれば、いまさら、おちんちんの構造改革をしたところで、上記状況がかわるわけもなく、しばらくは現状に甘んじることにしました。
いまなら、どんな女性からおつきあいのオファーがあっても100%快く引き受ける自信があるんですがね。いや、別にここでアピールするわけじゃないんですけど、弱ってるし。

ちなみに上で挙げた本に興味があれば自分で調べてください。
今のところ、アフィリエイトとかはちょっと苦手です。いや、合理的な仕組みだとは思いますけどね。ただ、ほら、「このサイトいいなー」って思ってよく見ると、至る所にアフィリエイトのリンクが張ってあったりしてげんなりすることがあります。
量とか節度に依るんですけど。
なんていうか、その、自分の大親友が、俺の天敵とも大親友であったという事実を目の当たりにしたときのような、後味の悪さをアフィリエイトには感じます。

ともかく、いろいろ設定をいじりながら、自宅サーバのトラブルの件については解決したりしました。
「xoops」、まだほんのさわりしか見てないですが、相当楽しそうです。
プログラミングの知識がなくても、それっぽいコミュニティサイトができるところがすごい。

  1. 2005/04/12(火) 23:44:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。